橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システム

橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システム

測量機器の販売やソフトウェア開発を手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、GPS信号を受信できない橋梁下やトンネル内でも、安定した飛行を実現するドローン誘導システムを開発した。


測量の技術を応用してドローンの位置情報を計測

ドローン誘導システムを紹介したパネル

ドローン誘導システムのアプリ画面例

 ドローン誘導システムの基本的な仕組みは、測量用の自動追尾トータルステーションを活用して、ドローンの位置をリアルタイムで計測し、その情報を元にドローンの遠隔操縦を自動化するシステム。ドローンにレーザー光線を反射するコーナーキューブという反射型プリズムを取り付け、トータルステーションが測量した位置情報を解析して、専用アプリでドローンの飛行を制御する。現段階で対応しているドローンの機種は、DJI製のPhantom 3の一部とPhantom 4シリーズに、Inspireシリーズ、Mavic ProとMatrice 600になる。測量用の機器と自社開発のアプリを組み合わせることで、これまで飛行が困難とされていた非GPS環境下での自動航行が可能になる。ドローン誘導システムは、ソフトウェア製品として販売され、保守料を含めた年間使用料が40万円(税別)の予価で、最大20点に対応した位置データが1件4万円になる。同社では、トータルステーションなどの測量機器の販売やレンタルには対応するが、DJI製のドローンは取り扱っていない。そのため、利用者は別途にドローンを入手する必要がある。現在はDJI製ドローンのみの対応だが、年内にはPixhawkなどのオープンソースのフライトコントローラーに対応する予定もある。

ドローンに取り付ける反射プリズム

ドローンに反射プリズムを取り付けた例

測量用の自動追尾トータルステーション

 非GPS環境下でのドローンの自律飛行に関しては、SLAMなどのセンサー技術を活用する動きや、AIによる画像認識による研究開発が、海外でも進んでいる。そうした高度なセンサー技術や最先端の解析技術を利用する方法とは異なり、測量が培ってきたノウハウを応用したドローン誘導システムは、現実的なソリューションとして注目に値する。同社のUAV担当の山城憲一主任は「一定の高度と距離でドローンを低速で飛行させるのは、ベテランのパイロットでも疲れる作業です。ドローン誘導システムを使えば、点検作業を自動化できるだけではなく、一度データを登録した点検個所であれば、何度でも繰り返し自動飛行が可能なので、省力化にもつながります」と話す。

この記事のライター

関連する投稿


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


屋内の非GPS環境下で障害物を回避するレンジセンサー TERABEE社

屋内の非GPS環境下で障害物を回避するレンジセンサー TERABEE社

TeraRanger Evoなどのレンジセンサーを開発し販売しているTERABEE社は、自社のホームページで屋内の非GPS環境下で障害物を回避する実験映像を公開した。ArduPilot(オープンソース)での利用が可能になる。


非GPS環境でのドローン精密誘導システムをジツタが公開

非GPS環境でのドローン精密誘導システムをジツタが公開

測量機器の販売やソフトウェア開発を手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、都内の屋内施設でドローン精密誘導システムの飛行実験を公開した。GPSの電波が受信できない屋内施設で、測量機と反射プリズムを組み合わせた自律飛行に成功した。


【橋梁・トンネル技術展】DJIのPhantom 4に新しい「光」をもたらすシナジーテックのDL50

【橋梁・トンネル技術展】DJIのPhantom 4に新しい「光」をもたらすシナジーテックのDL50

【橋梁・トンネル技術展】のドローンコーナーで、橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システムを手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、夜間の点検に効果を発揮する株式会社シナジーテック(本社:徳島県、代表取締役:大栗克俊)のドローンライトDL50を展示していた。


【橋梁・トンネル技術展】自律制御システム研究所がインフラ点検や測量用ドローンを展示

【橋梁・トンネル技術展】自律制御システム研究所がインフラ点検や測量用ドローンを展示

幕張メッセで開催中の橋梁・トンネル技術展のドローンエリアに出展した株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県美浜区、代表取締役:野波 健蔵)は、測量やインフラ点検など、用途に合わせてアクセサリを組み替えられるPF1シリーズを展示していた。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。