許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

 ドローンのフライトに制限がある人口集中地区について、国土交通省は従来適用してきた平成22年度の国勢調査結果から、平成27年度の国勢調査結果に切り替えた。


 国交省「新たに加わった場所も」と注意喚起

 平成27年度国勢調査結果の適用に切り替えたのは6月24日で、国交省は「それまで人口集中地区でなかった場所でも新たに人口集中地区となっている場合がある」と注意を促している。
 ドローンを飛ばすルールは日本では2015年12月に導入されている。空港などの周辺や上空、地表または水面から150メートル以上の高さの空域に加え、人口集中地区の上空については、原則としてあらかじめ国交相の許可を受ける必要がある。

確認のための参考

・人口集中地区協会図について(総務省統計局)
http://www.stat.go.jp/data/chiri/1-3.htm

・e-Stat 政府統計の総合窓口
https://jstatmap.e-stat.go.jp/gis/nstac/

・jSTAT MAPによる人口集中地区の確認方法
http://www.mlit.go.jp/common/001128070.pdf

国土地理院地図「人口集中地区 H27年(総務省統計局)」
http://maps.gsi.go.jp/#8/35.561926/140.337103/&lcd=kokuarea&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=l

東京都の区部は人口集中地区に塗りつぶされている

この記事のライター

関連するキーワード


人口集中地区 国勢調査

最新の投稿


インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスが 「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018 〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」を発売

インプレスより「ドローンで撮影 四季の絶景カレンダー 2018〜鳥の目で地上を見た!日本の美しい風景〜」が全国の書店、量販店にて販売。


エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

エンルートラボがドローン用小型フライトデータレコーダーを開発

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市)は、機体トラブル等による墜落時に、 事故原因究明に有効なデータを記録できるとともに機体捜索に必要な機能を搭載したドローン用小型フライトデータレコーダーを開発したと発表した。


燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

燃料電池で約2時間の飛行を可能にしたJupiter-H2ドローンが登場

米国カリフォルニア州サンタモニカにあるFlightWave Aerospace Systems(フライトウェーブ・エアロスペース・システムズ)社は、9月6日に水素エネルギーで2時間の飛行を可能にするJupiter-H2(ジュピター・エイチツー)ドローンを発表した。


ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

ライオンズファシリティで「DJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 東京」 9月29日

これからドローンの購入をご検討されている個人・法人様へドローンフライト講習会・体験会を実施いたします。


ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

ドローン大学校、ドローンラボ、社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)、 株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、 株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)の3社は、 新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。