最高速度263km/h! 史上最速ドローンが登場

最高速度263km/h! 史上最速ドローンが登場

プロのドローンレースを開催しているDRL(ドローン・レーシング・リーグ)は、バッテリーで駆動するリモート制御のクアッドコプターとして、史上最速となる263km/hを記録したドローンを7月14日、発表した。


ギネスレコードを取った800グラムの手作りドローン

ギネスレコードを取ったDRL RacerX

 DRL RacerXと名づけられた800グラムの手作りドローンは、以下の仕様になっている。

46,000 RPMs
10S (42V) Powertrain
BeeRotor 80A (10S) ESCs / BLHeli with Multishot
TMotor F80 2407 2500kv
1300mah 2 x 5S R-Line Tattu Lithium Polymer Batteries

 ギネスの世界記録を達成したDRL RacerXは、100メートルの測定コースを263km/hで飛行した。DRLのCEOで/創始者のNicholas Horbaczewski氏は「私たちは、DRLとしてドローンの限界に挑んでいるので、独自の技術で最高速度を達成したことに興奮しています」と話し、「世界的な技術レベルのエンジニアによる革新的なドローンを発表することにも興奮しています」と補足する。
 計測飛行の様子は、youtubeで期間限定で公開されている。

https://www.youtube.com/watch?v=dPpQWIA59Wo

この記事のライター

最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。