学科をまたいで「専門職業+ドローン」の高機能人材育成 FSGがスタート!

学科をまたいで「専門職業+ドローン」の高機能人材育成 FSGがスタート!

 幅広く職業人材の育成を展開している専門学校グループ「FSGカレッジリーグ」(福島県郡山市)で25日、学科横断でドローンの基礎講座「ドローンの基礎」が行われた。3学科の学生22人が教室で受講。26日にはフライトの実技に臨む。FSGの「専門職+ドローン」による高機能人材育成が始まった。


法律も、空撮シミュレーションも 講師は専門家ばかり

 この日の基礎講座「ドローンの基礎」では、ドローン全般の基礎知識となる「ドローンについて」に始まり、「法律・ルール」、「運用」、「空撮シミュレーション」、「ワークショップ」などに取り組んだ。講師には福島ドローンスクールを運営するなど多くの実績を持つ株式会社スペースワン(東京)の小林康宏社長、ドローンのルールに詳しいNX法律事務所・NX特許事務所(東京)の小林幸平弁護士ら、第一線の専門家が登壇した。

ドローン基礎講座の初日の授業の様子。この日は異なる3つの学科の22人が授業を受けた=25日、福島県郡山市のFSGカレッジリーグの1校「国際情報工科自動車大学校」の教室

「追い風より向かい風の方が安心と言われる」など業界内の豆知識も織り交ぜた授業

 「ドローンについて」ではドローンが飛ぶ仕組みや、飛行中の機体かかる4種類の力、ドローンの構造や機体を構成する部品、送信機(プロポ)、「モード1」「モード2」の違い、バッテリーやその管理の重要性などについて、初学者にもわかりやすいよう、テキストとスライドを使い分けて説明。
 授業を担当した小林康宏氏は「陸上の100メートル走のような競技では追い風が吹けば速く走るのに有利になることがありますが、ドローンでは前にひっくりかえってしまうことがあって必ずしも有利ではない。風に向かった方が安全とも言われる」などドローンを事業に使っている現場の専門家としての声も織り込んだ。

FSGカレッジリーグの学生にドローンが飛ぶ仕組みなどについて講義をする小林康宏・スペースワン社長

「モード1」,「モード2」の違いも学ぶ

法とは「何をしたらどうなるか」を取り決めているもの ドローンに関わる法も

 また「法律・ルール」では、改正航空法、小型無人機等飛行禁止法、電波法などを取り上げて、そもそもの法律の意味からかみくだいて解説。
 小林幸平氏は「何をしたらどうなるかを決めているのが法。飛行禁止区域は、決められた手続きをしないで飛ばすと、違法になり50万円以下の罰金になると決めている」などと説明した。また国土交通省のホームページからQ&Aが記してある場所へのたどり着き方を示しながら、「分からないことにであったときに、どう調べるかを知っておくことも大事」などを助言した。
 ドローンに関わる危険性と、その回避策について学生自身に考えるワークも行った。

「専門分野について10000時間取り組めば〝100人に1人の人材〟にはなる。その領域をふたつもてば1万人に1人の人材になる。御自身の専門をきわめたうえで、ドローンもきわめて1万人の人材に」など学生を激励しながら講義をした弁護士の小林幸平氏

所定の要件を満たしたら修了証 10時間フライトで飛行時間証明も発行予定

 基礎講座「ドローンの基礎」は、FSGカレッジリーグのFSGカレッジリーグの関連機関である一般社団法人新福島エネルギー総合研究所(福島県郡山市、内田章理事長)が主催。専門を超えた8学科の学生が対象で、対象学科には現在、111人が在籍している。今後順次、教室での授業と、実機でのフライトの実技を学ぶ。テストで一定の得点を獲得するなど所定の要件を満たすと「無人航空機の操縦に関する基礎講座修了証」を授与される。基礎講座を受けたあとは、それぞれの学科ごとに専門分野でのドローンの使い方も習得する。
 基礎講座内での飛行経験は6時間。その後、飛行時間を確保し、国交省に飛行許可申請をするさいの要件となる10時間を超えた場合には、飛行時間証明も発行することにしている。

所定の要件を満たした学生に授けられる基礎講座修了証

この記事のライター

最新の投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。


ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

ドローンとAIで北極熊やクジラの生態研究をサポートするインテル

米国インテルは、科学者や専門家と提携し、ドローンと人工知能(AI)を活用して、北極熊やクジラなどの野生生物の生態研究をサポートしている。