新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


ドローンを活用した水稲のモニタリング調査

ドローンをセットするACSLのスタッフ

 ベジタリア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小池聡)、新潟市、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)、株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県千葉市、代表取締役CEO:野波健蔵)は、国家戦略特区に指定されている新潟市で、2017年6月15日から8月7日の期間に計5回のドローンを活用した水稲の空撮を行った。最終日の8月7日には、報道関係者を集めて空撮の様子を公開した。
 実証実験に協力し圃場を提供したのは、地元の有限会社米八。今回の目的は、ドローンによる空撮画像を分析して水稲の生育状況を把握し、効率的な栽培管理の実現を目指している。従来、水稲の生育は人手による確認が基本で、カラースケールや葉緑素計(SPAD値)による葉色診断に、草丈や幼穂長の目視による調査が中心。そのため、圃場全体の生育状況を短時間で俯瞰的に把握することは困難だった。そこで、農業特区である新潟市が、高解像度カメラを搭載したドローンによる水稲の空撮を実施した。すでに、6月15日と7月7日、21日、27日には空撮が完了し、今回は最終日となる8月7日に、報道関係者の前でドローンによる空撮の様子が公開された。

ドローンによる空撮の様子

4眼高速カメラで20ヘクタールの圃場を数分で撮影

ACSL社の事業推進ユニット・製品技術の井上翔介ディレクター

ACSL社が独自に開発した4眼の高速カメラのACSL-PF1を機体の下に装着している

 水稲の空撮に利用されたドローンは、ACSL社が独自に開発したACSL-PF1という4眼の高速カメラを搭載している。実験に臨んだ同社の事業推進ユニット・製品技術の井上翔介ディレクターは「ドローンを時速70kmで飛行させるためには、その速度に追従できる高速なカメラが必要でした。そこで、1秒に8コマの撮影が可能な高速カメラを開発し、水稲の撮影を行いました。20万画素の解像度の4眼カメラは、0.2mmの精度で圃場を撮影します」と説明する。
 最後の撮影となった公開実験では、わずか数分で20ヘクタールの圃場を空撮した。撮影されたデータは、ベジタリア社が開発している解析ソフトによって、生育分析などが行われる。同社の事業開発本部の川原悠氏は「実証実験では、ドローンによる空撮画像と葉緑素計によるサンプル値を比較し、ドローンによる空撮画像の解析で、どこまで生育状況を把握できるかを検証しました」と説明する。つまり、人手による生育状況の測定値と、ドローンによる空撮画像を解析した結果を照らし合わせて、将来的にどこまで「ドローン空撮だけ」でモニタリングできるかを確認した。7月7日に実施された実証実験から得られた測定値によれば、ビアソン相関係数は0.67だという。この値は、限りなく1.00に近くなればなるほど、その計測結果が信頼できるというもの。現段階では、50%よりも高い確率ではあるものの、人手による計測や判断をすべてドローンの空撮に委ねるまでには至っていない。

ベジタリア社の事業開発本部の川原悠氏 手にしているのが葉緑素計

農業特区としてドローン活用のサンドボックスになる

有限会社米八圃場の加藤誉士寛 代表取締役

 実証実験に圃場を提供した米八の加藤氏は「将来的には、解析されたデータを元に必要な個所にピンポイントで肥料を散布できるドローンの活用に期待しています」と話す。また、新潟市農林水産部ニューフードバレー特区課の齋藤和弘課長は「これからも農業特区としての利点を活かして、ドローンの実証実験や農業への活用を積極的に推進していきます。農業ドローン活用のサンドボックス特区として、多くの課題を洗い出して、解決に取り組むと共に、そこから得られた知見を全国に発信し共有していきたいと考えています」と展望を語る。
 ドローン空撮による水稲のモニタリングは、今年は今回で終了するが、来年に向けてはマルチスペクトルカメラによる撮影などもふくめて、新たなデータの収集や分析方法などを検討していく予定。

新潟市農林水産部ニューフードバレー特区課の齋藤和弘 課長

この記事のライター

関連する投稿


精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

ドローンメーカーのTEAD株式会社(本社:群馬県、代表取締役社長:横山勉、以下TEAD)と株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県、代表取締役:野波健蔵、以下ACSL)は、農業用ドローンの開発と生産に関する協業を発表した。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

国内で100台を超える販売実績を誇るエンルート社の農業用ドローンZion(ザイオン)AC940-D。その上位モデルで最大9リットルの薬剤を積載できる新型がZion Ac1500。その開発の経緯と特長について、機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

【第3回 国際ドローン展2017】 産業用ドローンとソリューションが一堂に

第三回 国際ドローン展が4月19日、千葉市の幕張メッセで開催された。今年は、ドローンを活用した測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。21日まで。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。