ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

ブイキューブロボティクス、仙台市・NTTドコモ・宮城県医薬品卸組合が、ドローンで緊急医薬品搬送の実証実験

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋)は、2017年6月29日に仙台市、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤和弘)、宮城県医薬品卸組合(事務局:宮城県仙台市、理事長:鈴木三尚)と共同で、ドローンによる緊急医薬品搬送の実証実験を実施した。


LTE回線を経由してブイキューブロボティクスのセルラードローンを遠隔制御

実験に使われたセルラードローン

 今回の実証実験は、災害発生時に橋梁の崩落などによる交通網の寸断により、陸路での医薬品の搬送が不可能となった状況を想定し、緊急医薬品の搬送におけるドローン活用の有用性を確認するもの。実験の内容は、交通網が寸断された環境で医薬品の緊急搬送の要請があったという想定で、LTE回線を経由して遠隔制御するブイキューブロボティクスのセルラードローンを医療機関まで自動飛行させた。また、自動飛行中や到着後の映像をリアルタイムに本部へ伝送し、安全確認と医薬品の受け渡しに必要な医療機関の関係者であることの本人確認を遠隔から検証した。実験にあたりブイキューブロボティクスは、ドローン本体の開発から取り組み、当日はドローンから伝送される映像をリアルタイムで共有し飛行管理も実施した。

 今回の実験における具体的な確認項目は、以下の通り。

(1)LTE回線を用いて遠隔からドローンを制御し、安全かつ正確に目的地に到着できるか。
(2)医薬品の受け渡しに必要な本人確認を、遠隔から実施できるか。
(3)ドローンに搭載した医薬品の振動、衝撃、傾斜に対する緩衝性、保温性を確保できるか。

実験の概要

広瀬川の河川敷を利用して緊急医薬品搬送の実証実験

 実証実験は、宮城広瀬総合運動場および実証実験に協力した西仙台病院隣接の広瀬川河川敷を往復する形で実施された。搬送依頼を受けた医薬品をドローンに搭載し、車両が通行できる限界の地点である宮城広瀬総合運動場まで車で搬送。その後、ドローンが目的地である西仙台病院隣接の河川敷まで医薬品を搬送し、受渡し完了後に離陸地点まで帰還。ドローンによる飛行は、無視界飛行かつ飛行ルート設定による自動飛行で、LTE回線を通じた遠隔制御にて実施された。また、飛行中の安全確認は、常時、リアルタイム映像伝送システムを通じて行われ、医療機関の関係者が医薬品を受け取れたかも確認した。結果として、搬送元と搬送先が適切にコミュニケーションを取りながら、医薬品の搬送ができることが確認された。

 仙台市の 伊藤敬幹副市長は「大変有用な結果が得られました。東日本大震災の経験を踏まえて、これを全国、世界に発信できるようなしっかりしたものに育て上げていきたいです。今後このような実験を重ね、課題を抽出するとともに、これから実用化に向けて取り組んでいきたいと思っています」とコメントしている。
 また、ブイキューブロボティクス・ジャパン代表取締役社長の出村太晋氏は「今回の実証実験の結果を踏まえて、機器の機能/性能面や運用プロセスの更なる改善・向上を実現し、実験レベルではなく実用化に向けた取組みを進めて、災害時・緊急時の対応に同じ課題感を持つ全国の自治体、世界に展開していければと考えています」と今後に向けた取り組みを話す。

実験の様子

この記事のライター

関連する投稿


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスが「食農グリーンツーリズム」支援プロジェクトにドローンを活用したいちごの空輸を実施

ブイキューブロボティクスは、熊本県・大分県の震災復興のため発足した「食農グリーンツーリズム」による支援プロジェクトに参加し、摘みたていちごを農園から宿泊施設にドローンで空輸する「ドローンを活用したいちごの空輸実証実験」を実施した。


津波情報で自動出動するドローンが避難呼びかけ! 仙台・旧荒浜小で実験 ブロックチェーン技術活用の情報共有、画像で人物検知

津波情報で自動出動するドローンが避難呼びかけ! 仙台・旧荒浜小で実験 ブロックチェーン技術活用の情報共有、画像で人物検知

 仙台市は3月19日、津波発生情報を受けてドローンが自動的に出動し、避難を呼びかけたり、人影をとらえて避難状況を確認したりと、現場での活動を想定した実験を、仙台市若林区の震災遺構、旧荒浜小学校で実施した。通信、ITなど大手を含めた多くの企業が参加し、4つのミッションはすべてクリアした。今後、実装に必要な課題を洗い出す。


エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

NTTドコモのドローン事業「docomo sky」 発表会での中山副社長の説明を紹介 「パートナーと効率化、高度化を」 

 NTTドコモが2月21日に発表した企業向けにドローンの運用を支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky(ドコモスカイ)」が大きな反響を呼んでいる。発表会に登壇した中山俊樹副社長の発言を改めて紹介する。


最新の投稿


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。