日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

ドローンメーカーのTEAD株式会社(本社:群馬県、代表取締役社長:横山勉、以下TEAD)と株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県、代表取締役:野波健蔵、以下ACSL)は、農業用ドローンの開発と生産に関する協業を発表した。


ACSLの飛行制御ユニットをTEADの農業用ドローンに提供

会見会場に置かれたACSLの飛行制御ユニットを搭載したTEADの農薬散布ドローンMulsan DAX04。

 昨年4月に、日本で最初の農業用ドローンとして、一般社団法人農林水産航空協会(農水協)の認定を得たTEADのMulsan DAX 04。4つのプロペラで飛行するクアッドコプターながら、最大15kgのペイロードがありアームの下に取り付けられた4つのノズルから、効率よく液剤を散布できる。機体には10リッターのタンクを搭載し、一度の飛行で1ヘクタールの圃場に農薬を散布できる。全国25ヶ所以上の教習所を通して、教育と販売にサービスを提供し、約1年で140機を超える販売実績がある。同ドローンの顧客の中には、無人ヘリコプターの代わりに利用して、一か月で数百万円の売り上げを達成したケースもある。
 農業用ドローンとして堅実な販売を伸ばしてきたMulsan DAX 04だが、代表取締役社長の横山勉氏は「当社のドローンは、他の農業用ドローンメーカーと同様に、機体を制御するフライトコントローラーは中国製のものを搭載していました。しかし、海外メーカーの部品を使い続けることには、性能や安全面での不安がありました」と話す。中国製の制御システムは、農業用ドローン向けに開発されたもので、2mでの低空飛行や15km~20km/hという低速での安定した姿勢制御など、実用的な性能は備えていた。それでも「開発中に制御系にトラブルが発生すると、中国のエンジニアとのやり取りが発生し、時間も手間もかかっていました」と横山氏。また「ドローンが飛行するための核心となる技術を海外のメーカーに依存しないで、電装系を一気通貫でオールジャパンにしたかったのです」と補足する。そこで、以前から交流のあったACSLの野波健蔵氏に相談し、両社の協業が実現した。

ACSLの名前が入ったTEADの農薬散布ドローンMulsan DAX04。

画像解析やAIによる完全自律飛行も見据えて協業体制を強化していく

自律制御システム研究所とTEADの協業について会見する自律制御システム研究所野波健蔵社長(左)とTEADの横山勉社長=7月14日、東京都千代田区日本橋

 ACSLは国産の飛行制御システムを開発したパイオニアであり、物流用のドローンも自社で設計し製造している。楽天のドローン配送サービスの「そら楽」で使われている機体もACSL製になる。ACSLの野波氏は「TEADのドローンは、農業分野のパイオニアです。その農業用ドローンに、ACSLのフライトコントローラーを提供することで、飛行性能や飛行制御などを大きく改善できることを確認しております」と話す。また「今後は機体に取り付けたカメラの映像を解析して、薬剤が適切に散布されているかを判断したり、AIを活用して障害物などを回避する飛行の安全性を向上させ、完全な自律飛行を見据えたシステムを開発し、TEADとの協業体制も強化していきます」と展望を語る。
 現在の農水協による農業用ドローンの運用では、操縦者とナビゲーターが2人1組で、手動による目視飛行が義務付けられている。しかし、ACSLのドローンは福島のロボットテストフィールドで13kmの海岸線を自律飛行した実績がある。そのACSLのフライトコントローラーを搭載したTEADの農業用ドローンも、あらかじめ飛行範囲を指定するだけで自動的に飛行して農薬を散布する完全自律飛行が、技術的には可能になる。両社は、協業を通して自律飛行の実証実験を行っていくと同時に、運用方法の改正なども提唱していく考えだ。
 フライトコントローラーをはじめとして、すべての部品を日本製にすることで機体価格の上昇が懸念されるが、その点において横山氏は「中国製に比べると部品の単価は高価になりますが、国内でもドローン産業を支援しようと協力してくださるメーカーも出てきています。コストに関しては、企業努力も含めてできるだけこなれた価格で提供できるようにしていきます」と回答した。

会見後握手を交わす ACSL、TEADの野波、横山両社長。

この記事のライター

関連するキーワード


TEAD ACSL 農業用ドローン

関連する投稿


【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

【国際ドローン展】進化を続ける日本のドローン産業が一堂に介する

4月18日から幕張メッセで開催された国際ドローン展には、ドローン産業に携わる国内メーカーが、数多くの製品やソリューションを展示していた。(田中亘)


未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社が ACSLへ21億円の出資を決定

ACSLは、未来創生ファンド、iGlobe Partners、UTEC他2社を引き受けとする第三者割当増資を決定した。


【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

三信建材工業株式会社(愛知県豊橋市)は、土木、構造物そして、特に非GPS環境下でドローンを使った点検の実験を繰り返し、すでに実際の現場で活用し紹介していた。。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。