マルチコプタービジネスアカデミーが「2017年版「新」ドローン飛行申請実践講座」開催

マルチコプタービジネスアカデミーが「2017年版「新」ドローン飛行申請実践講座」開催

ドローン飛行申請に不安を感じている方へ


DJIインストラクター川島が面倒な飛行申請書類をあなたと一緒に作成します。

2017年4月、6月に飛行申請のルールが一部変更となりました。
そのため、「今までとどこが違うのか」という問い合わせを多数いただいております。

本講座では、現役DJIインストラクターがあなたと一緒に飛行申請書を作成し、国土交通省に提出するまでをサポートします。

…この記事の続きを読む

情報提供元:マルチコプタービジネスアカデミー
http://jp-droneschool.com/2017_shinsei/

この記事のライター

関連する投稿


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

本セミナーでは、実際に使用した書類を用いながら、どのような流れで地方航空局に申請するのか、またどのような点に注意すれば良いのかを弊社講師〔JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクター〕が丁寧に解説します。


飛行申請サポートセミナーをシステムファイブが開催 都内で3月3日

飛行申請サポートセミナーをシステムファイブが開催 都内で3月3日

 ドローンを飛ばす際の飛行申請について、システムファイブが申請書類を用いながら説明するセミナーを開催する。開催は3月3日。参加費は7500円。


【注意】平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更

【注意】平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更

平成29年4月1日から無人航空機の許可・承認の申請先が変更になる。これまでの国土交通省の本省から、地方航空局へと移管される。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。