「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

「DRONE OWNERS倶楽部」スタート! 〝ドローングラファ〟を養成、支援

 ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、ドローンで空撮したコンテンツ情報を提供するWEBメディア「DRONE OWNERS(ドローンオーナーズ)」の関連事業として、空撮コンテンツ制作のスペシャリスト「ドローングラファ」を養成、支援する有料会員制サービス「DRONE OWNERS倶楽部」の運用を始めた。


会員は田口氏、大前氏が講師を務めるオンライン講座が受講可能

 空撮はドローンの利用法として最もポピュラーな使い道のひとつ。DRONE OWNERS倶楽部は、ドローン空撮で動画作品を制作するための、企画、撮影、編集をこなすスペシャリスト、ドローングラファの養成、支援を目的に設立された。
 会員になれば、ドローングラファとしてのノウハウを体系的に学ぶことのできるオンライン講座が受講できるほか、空撮のためにドローンを飛ばしている最中の事故などに対応した損害保険に自動的に加入できる。非公開の会員限定コミュニティを用意し、会員間での作品紹介ができたり、品評会に参加できたりする。イベントの開催も予定でしている。
 オンライン講座の講師は、株式会社ドローンエモーションの田口厚氏、大前創希氏ら実績ある実力者が担当する。入会金4万円、年会費7万8千円(税別)

DRONE OWNERS倶楽部とは:
https://droneowners.jp/about_club

オンライン講座の撮影風景。ドローン女子のはぴさやさん(高橋早矢歌さん)がアシスタントをつとめた

この記事のライター

関連するキーワード


DRONE OWNERS倶楽部 ソネット

最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。