セキドがDJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 横浜

セキドがDJI無料体験会 NEW PILOT EXPERIENCE in 横浜

ドローン購入前の方を対象としたプログラム


これからドローンの購入をご検討されている法人並び個人のお客様向けに無料体験会を実施致します。
8月の DJI New Pilot Experience 2017 は充実の2部制で開催!

~充実のデモンストレーション&フライト体験~
■ 話題の新製品 Spark、Inspire2、Phantom4 Pro Plus、Mavic Pro をご覧いただけます!
■ ヘッドマウントディスプレイ DJI Goggles もご体験いただけます!
■ 気になる機体で【午前/午後】選べるフライト体験!

※DJI Gogglesを装着しての操縦体験はできません。

【午前の部】受付:9:15~ / 体験会:9:30~12:00
●フライト体験:最新機種 Spark
操作はジェスチャーモード、送信機の2パターンをご体験頂き、それぞれの違いをお楽しみください!
●製品体験:DJI Goggles

【午後の部】受付:13:45~ / 体験会:14:00~16:30
●フライト体験:Phantom4 Pro Plus、Mavic Pro
プロフェッショナルにも人気の最新2機種をご体験いただけます!
●製品体験:DJI Goggles
●ドローン自動航行アプリケーション GS PRO のデモンストレーションをご覧頂けます!

※気象条件または機材状況により、別内容の体験フライト・デモンストレーションとなる場合がございます。
 予めご了承ください。
※フライト体験会の開催にあたり、東京航空局長による無人航空機の飛行承認を得たうえで運用を行っております。
(東空運第1056号、東空検第502号)

ジャンケン大会

イベントの最後にDJIオリジナルグッズ(非売品)が当たる
ジャンケン大会を開催致します。

対象者

これからドローンの購入をご検討されている法人並び個人のお客様。
※こちらのイベントはあくまでも購入前の方を対象とした内容となってます。

◆参加費用:無料
◆募集定員:各40名

注意事項

【服装について】
※下駄履き、サンダル、ハイヒールでの参加はご遠慮頂いております。
動きやすい服装、スニーカーでお越し下さい。

【雨天決行】
※室内会場を併設しているので、雨天による中止はございません。

【フライトについて】
※体験フライト対象者は18歳以上となります。
※フライト場所につきましては、グラウンドもしくは、体育館の何れかになります。
スタッフの案内に従って下さい。
※今回のフライト体験につきましてはお一人様1回づつご体験いただけます。
※この度の体験会に関しましては当社のデモ機以外をフライトさせる事についてはお断りしております。
※当日、ご自身の機体を持込みフライトする事は出来ません。また、修理受付等も対応しておりません。

【イベント全体の注意事項】
※イベント当日に関しましては、当社スタッフの指示に従ってください。
 万が一、従っていただけない場合は退場していただく事もございます。
※同業者の方のお申込みについてはお断りさせて頂いております。また、当日ご参加頂いたとしても入場出来ない場合が御座います。
※広報活動のための利用を目的とした、写真撮影・取材が入る場合がございます。予めご了承下さい。

【キャンセルについて】
※お申込みされてからキャンセルする場合は、必ず2日前までにご一報をお願いいたします。
キャンセル待ちされている方もいらっしゃいます。当日の都合がつかなくなった場合は早急にお知らせください。ご協力の程、何卒、宜しくお願い致します。

…この記事の続きを読む

情報提供元:株式会社セキド
https://www.sekido-rc.com/?mode=f61

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 体験会

関連する投稿


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。