ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋)は、2017年6月29日に仙台市、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)、宮城県医薬品卸組合(事務局:宮城県仙台市、理事長:鈴木三尚)と共同で、ドローンによる緊急医薬品搬送の実証実験を実施した。


LTE回線を経由してブイキューブロボティクスのセルラードローンを遠隔制御

実験に使われたセルラードローン

 今回の実証実験は、災害発生時に橋梁の崩落などによる交通網の寸断により、陸路での医薬品の搬送が不可能となった状況を想定し、緊急医薬品の搬送におけるドローン活用の有用性を確認するもの。実験の内容は、交通網が寸断された環境で医薬品の緊急搬送の要請があったという想定で、LTE回線を経由して遠隔制御するブイキューブロボティクスのセルラードローンを医療機関まで自動飛行させた。また、自動飛行中や到着後の映像をリアルタイムに本部へ伝送し、安全確認と医薬品の受け渡しに必要な医療機関の関係者であることの本人確認を遠隔から検証した。実験にあたりブイキューブロボティクスは、ドローン本体の開発から取り組み、当日はドローンから伝送される映像をリアルタイムで共有し飛行管理も実施した。

 今回の実験における具体的な確認項目は、以下の通り。

(1)LTE回線を用いて遠隔からドローンを制御し、安全かつ正確に目的地に到着できるか。
(2)医薬品の受け渡しに必要な本人確認を、遠隔から実施できるか。
(3)ドローンに搭載した医薬品の振動、衝撃、傾斜に対する緩衝性、保温性を確保できるか。

実験の概要

広瀬川の河川敷を利用して緊急医薬品搬送の実証実験

 実証実験は、宮城広瀬総合運動場および実証実験に協力した西仙台病院隣接の広瀬川河川敷を往復する形で実施された。搬送依頼を受けた医薬品をドローンに搭載し、車両が通行できる限界の地点である宮城広瀬総合運動場まで車で搬送。その後、ドローンが目的地である西仙台病院隣接の河川敷まで医薬品を搬送し、受渡し完了後に離陸地点まで帰還。ドローンによる飛行は、無視界飛行かつ飛行ルート設定による自動飛行で、LTE回線を通じた遠隔制御にて実施された。また、飛行中の安全確認は、常時、リアルタイム映像伝送システムを通じて行われ、医療機関の関係者が医薬品を受け取れたかも確認した。結果として、搬送元と搬送先が適切にコミュニケーションを取りながら、医薬品の搬送ができることが確認された。

 仙台市の 伊藤敬幹副市長は「大変有用な結果が得られました。東日本大震災の経験を踏まえて、これを全国、世界に発信できるようなしっかりしたものに育て上げていきたいです。今後このような実験を重ね、課題を抽出するとともに、これから実用化に向けて取り組んでいきたいと思っています」とコメントしている。
 また、ブイキューブロボティクス・ジャパン代表取締役社長の出村太晋氏は「今回の実証実験の結果を踏まえて、機器の機能/性能面や運用プロセスの更なる改善・向上を実現し、実験レベルではなく実用化に向けた取組みを進めて、災害時・緊急時の対応に同じ課題感を持つ全国の自治体、世界に展開していければと考えています」と今後に向けた取り組みを話す。

実験の様子

この記事のライター

関連する投稿


仙台市、津波ドローンの導入を検討 警報などの情報を受信し自動出動し避難誘導

仙台市、津波ドローンの導入を検討 警報などの情報を受信し自動出動し避難誘導

 防災や減災にドローンを活用する取り組みを進めている仙台市は、津波が発生した場合などを想定し、警報などの情報を受信すると自動的に出動して防災活動をするドローンの導入を検討している。NTTドコモと検討を進めており、早ければこの秋にも実験に踏み切る。


データセクション、ブイキューブロボティクスと業務提携、AIの映像解析×ドローンの自動航行による警備・点検業務の完全自動化の実現へ

データセクション、ブイキューブロボティクスと業務提携、AIの映像解析×ドローンの自動航行による警備・点検業務の完全自動化の実現へ

〜第一弾として、メガソーラーにおける点検業務の効率化に向けた実証実験を開始〜


広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

広島大などがドローンを活用した血液検体などの搬送技術を開発へ

 広島大学医学部(救急集中治療医学)の貞森拓磨客員准教授と(株)NTTドコモ、モバイルクリエイト(株)、インフォコム(株)、ciDrone(株)が提案した事業が、総務省の戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)の地域ICT振興型研究開発枠に採択され、記者説明会を開催した。


NTTドコモ、災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功

NTTドコモ、災害等を想定した「ドローン中継局」による携帯電話サービスのエリア化に成功

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、災害等の際にご利用が困難となった携帯電話サービスエリアの救済を目的に、「ドローン中継局」の導入検討を進めてきたが、群馬県吾妻郡長野原町における実証実験を行い、5月17日に、当該地区のエリア化の成功を確認した。


NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

NTTドコモが世界初「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発 -360度どこからでも見える広告展開が可能

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、無人航空機(以下ドローン)を活用した新たなビジネスの創出に向けて、全方位に映像を表示しながら飛行することができる「浮遊球体ドローンディスプレイ」を世界で初めて※1 開発した。


最新の投稿


インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。