セルフィードローン KIMON 国内販売開始

セルフィードローン KIMON 国内販売開始

ガジェット、バイクパーツの輸入および販売を行っている株式会社 禅インターナショナル(長野 県須坂市)は、セルフィーに特化したドローン 「KIMON (キモン)」 を今月から日本国内での販売を開始した。


フォローミーをはじめ多彩なセルフィー機能を搭載

■KIMONの特徴
1. 高画質1600万画素カメラ内蔵
KimonにはSONY製 1/2.3型1600万画素センサーのカメラが搭載され、最大4K@25fps の動画の撮影が可能。

2. 6つの屋外セルフィーモード+屋内モードで、かつてない空撮体験を実現 屋外モードはスタンダードセルフィー、360°C回転セルフィー、パノラマセルフィ―、フォ ローミーセルフィー、45°ビューティーセルフィー、シンプルセルフィーの6つのセルフィー を選べます。屋内モードではビジョンポジショニングシステムによりGPSが受信できない屋 内でもシンプルセルフィーの撮影ができる。

3. 小さいボディながら最大飛行時間15分&バッテリーはワンタッチで交換可能 Kimonは最大速度3m/s、最大下降速度1m/s、最大上昇速度1m/sで飛行します。小型なが ら最大飛行時間は15分。簡単にバッテリー交換が可能なので、スペアバッテリーさえ あれば充電を待たずに続けて飛行ができる。

4. スマホアプリで操作は簡単 iOS/Android専用の無料日本語アプリで簡単に直観的な操作が可能。ワン・タッチで離陸、 ホバリング、着陸、帰還を操作できる。女性や初心者にも使いやすいユーザーフレンドリー な設計。また写真、ビデオ、連写、スローモーション、セルフタイマーなど撮影モード も充実している。

5. 可愛くてコンパクト、チャーミングな外観で女性にもおすすめ 可愛くてチャーミングな見た目がとても印象的なKIMON。全部ホワイトとホワイト/ピンク の2色のカラーオプションが用意されている。
 またKimon自体小型でポータブルなのでバッ クパック等にも入れられ持ち運びも便利。

6. インテリジェントリターン機能搭載 ワン・タッチリターニングで機体は自動的に離陸位置(ホームポイント)に戻る。また 機体がバッテリー残量が25%未満になったことを検出すると自動的にリターンモードが起動 する。

カメラはSONY 1/2.3型1600万画素センサー搭載、動画は 4K@25FPS、飛行時間最大15分

■KIMONの概要
名称: KIMON(キモン) 空飛ぶセルフィーカメラ
発売開始日: 2017年7月3日
希望小売価格: 74,520円(税込)
本体サイズ(幅×高さ×奥行mm アーム展開時): 350 x 350 x 80 mm
本体重量: 566g(本体、バッテリー、プロペラ、プロペラガードを含む)
カメラ: SONY 1/2.3型1600万画素 視野角100°
静止画素数: 16M/12M/8M/5M
動画画素数: 4K@25FPS、1440P@30FPS(QuadHD)、1080P@60FPS(フルHD)、720P@120FPS(HD)
操作可能距離: 対応飛行高度:30m、対応飛行水平距離:50m
最大飛行時間: 約15分
操作方法: スマートフォンアプリ(iOS8.0以降/Android4.4以降 日本語対応済み)
付属品: 航空機本体、スマートバッテリー、プロペラ(2セット)、プロペラガード、充電器一式(世界 対応アダプターつき)、microSDカード(16GB SanDisc製)、保証書
カラー: 白/白、白/ピンク 計2色
オプションパーツ: バッテリー、プロペラ、プロペラガード
販売店: ビックカメラ様(http://www.biccamera.com/bc/item/3710129/) 
 Amazon様(https://www.amazon.co.jp/dp/B073R7HPCN)
日本オフィシャルサイト: http://www.zen-international.co.jp/kimon/

この記事のライター

関連するキーワード


KIMON 禅インターナショナル

最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。