米AkitaBoxとPrecisionHawkがビル設備管理のドローン活用で連携

米AkitaBoxとPrecisionHawkがビル設備管理のドローン活用で連携

6月26日。米国ウィスコンシン州のソフトウェア企業AkitaBox(アキタボックス)は、同社の提供するクラウド上のビル管理ソフトウェアで、ドローン ソリューション ベンダーのPrecisionHawk(プレシジョンホーク)とパートナーシップを結ぶと発表した。


建物の施設情報を視覚化するAkitaBoxとドローンの協力関係

AkitaBoxの主な特長

 AkitaBokはビルなどの建物に関する総合的な施設を管理するソフトウェアを提供している。同社によれば、ビルの建設にかかるコストの約3倍も、施設などの維持管理に費やされているという。同社のソフトウェアは、建物の施設情報を視覚化し、保守管理の効率やコストの改善に役立つ。このAkitaBokに取り入れる建物の情報のひとつに、ドローンで撮影したデータを連携させる目的で、同社はPrecisionHawkと提携した。
 AkitaBokのCharlie Jurgens氏が6月26日に公開したブログによれば、両社の提携は「バットマンとロビンのような協力関係だ」という。また、AkitaBoxの共同設立者のLuke Perkerwicz氏は「ドローンによる建物外部の検査は先進的な取り組みです。PrecisionHawkは、ドローン技術のマーケットリーダーであり、このパートナーシップにより、顧客に実用的な施設データをより迅速に提供できる機会が得られます」と話す。
 ドローンを施設管理で活用すると、建物の屋上や敷地のデータ収集を自動化できる。ドローンによる2D/3Dマッピングや面積測定が容易になり、サーマルイメージや建物の容量なども測定できる。PrecisionHawkの建設担当副社長であるJeff Freund氏は「PrecisionHawkのドローンとAkitaBoxの堅牢なソフトウェアを組み合わせることで、建物の管理方法は変わるでしょう。大量のデータを利用できるようになると、よりスマートな意思決定が可能になります。また、屋根に検査員が乗るための足場を構築する必要がなくなり、より安全な検査にもつながります」と話す。建物の屋根の検査では、技術者が実際に歩いてデータを収集している。ドローンを使うことで危険な屋上での作業が不要になり、数分で検査が完了する。結果として、コストの削減と検査員の安全性の向上につながる。そしてドローンと施設管理ソフトウェアを連携させることで、資産マッピングと建物の検査が統合され、施設の積極的なメンテナンスの効率化にも貢献する。

実験を行ったAkitaBokとPrecisionHawkのメンバー
左から:Chris and Nick(Pilot Extraordinaires)、Manny(保険エンタープライズセールス - PrecisionHawk)、Charlie(マーケティングコンテンツリード - AkitaBox)、Jeff(VP Construction- PrecisionHawk)

この記事のライター

関連する投稿


米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国ノースカロライナ州 - 2018年2月8日 - 企業向けドローンの大手プロバイダーPrecisionHawk Inc. は、Droners.ioとAirVidの買収を発表した。買収により、同社は15,000を越えるドローンパイロットのネットワークを形成する。


新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

米国でドローンを活用したサービスを提供するPrecisionHawk(プレシジョンホーク)社は、新しい市場にドローンのサービスを拡大するために、5つのサービスパッケージを9月7日、発表した。


米PrecisionHawk社がマッピング用ソフトを無料で提供

米PrecisionHawk社がマッピング用ソフトを無料で提供

米国でドローンによる測量やリモートセンシングなどのソリューションを展開しているPrecisionHawk社(本社:米国、CEO:Michael Chasen)が、ドローンで撮影した画像データをマッピングし3Dモデルなどを作成できるPrecisionMapperを無料で提供する。


Japan Drone 2017速報・DJIブースにあった注目すべき参考出品ドローン

Japan Drone 2017速報・DJIブースにあった注目すべき参考出品ドローン

Japan Drone 2017のDJIブースは、初披露となったMATRICE 200の他にも、農薬散布用ドローンのAGRAS MG-1など、業務用モデルが数多く展示されていた。その中でも、注目すべき参考出品がいくつかあった。


米国のドローン市場を左右する重要人物たち

米国のドローン市場を左右する重要人物たち

米国のドローンメディアのdronelife.comは、2017年2月に「ドローン産業で影響力のある人物」というテーマの記事を掲載した。


最新の投稿


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。