日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

ドローンメーカーのTEAD株式会社(本社:群馬県、代表取締役社長:横山勉、以下TEAD)と株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県、代表取締役:野波健蔵、以下ACSL)は、農業用ドローンの開発と生産に関する協業を発表した。


ACSLの飛行制御ユニットをTEADの農業用ドローンに提供

会見会場に置かれたACSLの飛行制御ユニットを搭載したTEADの農薬散布ドローンMulsan DAX04。

 昨年4月に、日本で最初の農業用ドローンとして、一般社団法人農林水産航空協会(農水協)の認定を得たTEADのMulsan DAX 04。4つのプロペラで飛行するクアッドコプターながら、最大15kgのペイロードがありアームの下に取り付けられた4つのノズルから、効率よく液剤を散布できる。機体には10リッターのタンクを搭載し、一度の飛行で1ヘクタールの圃場に農薬を散布できる。全国25ヶ所以上の教習所を通して、教育と販売にサービスを提供し、約1年で140機を超える販売実績がある。同ドローンの顧客の中には、無人ヘリコプターの代わりに利用して、一か月で数百万円の売り上げを達成したケースもある。
 農業用ドローンとして堅実な販売を伸ばしてきたMulsan DAX 04だが、代表取締役社長の横山勉氏は「当社のドローンは、他の農業用ドローンメーカーと同様に、機体を制御するフライトコントローラーは中国製のものを搭載していました。しかし、海外メーカーの部品を使い続けることには、性能や安全面での不安がありました」と話す。中国製の制御システムは、農業用ドローン向けに開発されたもので、2mでの低空飛行や15km~20km/hという低速での安定した姿勢制御など、実用的な性能は備えていた。それでも「開発中に制御系にトラブルが発生すると、中国のエンジニアとのやり取りが発生し、時間も手間もかかっていました」と横山氏。また「ドローンが飛行するための核心となる技術を海外のメーカーに依存しないで、電装系を一気通貫でオールジャパンにしたかったのです」と補足する。そこで、以前から交流のあったACSLの野波健蔵氏に相談し、両社の協業が実現した。

ACSLの名前が入ったTEADの農薬散布ドローンMulsan DAX04。

画像解析やAIによる完全自律飛行も見据えて協業体制を強化していく

自律制御システム研究所とTEADの協業について会見する自律制御システム研究所野波健蔵社長(左)とTEADの横山勉社長=7月14日、東京都千代田区日本橋

 ACSLは国産の飛行制御システムを開発したパイオニアであり、物流用のドローンも自社で設計し製造している。楽天のドローン配送サービスの「そら楽」で使われている機体もACSL製になる。ACSLの野波氏は「TEADのドローンは、農業分野のパイオニアです。その農業用ドローンに、ACSLのフライトコントローラーを提供することで、飛行性能や飛行制御などを大きく改善できることを確認しております」と話す。また「今後は機体に取り付けたカメラの映像を解析して、薬剤が適切に散布されているかを判断したり、AIを活用して障害物などを回避する飛行の安全性を向上させ、完全な自律飛行を見据えたシステムを開発し、TEADとの協業体制も強化していきます」と展望を語る。
 現在の農水協による農業用ドローンの運用では、操縦者とナビゲーターが2人1組で、手動による目視飛行が義務付けられている。しかし、ACSLのドローンは福島のロボットテストフィールドで13kmの海岸線を自律飛行した実績がある。そのACSLのフライトコントローラーを搭載したTEADの農業用ドローンも、あらかじめ飛行範囲を指定するだけで自動的に飛行して農薬を散布する完全自律飛行が、技術的には可能になる。両社は、協業を通して自律飛行の実証実験を行っていくと同時に、運用方法の改正なども提唱していく考えだ。
 フライトコントローラーをはじめとして、すべての部品を日本製にすることで機体価格の上昇が懸念されるが、その点において横山氏は「中国製に比べると部品の単価は高価になりますが、国内でもドローン産業を支援しようと協力してくださるメーカーも出てきています。コストに関しては、企業努力も含めてできるだけこなれた価格で提供できるようにしていきます」と回答した。

会見後握手を交わす ACSL、TEADの野波、横山両社長。

この記事のライター

関連するキーワード


TEAD ACSL 農業用ドローン

関連する投稿


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。


新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


【新潟県ドローン特区】農業用ドローンの実証実験を開始

【新潟県ドローン特区】農業用ドローンの実証実験を開始

7月25日。株式会社ローソン(本社:東京都品川区)と特例農業法人ローソンファーム新潟(新潟市東区)は、「新潟市」と農業用ドローンの取り扱いと操縦教習所を展開する「新潟クボタ(本社:新潟県新潟市)」と連携して、農業用ドローンによる水稲の薬剤散布の実証実験を開始する。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


最新の投稿


インプレスが  ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜を発売

インプレスが ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。