領空侵犯ドローンに妨害電波で対抗 政府が検討、法改正も視野

領空侵犯ドローンに妨害電波で対抗 政府が検討、法改正も視野

 政府が、ドローンによる領空侵犯への対処策として、海上保安庁の巡視船に電波妨害装置を搭載しドローンの飛行を阻止する検討に入ったことが7月30日、分かった。(沖縄県石垣市)周辺で5月に中国公船から飛行したとみられるドローンが領空を侵犯したことを受けた措置。


空自の任務を海保が補完 巡視船に装備導入

 政府が、小型無人機「ドローン」による領空侵犯への対処策として、海上保安庁の巡視船に電波妨害装置を搭載しドローンの飛行を阻止する検討に入ったことが30日、分かった。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で5月に中国公船から飛行したとみられるドローンが領空を侵犯したことを受けた措置。航空自衛隊が担ってきた対領空侵犯措置を海保が補完するもので、法的根拠も整理する。

中国側が飛ばしたと見られる小型無人機「ドローン」=5月18日、沖縄・尖閣諸島周辺海域(海上保安庁提供)

 5月に領空侵犯したドローンは、尖閣周辺の領海に侵入した中国海警局の船の近くを飛行しているのを海保の巡視船が発見。尖閣周辺でドローンの飛行が確認されたのは初めてだった。

 海保から連絡を受けた空自のF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対応したが、小型のドローンはF15などのレーダーに映らず、パイロットが目視もできないためスクランブル対応を疑問視する声が多い。

 そのため、政府は海保にドローンに対処する能力を保有させる方向で検討に着手し、電波妨害装置の導入が有力になった。ドローンは電波で遠隔操作されるため、その電波を妨害することで飛行を不能にする。海保の巡視船は尖閣周辺を航行する中国海警局の船を常時監視しており、船からドローンが飛行すれば即座に対処できる利点が大きい。

 電波妨害装置は一式につき数億円のものが想定されている。ドローンの飛行阻止に有効か機能を検証するため、先行的に試験導入することも視野に入れる。

 法的根拠は海上保安庁法を改正し、領空の治安を維持するための警察権の行使として必要な措置を取ることができる規定を設ける案が検討される見通しだ。

海保が「領空」も警備 主権死守に大転換

海上保安庁が中国の小型無人機「ドローン」の領空侵犯に対処する電波妨害装置を導入すれば、海保にとって初の対空装備となる。海保が「領空警備」にも対応できるよう任務の幅を広げることは主権を死守する上で効率的で、航空自衛隊が担ってきた対領空侵犯措置の大転換と位置づけられる。

 自衛隊法は領空侵犯への対処について、「防衛相が自衛隊部隊」に侵犯機を着陸させたり領空から退去させたりするため必要な措置を講じさせると規定。これに基づき空自戦闘機が領空侵犯やその恐れのある領空接近に緊急発進(スクランブル)で対処している。

 ただ、ドローンへの戦闘機のスクランブルは実効的な対処とはいえない。

 パイロットが搭乗している航空機の領空侵犯に対しては、空自戦闘機は強制着陸命令や曳光(えいこう)弾を発射する警告射撃を行うが、無人機のドローンに効果はない。時速1千キロ超の戦闘機が時速数十キロのドローンを追尾することも不可能。ドローンを飛行させている中国海警局の船に強制着陸を命令しても従うとはかぎらない。

 自衛隊幹部は「ほかに手段がないという理由だけでドローンに対する『航空警察』の役割を空自に担わせることは無意味だ」と指摘する。

 一方、尖閣周辺での海警局の船による領海侵入と同じように、中国がドローンを使った領空侵犯を常態化させる恐れも強く、主権が侵害される事態を放置することは許されない。

 有事とも平時ともいえないグレーゾーン事態への対処では自衛隊と海保の任務の隙間を埋めることが欠かせず、電波妨害装置の導入は先行事例となり得る。(産経新聞 半沢尚久、川畑仁志)

この記事のライター

関連するキーワード


電波妨害装置 中国

関連する投稿


東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニスとも呼ばれる中国江蘇省の蘇州の山塘街を空撮。


2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国・商業用ドローン市場の規模が、600億元(約1兆322億円)を超えるとの分析が公表された。


大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

ドローン技術の急速な発展に伴い、中国の2020年のドローン市場規模は584億元(1元は約17円)以上に達する見通し。


中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

 中国で外資系、国営系以外では宅配便事最大手の順豊エクスプレス(順豐速運、本部・広東省深圳)は、物流ドローンモデル運行区の空域申請を行い、正式に認可された。


中国の国内ドローン配送テスト・運用は約500回…アリババと京東が商用化に注力

中国の国内ドローン配送テスト・運用は約500回…アリババと京東が商用化に注力

 中国政府が集計した公式資料によると、昨年1年間(2016年)、中国国内で行われたドローン宅配の事例が、500件余りにのぼることがわかった。主に山岳地域にある地方の小都市や、道路インフラの整備が進んでいない地域で、ドローン配達のテスト・運用が進んだ。


最新の投稿


DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)と株式会社トプコン(東京都板橋区)は、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、 世界で初めて標定点 を不要とし、大幅な省力化を実現する空中写真測量システム「TSトラッキングUAS」に対応した専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」の提供を開始した。


パーソルテクノロジースタッフとdoが「法人向けドローン活用セミナー」開催 7月26日、新宿

パーソルテクノロジースタッフとdoが「法人向けドローン活用セミナー」開催 7月26日、新宿

パーソルテクノロジースタッフ株式会社(東京都新宿区)は、 ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社(東京都千代田区)と共催で、7月26日に「法人向けドローン活用セミナー」を開催する。


神戸市立須磨海浜水族園とソフトバンク コマース&サービス、水中ドローンによる海の生物観察イベント開催

神戸市立須磨海浜水族園とソフトバンク コマース&サービス、水中ドローンによる海の生物観察イベント開催

神戸市立須磨海浜水族園とソフトバンク コマース&サービス株式会社は、 水中ドローンを活用して海の生物観察を行う共同イベント「夏だ! スマスイ! 水中ドローン!!~さかな目線の大水槽~」を、 7月27日、 8月10日、 31日に開催する。


神戸市、IT企業の誘致・定着を目指す「スタートアップ等補助制度」を新設 認定1号にドローン関連企業

神戸市、IT企業の誘致・定着を目指す「スタートアップ等補助制度」を新設 認定1号にドローン関連企業

「スタートアップ等補助制度」適用の第1例目としてドローン関連サービスを行うスウィフト・エックスアイ(株)と(株)KURASERUの2社が認定された。


ソフトバンクコマース&サービス、対戦用小型ドローン「X1 FPV」発売。ドローンのドッグファイトが実現!

ソフトバンクコマース&サービス、対戦用小型ドローン「X1 FPV」発売。ドローンのドッグファイトが実現!

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、Wingsland社の対戦用小型ドローン「X1 FPV(エックスワン エフピーヴィー)」を7月19日から全国の販売パートナー、大手家電量販店、SoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazon.co.jpなどを通じて発売開始する。