一般社団法人災害対策建設協会JAPAN47の神奈川支部が、神奈川県海老名市にドローンスクール開校

一般社団法人災害対策建設協会JAPAN47の神奈川支部が、神奈川県海老名市にドローンスクール開校

一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47(ジャパンフォーセブン)神奈川支部では、 協会の目的の一つとして掲げている、 ドローン操縦士の育成のために、 ドローンスクールを7月20に海老名(神奈川県海老名市今里2-22-7 )に開校する。


不足しているドローン操縦士の育成を目的に、7月20日開校

 ドローンスクール開校に当たり、 7月20日(木)13:00より開校式、 14:00からデモンストレーションと一般の方もドローンを操縦出来る体験会を実施する。

 JAPAN47のメンバーは建設関連会社で構成されており、 通常はドローンによる家屋調査などでドローンの技術を磨き、 災害時にはドローンを災害対策に役立てたいという趣旨の元に集まった約150社の建設関連会社の団体。
*ドローンスクールジャパン神奈川海老名校は、 国交省登録管理団体DPA(一般社団法人ドローン操縦士協会)公認のスクール。

スクール概要概要

・名称:ドローンスクールジャパン神奈川海老名校(DPA公認校)
・場所: 〒243-0423 神奈川県海老名市今里2-22-7
・運営:株式会社 中山建装・営業時間:10:00~17:00(休みは不定休)

ドロースクールジャパン神奈川海老名校 開校式概要

・日付:2017年7月20日(木)
・時間:13:00~14:00
(14:00からはデモンストレーションと一般の方もドローンを操縦出来る体験会を実施)
・場所:〒243-0423 神奈川県海老名市今里2-22-7

この記事のライター

関連する投稿


赤外線カメラ搭載ドローンで山遭難者救助の公開実証実験を開催 <一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47千葉支部>

赤外線カメラ搭載ドローンで山遭難者救助の公開実証実験を開催 <一般社団法人 災害対策建設協会JAPAN47千葉支部>

一般社団法人災害対策建設協会JAPAN47(ジャパンフォーセブン)千葉支部では、ドローンによる山林遭難者救助の可能性探る、公開実証実験を8月18日、千葉県佐倉市の山林で公開実証実験を開催する。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。