火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

救助活動や災害現場で活躍するといわれているドローンだが、ニューヨーク市消防局ことFDNY(Fire Department of the City of New York)では、公式認定されたドローンと専用の運用システムの現場活用をすでに始めている。


写真提供:New York City Fire Department (FDNY)

高解像度カメラと赤外線カメラで、上空から現場をリアルタイムに配信

 ドローンが実際に消火活動を行うのではなく、ドローンに搭載したカメラで火災現場を上から見下ろすことで、その映像を共有しながら、現場指揮官やオペレーションセンターが同時に現場への正確な指示が出せるようにするというものだ。住宅や人口が密集するニューヨーク市では、高層の建物が火事になった際に、ヘリコプターを使ったり、ハシゴを使うのが難しいが、コンパクトなドローンを活用することで、現場状況を素早く、適切に把握できる。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/1835831

この記事のライター

関連するキーワード


災害 消防

関連する投稿


ドローン駆使し実践訓練  麻生警察署で初の試み

ドローン駆使し実践訓練 麻生警察署で初の試み

 神奈川県警麻生警察署(川崎市、田中正博署長)は、ドローンを使った大震災を想定した総合訓練を9月1日に行った。神奈川県全域・東京多摩地域の情報紙・タウンニュースが伝えた。


NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―


米国内の消防活動用ドローンの具体的現場活用事例

米国内の消防活動用ドローンの具体的現場活用事例

消防活動用ドローンは2009年くらいから本格的に世界の消防署で活用しており、災害対応機能(防水、耐熱、防曇耐火、つり上げ荷重)などの向上も、ほぼ毎月のスピードでさまざまな改善が試みられている。


ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

「オープンストリートマップ」に取り組んでいる古橋大地青山学院大学教授による、インタビュー記事をご紹介。


DJIがモルディブ共和国に協力…ドローンで国家水没危機を防ぐ

DJIがモルディブ共和国に協力…ドローンで国家水没危機を防ぐ

 モルディブ共和国が災害対応にドローンを活用する。モルディブは現在、地球温暖化に伴う海面上昇で、50年以降に水没・消滅することが憂慮されている国だ。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。