ブルーイノベーションと日水コンがドローンによる老朽下水管の点検・調査の試行サービスを横浜市で今秋開始

ブルーイノベーションと日水コンがドローンによる老朽下水管の点検・調査の試行サービスを横浜市で今秋開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長CEO:熊田貴之 )と株式会社日水コン(東京都新宿区、代表取締役社長:野村喜一)は、国内初となる、「ドローンによる老朽下水管きょの点検・調査」試行サービスを今秋からスタートすると発表した。


 日本国内の下水道管路全体の約3%は建設後50年が経過しており、老朽化した下水管の腐食に伴う道路陥没が多発している。今後も老朽化した管が急増するため、下水道法が改正され(H27)、全ての下水管施設を対象に適切な時期に点検等を行うこと、特に、腐食の恐れの大きい箇所は5年に1回以上での点検義務が課されたが、人体に有害な硫化水素の発生やゲリラ豪雨等による下水道の氾濫といった作業員の安全上の問題あった。
 これらの問題に対し、ブルーイノベーション・日水コンは共同でドローンによる点検・調査技術の開発に取組み、国土交通省の下水道革新的技術実証事業であるB-DASH プロジェクトに参画、実証実験を重ねてきたところ、今回手動操縦によるテスト飛行に成功し、今秋より横浜市をファースト・ユーザーとして試行サービスを開始することとなった。

■「ドローンによる老朽下水管きょの点検・調査」試行サービスの概要・特長

1. 国内初、ドローンによる老朽下水管きょの点検・調査を実現
 下水管きょは、暗闇で、GPSの電波が受信できず、水気があるという、ドローンにとって飛行するには非常に劣悪な環境。ブルーイノベーション・日水コンでは、この課題を克服するため共同で専用のドローンシステムを開発、飛行実験に成功した。

2. 作業員の安全性の向上
 これまで硫化水素の発生や雨水等の大量流入により、作業員の安全確保上、立ち入り調査が困難だった箇所の点検が可能になり、作業員の安全性が向上する。(図-1,2,3参照)

3. 作業効率の向上・作業コストの低減
 従来の作業員による目視点検では1日あたりの点検距離は600m、自走式ロボットによる点検では300mだったが、ドローンによる点検では秒速が1〜2m/secとはるかに早く、作業の効率化と作業コストが低減さる。

 ブルーイノベーション・日水コンでは、下水管きょでの安定した自動飛行と正確な撮影・データ記録・解析により、より安全で高効率な点検・管理の実現を目指すとしている。

8 月 1 日~4 日、東京ビッグサイトにて開催される「下水道展’17 東京」日水コンブースで、サービス 内容・プロトタイプを展示説明する

【下水道展’17東京 概要】
名 称 : 下水道、くらしを支え、未来を拓く 「下水道展’17東京」
会 期 : 2017年8月1日(火)〜4日(金)4日間 10:00〜17:00
     (但し初日10:30〜、最終日16:00まで)
会 場 : 東京ビッグサイト 東4・5・6ホール
主 催 : 公益社団法人 日本下水道協会

この記事のライター

関連する投稿


ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


物流用ドローンポートシステムの可能性

物流用ドローンポートシステムの可能性

IDE TOKYOドローンソリューション&技術展で、熊田 貴之(ブルーイノベーション株式会社 代表取締役)氏が、「物流用ドローンポートシステムの可能性」について講演した。


【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

【パネルセッション】 世界市場におけるドローンソリューションの可能性とビジネスモデル

日本、アジア、北米、欧州など世界のドローン産業の可能性とビジネスモデルの将来について、各国を代表するパネリストが、それぞれの立場から意見を述べた。


障害物を自動で回避できる小型無人航空機の自動飛行システムを開発 -東京大学、リコー、ブルーイノベーションが共同開発-

障害物を自動で回避できる小型無人航空機の自動飛行システムを開発 -東京大学、リコー、ブルーイノベーションが共同開発-

東京大学の研究グループは、事務機器・光学機器メーカーの株式会社リコーと、ドロー ン・サービスプロバイダであるブルーイノベーション株式会社と共同で、非 GPS 環境下でも安定し て自動飛行するとともに、経路上の障害物を自動で回避できるドローンシステムを共同開発し、飛 行試験に成功したと発表した。


国交省/GLP座間で物流用ドローン、正確な離着陸に成功

国交省/GLP座間で物流用ドローン、正確な離着陸に成功

国土交通省は2月28日、神奈川県座間市のGLP座間で、システム開発のブルーイノベーション、東京大学とともに、開発中のドローンポートの実験を行った。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。