ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


ドローン競技会で、ドローンによる有害鳥獣対策の技術・技能の向上を図る

 地域活性化及び地域課題の解決にドローンを活 用していく指針を定めている長野県伊那市(市長:白鳥孝)と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社の3者は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催すると発表した。
 当イベントでは「ドローン空撮体験会」 や「最新技術デモンストレーション」、「鹿検知コンペティション」、「ローカル MICE(シンポジウム、ビジネスマッチング)」、「子ど も対象のドローン体験ゲーム大会」などを行う。
 メインイベントととなる「鹿検知コンペティション」実施の背景には、伊那市において野生鳥獣による農林業被害の中でも特にニホンジカによる被害が大きく、その対応は喫緊 の課題となっていることが挙げられる。
 ドローンの活用によりニホンジカの検知が効 率化されることは、全国的な有害鳥獣の被害防止につながる。今回、技術・技能の向 上を目的としてコンペティションを実施するとともに、参加チ ームの募集が開始された。

「鹿検知コンペティション」の概要

1.実施期間
2017年10月19日(木)~10月20日(金)の2日間
※表彰式・結果発表会を 21 日(土)に高遠さくらホテルで実施

2.実施会場
長野県伊那市 鹿嶺(かれい)高原 (長野県伊那市長谷非持3817-1)

3.参加費
参加費無料 ※各参加チームに参加賞として 12 万円を支給する。
研究開発費をはじめとする準備運営費用に充てることができる。

4.競技ルール
○鹿嶺高原における指定エリア(約 700 メートル×200 メートル)に設置した鹿ダミーについて、ドローンを活用 していかに正確に速く検知できるかを競う。
○ドローンの飛行方法は、原則、自律飛行で行う。
○検知の方法や使用する機器は自由。

<鹿ダミーの特徴>
○鹿ダミーは木製で、特定の色の布を被せ、周囲より高い温度を発している。
○鹿ダミーのサイズ・色は統一する。サイズや色情報、発熱方法、温度等の詳細データについては、
事前に参加チームに知らせる。

5.募集チーム数
15チーム以内(先着順にて受付ける/参加受付には一定の審査がある)
※参加資格は、複数名のメンバーにより構成される団体のみとする。

6.賞金
優勝(市長賞) 100万円
2位       50万円
3位       30万円
特別賞(新産業技術推進協議会長賞) 20万円
参加賞 (各参加チームに)12万円
※特別賞はユニークな技術を活用して検知を試みたチームに対し贈賞いたします。

7.詳細・申込方法
特設サイトを通じて告知する。  URL:http://www.dronefes-inavalley.jp
※上記「鹿検知コンペティション」概要は事前の予告なく変更させていただく場合がある。変更点はその都度特設サイトにて知らせる。

参考: 「ドローン・フェスinINAValley」の全体概要

 伊那市は新産業技術推進協議会を設置し、官民協働により、IoT を活用した地域課題解決及び事業創 出の推進を図っている。「ソフトウェアのシリコンバレー」、「ハードウェアの深セン」に続く 「IoT の INA Valley」として、第三極のテクノロジー集積地を目指すことをコンセプトに、ドローンを 活用した技術開発及び事業展開を目指し、本イベントを実施する。
当イベントの全体概要は以下のとおり。
※以下のコンテンツは全て予定で、当日までに変更・中止となる場合がある。

◆主 催:伊那市
◆全体監修:一般社団法人日本UAS産業振興協議会
◆企画運営:ブルーイノベーション株式会社

この記事のライター

関連する投稿


ブルーイノベーションと日水コンがドローンによる老朽下水管の点検・調査の試行サービスを横浜市で今秋開始

ブルーイノベーションと日水コンがドローンによる老朽下水管の点検・調査の試行サービスを横浜市で今秋開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長CEO:熊田貴之 )と株式会社日水コン(東京都新宿区、代表取締役社長:野村喜一)は、国内初となる、「ドローンによる老朽下水管きょの点検・調査」試行サービスを今秋からスタートすると発表した。


「JUIDA創立3周年記念セミナー」7月10日開催 参加者募集

「JUIDA創立3周年記念セミナー」7月10日開催 参加者募集

JUIDAは創立3周年を記念して、「ドローンを活用した新たな社会サービスの創出に向けて」というテーマで3周年記念セミナーを7月10日に開催する。


アマナドローンスクール、7月の体験説明会開催 JUIDAライセンス取得講座 (予約制)

アマナドローンスクール、7月の体験説明会開催 JUIDAライセンス取得講座 (予約制)

JUIDAライセンス取得講座説明会(先着60名様募集中)&ドローン体験会(先着30名様)


【D-ACADEMY関東埼玉】第9期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

【D-ACADEMY関東埼玉】第9期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

無人航空機(ドローン)に関わる基本知識(法律・気象など)を学び、ドローンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。


【D-ACADEMY関東埼玉】第8期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース) について

【D-ACADEMY関東埼玉】第8期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース) について

無人航空機(ドローン)に関わる基本知識(法律・気象など)を学び、ドローンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。