「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、ドローンで空撮したコンテンツ情報を提供するWEBメディア「DRONE OWNERS(ドローンオーナーズ)」の関連事業として、空撮コンテンツ制作のスペシャリスト「ドローングラファ」を養成、支援する有料会員制サービス「DRONE OWNERS倶楽部」の運用を始めた。


会員は田口氏、大前氏が講師を務めるオンライン講座が受講可能

 空撮はドローンの利用法として最もポピュラーな使い道のひとつ。DRONE OWNERS倶楽部は、ドローン空撮で動画作品を制作するための、企画、撮影、編集をこなすスペシャリスト、ドローングラファの養成、支援を目的に設立された。
 会員になれば、ドローングラファとしてのノウハウを体系的に学ぶことのできるオンライン講座が受講できるほか、空撮のためにドローンを飛ばしている最中の事故などに対応した損害保険に自動的に加入できる。非公開の会員限定コミュニティを用意し、会員間での作品紹介ができたり、品評会に参加できたりする。イベントの開催も予定でしている。
 オンライン講座の講師は、株式会社ドローンエモーションの田口厚氏、大前創希氏ら実績ある実力者が担当する。入会金4万円、年会費7万8千円(税別)

DRONE OWNERS倶楽部とは:
https://droneowners.jp/about_club

オンライン講座の撮影風景。ドローン女子のはぴさやさん(高橋早矢歌さん)がアシスタントをつとめた

この記事のライター

関連するキーワード


DRONE OWNERS倶楽部 ソネット

最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。