日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

7月12日。エアロセンス株式会社(本社:東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)は、スウィフ スウィフト・エンジニアグ株式会社(本社:カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)と、VTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンを国内で事業化すると発表した。


100kmを超える飛行を可能にした高性能VTOLのSwift 020

4つのプロペラを巧みに制御して垂直離着陸と水平飛行をスムーズに切り替える

 エアロセンス社が提携したスウィフト社は、1983年にレーシングカーの設計と製造を行う会社として創業した。2000年に入ると航空宇宙分野に進出し、ボーイングやノースロップ・グラマンにシコルスキーなどの開発や生産プロジェクトを受託している。スウィフト社には、20年近い無人航空機システムの開発と製造の実績があり、これまでにGlogal HawkやKiller BeeにS-97 Raiderなどの開発に携わってきた。その経験と実績を元に同社の20番目のモデルとして自社ブランドで開発したVTOLドローンが、Swift 020(オーツーオー)になる。
 Swift 020は、4つのプロペラを備えた固定翼。X-Blade Technology(エックス ブレード テクノロジー)と呼ぶ独自の技術で、プロペラ部分を回転させることなく、垂直での離着陸を可能にしている。飛行の様子を紹介する動画では、主翼に取り付けられた補助翼を使って機体を垂直に置き、4つのプロペラで離陸する。離陸直後に水平飛行に移行できるRapid Transition(ラピッド トランジション)をはじめとして、任意の高度で垂直から水平へと機体をコントロールできる。操縦は、完全な自律飛行になっていて、無線機などの電波が届かない場所でも、GPSの信号で飛行する。発表会に来日した代表取締役のリック ハイス氏は「X-Blade Technologyにより、長時間の飛行が可能になるだけではなく、機体の構造がシンプルなので故障が発生しにくく、メンテナンス性にも優れています」と特長を語る。一回の充電で2時間の飛行が可能で、飛行速度は37~83km/h、高度は30~120m、最大で100kmを超える長距離まで到達できる。機体の最大重量は13.6kgで、主プロペラの部品を交換することで、さまざまなアタッチメントを取り付けたり、1.5kg以上の荷物を運ぶこともできる。また、機体は分解が可能で専用のケースに収納すれば、飛行機の貨物としても空輸できる。組み立ては10分で済む。

用途に合わせて主プロペラのパーツを交換できる

分解してコンパクトに輸送できる

高性能なVTOLドローンで日本の規制緩和に挑む

水平飛行から素早くホバリング状態に移行できる

 エアロセンス社は、これまでにマルチコプターやVTOLドローンを独自に開発してきた。代表取締役の谷口恵恒氏は「100kmを超える飛行が可能なドローンは、当社の開発している機体ではカバーできないので、Swift 020を日本で展開しようと決めました」と話す。また両社が提携するきっかけは「当社とスウィフト社の日本法人が、互いに取引のある関連会社を通じて知った」という。今後、両社は秋頃に日本での飛行試験を計画している。エアロセンス社には、国内でドローンを目視外で飛行できる包括的な認可が出ているが、100kmという距離での実証実験には課題も多い。福島県にあるロボットテストフィールドでも、最長で13kmの海岸線しか長距離の飛行が許可されていない。この課題に対して谷口氏は「政府に対して、こんな市場や必要性があるから、ここを緩和しましょう、という提案ができる」と考えている。ドローンの目視外による自律制御の長距離飛行に対する規制の厳しさは米国も同様で、スウィフト社でも米国外で長距離飛行の実験を行っているという。そのためハイス氏も「日本での事業化に期待している」と話す。
 長距離の自律飛行が可能なVTOLドローンには、農業や配達に緊急サービスやインフラ点検、測量に海事、軍事や防衛に科学研究や監視など、数多くの需要が期待されている。エアロセンス社では、Swift 020の飛行試験と規制緩和に取り組みながら、同機体が活躍できる事業領域を開拓していく。

事業化が期待される産業

Swift 020のサイト
https://www.swift020.com/

この記事のライター

関連する投稿


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンスがAEROBO® Marker(エアロボマーカー)の量産出荷を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、対空標識「AEROBO® Marker」(エア ロボマーカー)の量産出荷を開始した。


エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンスがドローン関連製品・ソリューションの新ロゴデザインを発表し、産業用自律飛行型ドローンの新ブランドとして販売展開

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、産業 用自律飛行型ドローン「AEROBO®」(エアロボ)、GPS 機能搭載の対空標識「AEROBO® Marker」 (エアロボマーカー)、産業用ドローン向けのクラウドサービス「AEROBO® Cloud」(エアロボクラ ウド)の新しいロゴデザインを発表した。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」がAI を用いた自動判別機能の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、 産業用ドローン向けクラウドサービス「AEROBO Cloud」(エアロボクラウド)に、AI(人工知能)を用いて自動的に傷や劣化などを検出し、ドローン空撮画像を用いた点検作業のサポートを行う機能の提供を開始した。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。