神奈川県大和市がNPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと災害時応援協定を締結

神奈川県大和市がNPO法人クライシスマッパーズ・ジャパンと災害時応援協定を締結

神奈川県大和市は、9月にNPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン(代表:青山学院大学 地球社会共 生学部 古橋大地教授)と「災害時応援協定」を締結する。


(C)NPO法人クライシスマッパーズ・ジャパン

 今回の協定は、大規模災害発生時に「ドローン」を活用する ことで市内の被災状況を広域に把握し、支援活動につなげることを目的としてる。締結については、8月27日に東京大学本郷キャンパスで開催された「第1回防災推進国 民大会」の中で、古橋教授により発表された。
 大和市は、平成26年11月に青山学院大学と「包括連携に関する協定」を締結。今回の協定もこの取り組みを進める中で締結する運びとなった。
 当協定によると災害が発生すると同法人はドローンを飛ばし、市内の被災地域を空撮する。 使用するドローンは事前にプログラミングされた自律飛行可能な固定翼型機を使う予定。固定翼機はマルチコプターに比べ高速かつ長時間飛行できるメリットがある。熊本地震の被災状況を調査するためすでに使用実績がある。
 撮影した静止画は、著作権フリーの地図である「オープンスト リートマップ」に被災状況などへ反映し、そのデータを市へ提供する。市はそのデータを受け取るとともに、市内の自主防災組織や支援団体などにも情報を流し、それぞれの救護活動に活用でき るようにする。自治体としてこのような取り組みの実施は全国初となる。
 締結式は9月20日(火)で、大木哲市長、古橋教授が出席して行われる。

■問合せ先■
大和市消防本部 警防課(消防本部2階) 山口(課長)・中丸(担当係長)
TEL:046(260)5776

この記事のライター

関連する投稿


仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

仙台市とノキアが連携協定 防災、減災でドローン含む最新技術を活用

 無線や通信インフラの大手、ノキア(フィンランド)の日本法人、ノキアソリューションズ&ネットワークス(東京)は、仙台市と「IT技術を活用したまちづくり」などで連携協定を結ぶことになり、10月17日、仙台市役所で締結式を行った。仙台市の防災・減災の取り組みにノキア側がドローンを含む最新技術を提供することなどで協力する。


高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

高層ビル街の防災にもドローン 工学院大など「チーム・新宿」が推進

 人口密集地や高層ビル街は、想定されるドローンの活用エリアとして少数派だ。その中にあって工学院大学などの取り組みは目立つ。同大学がキャンパスを構える東京・新宿駅周辺エリアの防災活動支援技術を開発する一環として、ドローンを取り入れる実験を展開しているのだ。2月には飛行実験を新宿の公園で実施。今後も実験と検証を重ねる。


東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

東京都あきる野市がDJIの災害対策ソリューションを活用、DJI Storiesで紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役:呉 韜)は、 東京都あきる野市(市長:澤井敏和)が、 自然災害に対応するため、 DJIの災害対策ソリューションを活用したと発表、 実際の訓練の状況や市職員の声を収録した活用事例動画DJI Stories「自動飛行で進化する災害対策」を公開した。


CLEAN GREEN FORUMが太陽光設備メンテナンスの基礎となるGISを学べるセミナー開催

CLEAN GREEN FORUMが太陽光設備メンテナンスの基礎となるGISを学べるセミナー開催

次世代IT・エネルギービジネスを担うCompowerの子会社CLEAN GREEN FORUMは、ドローンによる太陽光設備メンテナンスの基礎となるGISを基本から学べる「GIS for Drone Seminar〜GIS(地理情報)基礎コース」を6月30日に開催する。


消防庁の29年度新規研究課題に、理経の有線Droneを利用した研究が採択

消防庁の29年度新規研究課題に、理経の有線Droneを利用した研究が採択

消防庁による「消防防災科学技術研究推進制度」における平成29年度新規研究課題で理経(本社:東京都新宿区)の「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」が採択された。


最新の投稿


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。