【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

 慶大と〝ドローン連携協定〟を結んでいる福島県田村市で8月7日、福島県立船引高校のドローン特別講座の第2回が行われ、トイドローンで指ならしをした生徒たちは、前回、郡山測量設計社から寄贈されたPhantom4などを操縦し、空撮の基本を学びました。


フェス、サミット、防災訓練 幅広い生徒の活躍の場

 この日は指導役の慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長から、生徒達のために用意されている舞台についての説明がありました。
 南事務局長によると、9月9日に田村市内で開催される音楽フェス「One+Nation」のドローンでのボランティア撮影、同じフェスで会場内に設けられるドローンブースでの体験指導隊、10月下旬締め切りのCM大賞への応募、11月中旬に開かれるドローンサミットで登壇が、検討されています。
 市内で行われる音楽フェスは、レゲエグループ湘南乃風の若旦那や、モデルで歌手の三戸なつめら著名アーティストが多く出演する「地方発信型野外フェス」で、全国各地で数カ所を会場に行われ、田村市が今シーズンの皮切りとなります。本番前の会場の様子をドローンで空撮し、映像を会場で流すなどが検討されています。具体的な活動方法は今後、つめていきます。
 こうした舞台での活躍に備え、実技では基礎練習と空撮の両方に取り組みました。まずは体育館で、トイドローンを使った基礎技術の訓練。この日はドローンをビジネスで活用し、講習もしている株式会社糺の森(東京)の土方愛玲奈さんがかけつけ、生徒達の練習を手伝いました。

講座冒頭は南助教の座学。音楽フェス、防災訓練、ドローンサミットと活躍の場を示して生徒の好奇心をかきたて、意欲に火をつける

体育館でホバリング。基礎練習もおろそかにしない

スピン、サークル・・・ 自在にこなす生徒も

 「腰の高さでホバリングしてください。次に、2メートルの高さまで上昇させてください。10数えて腰の高さまで降ろして下さい。その高さをキープしたまま、前進させてください。ラインのところまでたどりついたら、戻りましょう。その高さをキープしてスピンをさせてください。スピンをさせながら上昇をさせてみましょう。そこでサークルを描いてみましょう」
 生徒達の中には、やすやすと南事務局長の指示通りに動かす強者もいて、成長の早さが伺えました。また1回目に取り組んだ、左手にプロポを持ったまま、右手で持ったトイドローンを放り投げてフライトさせ、自分の手元におろすリリース・アンド・キャッチに挑戦し、成功させている生徒もいました。

「上昇させて」「前進させて」「スピンをさせて」「サークルを描こう」-。南事務局長が次々と繰り出す操作指示を難なくこなす生徒も

飛行時間10時間へ 田村市内をフライトする飛行申請を準備

 トイドローンでの基礎練習後に、校庭に出て空撮に挑戦しました。プロポの扱い方は、南事務局長、土方さんがマンツーマンで指導。第2期としては初の空撮ですが、トイドローンで指ならしをしていた成果か、安定性のより高いファントムのフライトは、多くの生徒がこなしていました。この日は青空の広がる好天にめぐまれ、生徒達は白い機体を見上げていました。
 ただ、南事務局長は、操作していない生徒を飛行予定エリアで警戒にあたらせ、フライトが簡単であっても、安全確保策に万全を期すことの大切さを繰り返し指導しました。空撮に取り組むなど、基礎から応用に進むにつれて、とかくおろそかになりがちな安全確保ですが、そこは絶対におろそかにさせない、という決意の表われでもあります。生徒達も指導に従って、交代で見張り役を担当しました。
 ところで、生徒達は、受講したさいや、自主練習などの飛行時間を記録するよう、指導を受けています。この日の講座がスタートする前の時点で、先週の第1回を終えてからすでに累計で4時間飛ばした生徒がいました。南事務局長は、田村市内でのドローンの飛行申請をする考えで、その目安となる10時間が当面の目標です。生徒たちはこれから自主練習も含めて、10時間のフライトを目指すことになります。
 この日の練習では、体育館での基礎練習にも、校庭での空撮にも、郡山測量設計社から寄贈されたドローンが活躍しました。
 次回のドローン特別講座は8月24日の予定です。

講座2回目で早くもファントムに挑戦。広々とした校庭で青空にフライト

助っ人で駆け付けた株式会社糺の森の土方愛玲奈さんもプロポの扱い方を指導

ファントムを操作するプロポの扱い方を南政樹事務局長から教わる生徒達

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作り操縦プログラムで交流の輪

【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作り操縦プログラムで交流の輪

慶大がドローン連携協定を結んでいる福島県田村市で12月3日、地元の県立船引高校に、福島県南相馬市にある県立小高産業技術高校の生徒が訪問し、ドローンの交流が実現した。扱い方の始動を受けてきた船引高校の生徒は、90分にわたり、学んできた経験やコツを伝授した。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

ドローン体験会、各地のお祭りで人気 田村市ではアイドルユニット「i♡drone」も登場

 地域のお祭りで、ドローンの体験会が人気だ。11月3日には福島県田村市、4日にはさいたま市の地域のお祭りにドローン体験会が初参加し、子供を中心に行列が途切れない人気を見せつけた。田村市のまつりにはドローンアイドルもステージに登場し歌を披露するなど、ドローンは射的、スーパーボールすくいとともに、定番の出し物となる勢いだ。


【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

【慶大×田村市】総合防災訓練でドローン高校生躍動 市民から「すごいね~」と感心の声

 平成29年度田村市総防災訓練が10月1日、同市常葉(ときわ)地区で開催され、同市の防災訓練として初めてドローンが導入された。慶大の指導を受けた同市消防団や、福島県立船引高校の生徒が参加し、市民から「すごいね」「たのもしい」の声があがるなど、存在感を示した。


<産経女子特区・その1>ドローンが女性の職域を広げる!?

<産経女子特区・その1>ドローンが女性の職域を広げる!?

産経女子特区では、産経新聞東京本社に所属する女性記者が中心となり、さまざまなテーマを追いかける。今回は女性の進出がめざましいドローン業界で活躍する一人のオペレーターを取り上げる。また女性記者が最新ドローンを体験ルポした。


最新の投稿


卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

卵型ドローンのPowerEggが日本上陸!!

PowerVision社の日本法人パワービジョン(臻廸日本株式会社)は、報道関係者や関連企業を集めて都内で「PowerEgg」デモンストレーションを開催した。卵型というユニークなデザインのドローンが、いよいよ日本で発売を開始する。


ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

ジドコン設立準備総会、都内で開催 まずは16の自動車学校が参加

 自動車の安全運転を指導してきた自動車教習所、自動車学校で構成する組織、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン、朽木聖好代表)は12月17日、東京都内で設立準備総会を開いた。16の自動車学校が参加した。道路の交通安全を担ってきた経験を、空の交通安全に生かす。


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。