クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗

クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗


 農機大手のクボタは29日、空中から農薬を散布する小型無人機「ドローン」の販売を始めると発表した。来年夏ごろに国内の農家をターゲットに発売。農機メーカーの強みを生かして販路を拡大し、平成31年をめどに年間1千台を売る目標だ。大手メーカーの参入によって、日本の農業にドローンが普及する可能性が出てきた。

 試作したドローンは、約1万平方メートルの農地への農薬散布をわずか10分ほどで行う。手作業で行えば半日もかかる労働時間が、大幅短縮できる。

 大規模農家では、農薬を産業用の無人ヘリコプターを使って撒くところもあるが、費用が1千万円程度かかる。発売するドローンは、無人ヘリのコストの5分の1にあたる200万円程度に価格を抑える方針だ。

 無人ヘリに比べて騒音が少ないうえ、精密な散布ができ、農薬の周辺へのまき散らしを減らせるとしている。また衛星利用測位システム(GPS)を搭載し、飛行履歴のデータを蓄積できるため、効率的な農薬散布が可能という。

 クボタが企画やデザインを担当し、防除機メーカーの丸山製作所(東京都千代田区)、産業用ドローンのプロドローン(名古屋市)が設計・組み立てを手がける。まずは来年に50台を限定販売。農家の意見を取り入れて改良を重ね、31年には販売台数年間1千台、売上高20億円を目指す。

農薬を散布する、クボタの農業用ドローンの試作機=長野県大町市

 農業でのドローン参入では、ヤンマー(大阪市)がコニカミノルタなどと共同で、水田での実証実験を行っている。ドローンに取り付けたカメラで上空から稲を撮影。画像を解析して、生育状態を把握するシステムを開発中だ。農機大手がそろって本格的にドローンを扱うようになれば、農業にロボット技術が一気に浸透しそうだ。

情報提供元:産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160829/wst1608290088-n1.html

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】プロドローンが救命ドローン「SUKUU(スクー)」開発に意欲

【Japan Drone 2019】プロドローンが救命ドローン「SUKUU(スクー)」開発に意欲

プロドローンは発想を変え、救助を求める要救助者自体を乗せてしまうドローンを開発している。ジャパンドローン2019で、その対話型救助用パッセンジャードローン「SUKUU」の実機が展示された。


【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

【Japan Drone 2019】KDDIとプロドローンがスマートドローンを展示

KDDIはプロドローンと共同の展示スペースに、先ごろ発表したスマートドローンの機体とソリューションを展示した。プロドローンでは、開発中の最新モデルも公開した。


アイ・ロボティクス,農業用ドローンの可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を開催

アイ・ロボティクス,農業用ドローンの可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を開催

アイ・ロボティクス社は、ドローンを使った精密農業の可能性とそのために欠かせないドローンの技術向上をテーマとした農業利用の可能性を探るコンテスト「ドロコン2019 in KAWACHI」を3月8日〜9日に開催する。


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。


国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

国内初、5Gドローンを用いたバーチャル飛行体験の実証実験を「備後フィッシュフェス」で実施

広島県福山市とKDDI株式会社は、東京大学、株式会社プロドローン、サムスン電子、WONDER VISION TECHNO LABORATORY株式会社と共同で、「備後フィッシュフェス」で、「5G」を用いたドローンからの4K映像をVRシステムに伝送し、バーチャル飛行を体験する実証実験 を11月3日、国内で初めて実施する。


最新の投稿


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。