アマナビ主催「自然環境分野でのドローン活用セミナー」開催 7月23日

アマナビ主催「自然環境分野でのドローン活用セミナー」開催 7月23日

アマナグループの株式会社アマナビ(本社:東京都港区、 代表取締役社長:児玉秀明)は、「自然環 境分野におけるドローン活用」をテーマとしたセミナーを 7 月 23 日に開催する。


野生動物や自然環境の撮影・調査に有効活用

 自然環境分野でのドローン活用は、今まで人が近づくのが 困難だった場所へのアプローチを容易にし、陸上からは見る ことのできない視点での観察に有効な手段として広がり始め てる。
 本セミナーでは、すでにこの分野でドローンを活 用する2名の講師による事例紹介と、アマナグループの空撮 専門チーム「エアビジョン」が飛行のための実践ノウハウを知ることができる。最新のドローンを操縦、撮影できる体験会も 合わせて開催する。

自然環境分野でのドローン活用セミナー

日時 :2017 年7月 23 日(日)(開場 12:30)
場所 :アマナ海岸スタジオ 204st.(東京都港区海岸 3-9-18)
定員:50名
受講料:3,000 円(税込)
申込方法:アマナビ HP(http://amanabi.com/archives/6641)より申し込みフォームへ

プログラム :
13:00 〜 13:50  基調講演1:鳥類調査におけるドローンの活用事例 (神山和夫氏)
14:00 〜 14:50  基調講演2:環境保全におけるドローンの活用事例 (新村安雄氏)
15:00 〜 15:30  飛行規制と許諾取得について (アマナ airvision )
15:30 〜 15:50  ドローン操縦・撮影レクチャー (アマナ airvision )
16:00 〜 16:20  機 材 紹 介 ・ デ モ フ ラ イ ト (Inspire2/Phantom4 Pro/Mavic Pro を使用)
16:30 〜 19:00 体験会(自由参加)※使用機体 Phantom4 PRO

主催:株式会社アマナビ 、株式会社アマナ(ネイチャー&サイエンス)
講演:(公財)日本自然保護協会、(公財)WWF ジャパン、認定 NPO 法人バードリサーチ

■ 講演者紹介
・基調講演1「鳥類調査におけるドローンの活用事例」
神山 和夫(こうやま・かずお)氏
認定 NPO 法人 バードリサーチ理事
1966 年大阪生まれ、コロラド州立大学生物学部卒業。
2006 年から特定非営利活動法人バードリサーチ研究員・理事。 野鳥の参加型調査の実施とデータ分析を専門にしている。 共著に『ツバメ(田んぼの生きものたち)』(農山漁村文化協会)がある。
・基調講演2「環境保全におけるドローンの活用事例」
新村 安雄(にいむら・やすお)氏
フォトエコロジスト
1954 年生まれ。愛媛大学大学院で水域生態学を専攻。理学修士。リバーリバイバル研究所 主宰。リュウキュウアユ研究会、サツキマス研究会代表。 開発により変容する生き物と人々の生活をテーマに、長良川、琵琶湖、奄美大島、ラオス・メ コン川などをフィールドにして、カメラマンと研究者、環境コンサルタントとして活動中。環 境コンサルタントとして環境 NGO、行政と連携。河川構造物の分析、評価を行い、環境分析 のベースマップとして、また、「流れ」の分析などにドローンの可能性の高さを感じている。

・ドローン操縦・撮影レクチャー
airvision(エアビジョン) ドローン空撮の第一人者であり、「魔女の宅急便の実写版」「NHK 真田丸のタイト ルバック」「JR 東日本、レクサスの CM 撮影」など、大型ドローンを数多く飛ば してのプロの空撮で数多くの実績を持っています。
http://airvision.jp/

この記事のライター

関連するキーワード


アマナ アマナビ

関連する投稿


産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

ドローンを産業利用するにあたり、各分野におけるドローン活用の実態、市場参入に必要となる様々な知識、ドローン関連機材を含めたコストの考え方、法令関連など、ドローン関連情報を知ることができる。


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


amana drone seminar Vol.1「本当はどうなの?ドローンビジネス!」開催のお知らせ

amana drone seminar Vol.1「本当はどうなの?ドローンビジネス!」開催のお知らせ

アマナビでは「第1回 amana drone seminar」を開催する。


アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

アマナビ、ドローン空中写真測量基礎講座開催 品川、2月22日

ドローンを使用した3次元空中測量のノウハウを座学を通じて学ぶ。


アマナビ主催 JUIDA認定ライセンス取得講座 無料説明体験会|2月9日・2月17日

アマナビ主催 JUIDA認定ライセンス取得講座 無料説明体験会|2月9日・2月17日

株式会社アマナビ(アマナグループ)が主催する「JUIDA認定ライセンス取得講座」の無料説明会 & 体験会を開催suru 。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。