横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

第18回横浜ITクラスター交流会は、経産省製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 課長補佐の牛嶋裕之氏とテラドローンの事業開発部長の竹崎孝二氏を迎えて「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」をメインテーマに13日、横浜市の横浜情報文化センターで開催された。


横浜を拠点にする各企業のビジネスチャンス拡大に活動する任意団体がドローンをテーマにセミナー開催

 横浜経済の発展を目的に民間有志と横浜市、公益財団法人横浜企業経営支援団体(IDEC)が連携し活動する第18回となる横浜ITクラスター交流会は、ドローンを取り上げ、横浜市の横浜情報文化センターで13日に開催された。交流会は「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」をメインテーマに、経済産業省 製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 課長補佐の牛嶋裕之氏と「日本発のグローバルメガベンチャー」を目指すテラドローン株式会社の事業開発部長の竹崎孝二氏の2人が登壇した。
 交流会の冒頭、実行委員会の吉川淳一郎委員長は、2015年4月に首相官邸屋上からドローンが発見された事件から半年後の10月、第11回同交流会にDJI JAPANの呉韜社長が登壇したのがきっかけで、横浜市金沢区に首都圏初となるドローンフィールドを開設することができた裏話を披露した。

第18回横浜ITクラスター交流会で冒頭挨拶する実行委員会の吉川淳一郎委員長=7月13日、横浜市の横浜情報文化センター

ドローン産業拡大の鍵は利活用の推進

 今年経産省のドローン担当となった牛島氏は、「『空の産業革命』 に向けた政策の動向」として、今年5月に改訂された空の産業革命に向けたロードマップや運行管理システム(UTM)の研究開発プロジェクトなどについて基調講演を行った。
 改訂されたロードマップでは2018年には離島や過疎地への目視外飛行での配送が開始され、今後はUTMの開発、社会実装によって人の上を目視外でのドローンの飛行を目指すとした。
 牛嶋氏は「ロボット産業が日本で発展しているのはロボットの需要があるからで、ドローンが活用されなければドローンを取り巻く産業は育たない。ドローンの市場拡大には、利活用の推進が重要」と話した。
 また「UTMシステムを社会実装すると、ドローンが目視外飛行でロボットのように様々なな現場で活躍するようになり、ドローン産業全体の拡大につながる」と今後の展開に触れ締めくくった。

経産省を中心としたドローンの取り組みについて話す牛嶋裕之氏。

i-Constructionの先進事例を具体的に紹介

 ドローンを使った点検、測量などの事業を国内外で展開するテラドローンの竹崎氏は、UTM、土木測量サービスやその最新技術など実例を交え分かり易く紹介した。
 土木測量サービスとして、先ずカメラ搭載型ドローンを使用した写真測量では、対空ターゲットを設置、ドローンによる空撮、撮影データの解析といった一連の作業が、人員、時間、経費を節約でき、さらに正確な3次元データが得られることをを説明した。
 レーザー搭載型ドローンによる測量では、より細かな点群データによる3次元測量が可能となる。なかでもほぼ垂直な岩壁で行ったレーザー測量の実例では、地上からは見えない部分のデータ取得が可能となり、詳細な3次元が得られることを見せた。
 メガソーラーでの太陽光パネルの点検にもドローンは有効で、上空から赤外線カメラを使うことで、人がパネルごとに点検するより正確に早くホットスポットを発見できる。
 最後に竹崎氏は同社が開発したソフトとして、ドローンの自動航行から、画像処理、画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行えることで、面倒な点群化プロセスをショートカットするドローン専用のTERRA MAPPERという自動画像処理サービスを紹介した。

ドローン測量、点検の現状を実例を交え話すテラドローンの事業開発部長の竹崎孝二氏

この記事のライター

関連する投稿


DJIが「RONIN」 ユーザーを対象とした「RONIN 2」への移行を支援する「ロイヤリティプログラム」を発表

DJIが「RONIN」 ユーザーを対象とした「RONIN 2」への移行を支援する「ロイヤリティプログラム」を発表

DJIは、 3 軸カメラスタビライザーシステムの「DJI RONIN」のユーザーを対象に、 先日リリースした「DJI RONIN 2」への移行支援プログラム「ロイヤリティ プログラム」を発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催 Mavic Pro の 2 週間無料レンタルプログラムも開始

DJI、米・ナショナルジオグラフィック社と空撮写真コンテストを開催 Mavic Pro の 2 週間無料レンタルプログラムも開始

DJIは、米・ナショナルジオグラフィック社と共同で、北米地域在住者を対象とした空撮写真コンテストを、9月5日(火)から 10月31(火)まで、Instagramで開催します。また、本コンテストと併せて、世界中のユーザーを対象とした、「DJI MAVIC PRO」の2週間無料レンタルプログラムも期間限定で開始します。


DJI と SkyPixel、空撮映像コンテストのグランプリを発表

DJI と SkyPixel、空撮映像コンテストのグランプリを発表

DJI が運営する世界最大規模の空撮写真・映像コミュニティーサイト「SkyPixel(スカイピクセル)」は、2017年度の空撮映像コンテストのグランプリと入賞作品を発表した。今年度のコンテストは、世界100ヶ国から総計約3,000 作品が応募された。


DJIがソフトウェアの脆弱性発見に報奨金を出すプログラム を開始 報告者には最大で3万ドル

DJIがソフトウェアの脆弱性発見に報奨金を出すプログラム を開始 報告者には最大で3万ドル

民生用ドローンで世界をリードする DJI は、ソフトウェアの脆弱性を発見した情 報提供者に対し報奨金を支払う Bug Bounty プログラム「The DJI Threat Identification Reward Program(脆弱性報奨プログラム)」を開始したと発表した。


最新の投稿


インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。