最高速度263km/h! 史上最速ドローンが登場

最高速度263km/h! 史上最速ドローンが登場

プロのドローンレースを開催しているDRL(ドローン・レーシング・リーグ)は、バッテリーで駆動するリモート制御のクアッドコプターとして、史上最速となる263km/hを記録したドローンを7月14日、発表した。


ギネスレコードを取った800グラムの手作りドローン

ギネスレコードを取ったDRL RacerX

 DRL RacerXと名づけられた800グラムの手作りドローンは、以下の仕様になっている。

46,000 RPMs
10S (42V) Powertrain
BeeRotor 80A (10S) ESCs / BLHeli with Multishot
TMotor F80 2407 2500kv
1300mah 2 x 5S R-Line Tattu Lithium Polymer Batteries

 ギネスの世界記録を達成したDRL RacerXは、100メートルの測定コースを263km/hで飛行した。DRLのCEOで/創始者のNicholas Horbaczewski氏は「私たちは、DRLとしてドローンの限界に挑んでいるので、独自の技術で最高速度を達成したことに興奮しています」と話し、「世界的な技術レベルのエンジニアによる革新的なドローンを発表することにも興奮しています」と補足する。
 計測飛行の様子は、youtubeで期間限定で公開されている。

https://www.youtube.com/watch?v=dPpQWIA59Wo

この記事のライター

最新の投稿


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。



DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


 セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

セキド、超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン『CCROV』の販売を開始

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 超小型かつ高い機動性をもった水中ドローン「CCROV」の販売を開始した。