ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


ドローン競技会で、ドローンによる有害鳥獣対策の技術・技能の向上を図る

 地域活性化及び地域課題の解決にドローンを活 用していく指針を定めている長野県伊那市(市長:白鳥孝)と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社の3者は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催すると発表した。
 当イベントでは「ドローン空撮体験会」 や「最新技術デモンストレーション」、「鹿検知コンペティション」、「ローカル MICE(シンポジウム、ビジネスマッチング)」、「子ど も対象のドローン体験ゲーム大会」などを行う。
 メインイベントととなる「鹿検知コンペティション」実施の背景には、伊那市において野生鳥獣による農林業被害の中でも特にニホンジカによる被害が大きく、その対応は喫緊 の課題となっていることが挙げられる。
 ドローンの活用によりニホンジカの検知が効 率化されることは、全国的な有害鳥獣の被害防止につながる。今回、技術・技能の向 上を目的としてコンペティションを実施するとともに、参加チ ームの募集が開始された。

「鹿検知コンペティション」の概要

1.実施期間
2017年10月19日(木)~10月20日(金)の2日間
※表彰式・結果発表会を 21 日(土)に高遠さくらホテルで実施

2.実施会場
長野県伊那市 鹿嶺(かれい)高原 (長野県伊那市長谷非持3817-1)

3.参加費
参加費無料 ※各参加チームに参加賞として 12 万円を支給する。
研究開発費をはじめとする準備運営費用に充てることができる。

4.競技ルール
○鹿嶺高原における指定エリア(約 700 メートル×200 メートル)に設置した鹿ダミーについて、ドローンを活用 していかに正確に速く検知できるかを競う。
○ドローンの飛行方法は、原則、自律飛行で行う。
○検知の方法や使用する機器は自由。

<鹿ダミーの特徴>
○鹿ダミーは木製で、特定の色の布を被せ、周囲より高い温度を発している。
○鹿ダミーのサイズ・色は統一する。サイズや色情報、発熱方法、温度等の詳細データについては、
事前に参加チームに知らせる。

5.募集チーム数
15チーム以内(先着順にて受付ける/参加受付には一定の審査がある)
※参加資格は、複数名のメンバーにより構成される団体のみとする。

6.賞金
優勝(市長賞) 100万円
2位       50万円
3位       30万円
特別賞(新産業技術推進協議会長賞) 20万円
参加賞 (各参加チームに)12万円
※特別賞はユニークな技術を活用して検知を試みたチームに対し贈賞いたします。

7.詳細・申込方法
特設サイトを通じて告知する。  URL:http://www.dronefes-inavalley.jp
※上記「鹿検知コンペティション」概要は事前の予告なく変更させていただく場合がある。変更点はその都度特設サイトにて知らせる。

参考: 「ドローン・フェスinINAValley」の全体概要

 伊那市は新産業技術推進協議会を設置し、官民協働により、IoT を活用した地域課題解決及び事業創 出の推進を図っている。「ソフトウェアのシリコンバレー」、「ハードウェアの深セン」に続く 「IoT の INA Valley」として、第三極のテクノロジー集積地を目指すことをコンセプトに、ドローンを 活用した技術開発及び事業展開を目指し、本イベントを実施する。
当イベントの全体概要は以下のとおり。
※以下のコンテンツは全て予定で、当日までに変更・中止となる場合がある。

◆主 催:伊那市
◆全体監修:一般社団法人日本UAS産業振興協議会
◆企画運営:ブルーイノベーション株式会社

この記事のライター

関連する投稿


キヤノンオンラインショップでアマナドローンスクールが展開するJUIDA認定ライセンス取得パックの販売開始

キヤノンオンラインショップでアマナドローンスクールが展開するJUIDA認定ライセンス取得パックの販売開始

キヤノンマーケティングジャパン株式会社が運営するドローンスクール「アマナドローンスクール」のJUIDA※認定ライセンス取得パック2商品を、キヤノンオンラインショップで9月10日から販売開始した。


東急リバブル、ドローンを活用した一戸建の屋根上検査を開始

東急リバブル、ドローンを活用した一戸建の屋根上検査を開始

東急リバブル株式会社(東京都渋谷区)は、全国の売買仲介店舗にて展開している「リバブルあんしん仲介保証(建物保証)」において、ドローン利用によるデジタル技術を活用した屋根上検査を開始した。


長野県伊那市が日本初の河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築に向け実証を開始

長野県伊那市が日本初の河川上空を幹線航路とする新たなドローン物流システム構築に向け実証を開始

長野県伊那市 (白鳥 孝市長) は、平成28年度以降国土交通省が伊那市で実施してきた中山間地域での実験を深化させ、国内の行政として初めてドローンによる物流の事業化を目指し、伊那市ドローン物流プロジェクトを開始すると発表した。


JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

一般社団法人日本UAS産業振興協議会は、8月10日〜12日、東京都江東区有明の東京臨海広域公園で開かれた「第5回有明防災フェア」に協力・出展し、チームはちどりによるミニドローン体験会やブルーイノベーションの点検ドローン「ELIOS」のデモフライトを行った。


JUIDA創立4周年、記念セミナーでドローンへのAIシステム実装がもたらす移動革命について講演

JUIDA創立4周年、記念セミナーでドローンへのAIシステム実装がもたらす移動革命について講演

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、「JUIDA創立4周年記念セミナー」を7月26日、東京大学で開催し、鈴木真二JUIDA理事長、国土交通省 航空局 安全部 安全企画課 無人航空機企画調整官の徳永博樹氏、(株)スペースメディアジャパン 代表取締役社長の管埜寛之氏がそれぞれ講演した。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。