特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(1)

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(1)

ドローン女子にドローンレース、産業用ドローンにドローンショーなど、ネットやメディアで「ドローン」という文字を目にする機会が増えている。しかし、いまひとつ「ドローンって何?」と首を傾げている人に、これからはじめるドローンの「ド」をお伝えする。


1万円から300万円まで多岐にわたるドローンの世界

 ドローンはいくらで買えるのか?
 これは、少なからずドローンに興味を持った人たちが最初に抱く疑問だろう。その答えは、ざっくりと1万円から300万円。「空飛ぶスマートフォン」とも例えられるドローンだが、その価格帯は広い。なぜなら、ドローンにはさまざまな用途があり、その使い方に合わせて多種多様な機体が作られている。中には、完全に特注で都会のマンション一戸に匹敵する高価なドローンもある。そうした特注品は別にして、一般的なドローンは低価格な入門用から、ちょっと贅沢なホビー用に、お金を稼いでくれる産業用に分かれる。そのため、これからドローンをはじめる人ならば、まずは1万円前後で手に入る「トイドローン」や「ミニドローン」と呼ばれる機体から選ぶのが賢明になる。「トイドローン」は、その名の通り玩具のように遊べるドローン。機体も軽いため航空法の規制対象にはならないので、手軽にどこでも飛ばせる。そんな小型軽量ドローンの代表といえば、仏Parrot社の「ミニドローン」Parrot Mambo。世界で最初にクアッドコプターのドローンを製品化した老舗メーカーなので、飛ばすだけではなく遊びの要素も盛り込まれている。簡易な空撮もできるので、入門用としてはドローンの基本を学べる一台になっている。また、より本格的に飛ばしたいという人のためには、XウィングのようなParrot SWINGというユニークなドローンもある。

https://www.dronetimes.jp/articles/333

 これらのトイドローンは、低価格ながらも専用のコントローラーが用意されていて、左右のスティックを操作して飛行を楽しめる。入門機として基本操作が学べるので、試しに購入してみてドローンに興味を深められるかどうか判断するのもいいだろう。

仏Parrot社の「ミニドローン」Parrot Mambo

空撮セルフィが楽しめる小型ドローンの数々

 1万円台の「トイドローン」にも、30万画素の簡易なカメラは搭載されているが、より綺麗な空撮セルフィが撮りたいという人には、6万円台で手に入る「セルフィドローン」がおススメだ。この価格帯では、ZEROTECH社のDOBBYという小型ドローンが有名。199グラムと軽量なので、先のトイドローンと同様に飛行申請などが不要で、屋内外で自由に飛ばせる。ドローンの操作はスマートフォンの専用アプリを使うので、複雑な操作や高度な飛行はできないが、自撮り入門としては楽しい一台だ。

https://www.dronetimes.jp/articles/243

 セルフィに特化したドローンとして、Zero Zero RoboticsのHover Camera Passportも注目されている。折りたたんでコンパクトに持ち運べる機体は、プロペラがガードされているので安全に飛行できる。ただし、重量が242グラムなので、屋外で飛ばす場合には、場所によっては国土交通省への申請が必要になる。

https://www.dronetimes.jp/articles/1311

 DobbyやHover Camera Pssportよりも本格的な空撮セルフィを楽しみたい人には、DJI社のSparkがおススメになる。空撮用ドローンの市場で高いシェアを獲得しているDJI社のセルフィドローンだけあって、手のひらのジェスチャーだけで自撮りができたり、専用アプリからさまざまな空撮モードを実行できるなど、高性能なドローンになっている。専用のコントローラーを使えば、屋外でも本格的な飛行を楽しめる。

https://www.dronetimes.jp/articles/1456

 ドローンがどのようなものか知りたい。ドローンでの撮影を楽しんでみたい。そう考えているのであれば、まずは1万円から6万円台の予算で、購入を検討してみるといいだろう。

ZEROTECH社のDOBBYという小型ドローン

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

ジャパンドローン2018では、有線給電ドローンSPARCを展示、来場者の注目を集めた田中電気株式会社(東京都千代田区)は、秋葉原でドローンスクールを運営することもあって、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」(CSスカパー)の制作に協賛、番組は4月14日から放映される。


DJI Mavic Air実機レビュー〜操作性も飛行の安定性も新次元〜

DJI Mavic Air実機レビュー〜操作性も飛行の安定性も新次元〜

1月28日から発売が開始されたDJIの最新ドローンMavic Airの実機を「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を運営するDJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)の協力を得てレビューを行った。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、株式会社ポケモン(:東京都港区)が 「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」に参加し、Spark による空撮セルフィーを体験できる「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を、MARK ISみなとみらいで、8 月15 日まで開催。


DJIのSparkに新撮影機能追加、180°パノラマ写真作成モードや ジェスチャーで動画撮影の開始や停止が可能に

DJIのSparkに新撮影機能追加、180°パノラマ写真作成モードや ジェスチャーで動画撮影の開始や停止が可能に

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、 小型ドローン「DJI SPARK」にファームウェアのアップデートで新しい撮影機能が追加できると8月3日に発表した。


最新の投稿


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。