許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

許可申請が必要な「人口集中地区」 判断基準を「平成27年度国勢調査」に切り替え

 ドローンのフライトに制限がある人口集中地区について、国土交通省は従来適用してきた平成22年度の国勢調査結果から、平成27年度の国勢調査結果に切り替えた。


 国交省「新たに加わった場所も」と注意喚起

 平成27年度国勢調査結果の適用に切り替えたのは6月24日で、国交省は「それまで人口集中地区でなかった場所でも新たに人口集中地区となっている場合がある」と注意を促している。
 ドローンを飛ばすルールは日本では2015年12月に導入されている。空港などの周辺や上空、地表または水面から150メートル以上の高さの空域に加え、人口集中地区の上空については、原則としてあらかじめ国交相の許可を受ける必要がある。

確認のための参考

・人口集中地区協会図について(総務省統計局)
http://www.stat.go.jp/data/chiri/1-3.htm

・e-Stat 政府統計の総合窓口
https://jstatmap.e-stat.go.jp/gis/nstac/

・jSTAT MAPによる人口集中地区の確認方法
http://www.mlit.go.jp/common/001128070.pdf

国土地理院地図「人口集中地区 H27年(総務省統計局)」
http://maps.gsi.go.jp/#8/35.561926/140.337103/&lcd=kokuarea&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0&d=l

東京都の区部は人口集中地区に塗りつぶされている

この記事のライター

関連するキーワード


人口集中地区 国勢調査

最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。