日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

7月12日。エアロセンス株式会社(本社:東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)は、スウィフ スウィフト・エンジニアグ株式会社(本社:カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)と、VTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンを国内で事業化すると発表した。


100kmを超える飛行を可能にした高性能VTOLのSwift 020

4つのプロペラを巧みに制御して垂直離着陸と水平飛行をスムーズに切り替える

 エアロセンス社が提携したスウィフト社は、1983年にレーシングカーの設計と製造を行う会社として創業した。2000年に入ると航空宇宙分野に進出し、ボーイングやノースロップ・グラマンにシコルスキーなどの開発や生産プロジェクトを受託している。スウィフト社には、20年近い無人航空機システムの開発と製造の実績があり、これまでにGlogal HawkやKiller BeeにS-97 Raiderなどの開発に携わってきた。その経験と実績を元に同社の20番目のモデルとして自社ブランドで開発したVTOLドローンが、Swift 020(オーツーオー)になる。
 Swift 020は、4つのプロペラを備えた固定翼。X-Blade Technology(エックス ブレード テクノロジー)と呼ぶ独自の技術で、プロペラ部分を回転させることなく、垂直での離着陸を可能にしている。飛行の様子を紹介する動画では、主翼に取り付けられた補助翼を使って機体を垂直に置き、4つのプロペラで離陸する。離陸直後に水平飛行に移行できるRapid Transition(ラピッド トランジション)をはじめとして、任意の高度で垂直から水平へと機体をコントロールできる。操縦は、完全な自律飛行になっていて、無線機などの電波が届かない場所でも、GPSの信号で飛行する。発表会に来日した代表取締役のリック ハイス氏は「X-Blade Technologyにより、長時間の飛行が可能になるだけではなく、機体の構造がシンプルなので故障が発生しにくく、メンテナンス性にも優れています」と特長を語る。一回の充電で2時間の飛行が可能で、飛行速度は37~83km/h、高度は30~120m、最大で100kmを超える長距離まで到達できる。機体の最大重量は13.6kgで、主プロペラの部品を交換することで、さまざまなアタッチメントを取り付けたり、1.5kg以上の荷物を運ぶこともできる。また、機体は分解が可能で専用のケースに収納すれば、飛行機の貨物としても空輸できる。組み立ては10分で済む。

用途に合わせて主プロペラのパーツを交換できる

分解してコンパクトに輸送できる

高性能なVTOLドローンで日本の規制緩和に挑む

水平飛行から素早くホバリング状態に移行できる

 エアロセンス社は、これまでにマルチコプターやVTOLドローンを独自に開発してきた。代表取締役の谷口恵恒氏は「100kmを超える飛行が可能なドローンは、当社の開発している機体ではカバーできないので、Swift 020を日本で展開しようと決めました」と話す。また両社が提携するきっかけは「当社とスウィフト社の日本法人が、互いに取引のある関連会社を通じて知った」という。今後、両社は秋頃に日本での飛行試験を計画している。エアロセンス社には、国内でドローンを目視外で飛行できる包括的な認可が出ているが、100kmという距離での実証実験には課題も多い。福島県にあるロボットテストフィールドでも、最長で13kmの海岸線しか長距離の飛行が許可されていない。この課題に対して谷口氏は「政府に対して、こんな市場や必要性があるから、ここを緩和しましょう、という提案ができる」と考えている。ドローンの目視外による自律制御の長距離飛行に対する規制の厳しさは米国も同様で、スウィフト社でも米国外で長距離飛行の実験を行っているという。そのためハイス氏も「日本での事業化に期待している」と話す。
 長距離の自律飛行が可能なVTOLドローンには、農業や配達に緊急サービスやインフラ点検、測量に海事、軍事や防衛に科学研究や監視など、数多くの需要が期待されている。エアロセンス社では、Swift 020の飛行試験と規制緩和に取り組みながら、同機体が活躍できる事業領域を開拓していく。

事業化が期待される産業

Swift 020のサイト
https://www.swift020.com/

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恵恒、以下エアロセンス)は、株式会社ERIソリューション(東京都港区、代表取締役:横瀬弘明、以下ERIソリューション)と業務提携し、ドローンを活用した非破壊検査の実用化を目指す。


ザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部がエアロセンスのドローンを飛行体験

ザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部がエアロセンスのドローンを飛行体験

日本のドローンに関する規制や物流における活用事例の学習と飛行視察を目的に来日したザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部3名が、エアロセンスのドローンを飛行体験を6月7日、千葉県市原市勝間にある勝間飛行場で行った。


ドローン利活用でザンビア共和国の保健省・民間航空局幹部が来日、エアロセンスを視察

ドローン利活用でザンビア共和国の保健省・民間航空局幹部が来日、エアロセンスを視察

ザンビア共和国(以下、ザンビア)の保健省及び民間航空局幹部計 3 名が 6 月 6 日から 8 日まで、日本のドローンに関する規制や物流における活用事例の学習、飛行視察を目的に来日する。


最新の投稿


インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。