ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

ドローン・フェス in INA Valleyの「ドローンによる鹿検知コンペティション」参加チームの募集開始

長野県伊那市と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催、メインイベントである「鹿検知コンペティション」への参加チ ームの募集を開始する。


ドローン競技会で、ドローンによる有害鳥獣対策の技術・技能の向上を図る

 地域活性化及び地域課題の解決にドローンを活 用していく指針を定めている長野県伊那市(市長:白鳥孝)と一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社の3者は、10 月18 日~21日に「ドローン・フェス in INA Valley」を開催すると発表した。
 当イベントでは「ドローン空撮体験会」 や「最新技術デモンストレーション」、「鹿検知コンペティション」、「ローカル MICE(シンポジウム、ビジネスマッチング)」、「子ど も対象のドローン体験ゲーム大会」などを行う。
 メインイベントととなる「鹿検知コンペティション」実施の背景には、伊那市において野生鳥獣による農林業被害の中でも特にニホンジカによる被害が大きく、その対応は喫緊 の課題となっていることが挙げられる。
 ドローンの活用によりニホンジカの検知が効 率化されることは、全国的な有害鳥獣の被害防止につながる。今回、技術・技能の向 上を目的としてコンペティションを実施するとともに、参加チ ームの募集が開始された。

「鹿検知コンペティション」の概要

1.実施期間
2017年10月19日(木)~10月20日(金)の2日間
※表彰式・結果発表会を 21 日(土)に高遠さくらホテルで実施

2.実施会場
長野県伊那市 鹿嶺(かれい)高原 (長野県伊那市長谷非持3817-1)

3.参加費
参加費無料 ※各参加チームに参加賞として 12 万円を支給する。
研究開発費をはじめとする準備運営費用に充てることができる。

4.競技ルール
○鹿嶺高原における指定エリア(約 700 メートル×200 メートル)に設置した鹿ダミーについて、ドローンを活用 していかに正確に速く検知できるかを競う。
○ドローンの飛行方法は、原則、自律飛行で行う。
○検知の方法や使用する機器は自由。

<鹿ダミーの特徴>
○鹿ダミーは木製で、特定の色の布を被せ、周囲より高い温度を発している。
○鹿ダミーのサイズ・色は統一する。サイズや色情報、発熱方法、温度等の詳細データについては、
事前に参加チームに知らせる。

5.募集チーム数
15チーム以内(先着順にて受付ける/参加受付には一定の審査がある)
※参加資格は、複数名のメンバーにより構成される団体のみとする。

6.賞金
優勝(市長賞) 100万円
2位       50万円
3位       30万円
特別賞(新産業技術推進協議会長賞) 20万円
参加賞 (各参加チームに)12万円
※特別賞はユニークな技術を活用して検知を試みたチームに対し贈賞いたします。

7.詳細・申込方法
特設サイトを通じて告知する。  URL:http://www.dronefes-inavalley.jp
※上記「鹿検知コンペティション」概要は事前の予告なく変更させていただく場合がある。変更点はその都度特設サイトにて知らせる。

参考: 「ドローン・フェスinINAValley」の全体概要

 伊那市は新産業技術推進協議会を設置し、官民協働により、IoT を活用した地域課題解決及び事業創 出の推進を図っている。「ソフトウェアのシリコンバレー」、「ハードウェアの深セン」に続く 「IoT の INA Valley」として、第三極のテクノロジー集積地を目指すことをコンセプトに、ドローンを 活用した技術開発及び事業展開を目指し、本イベントを実施する。
当イベントの全体概要は以下のとおり。
※以下のコンテンツは全て予定で、当日までに変更・中止となる場合がある。

◆主 催:伊那市
◆全体監修:一般社団法人日本UAS産業振興協議会
◆企画運営:ブルーイノベーション株式会社

この記事のライター

関連する投稿


2017.10.18-21開催!「ドローン・フェス in INA Valley 」

2017.10.18-21開催!「ドローン・フェス in INA Valley 」

ドローンに関する技術開発及び事業展開の支援を本格的に推進する第一歩目のスタートとして、ドローン総合イベント『ドローン・フェスin INA Valley』(10月18日~21日)を実施いたします。全国の皆様のご参加を心よりお待ちしております。



【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

【Dアカデミー北陸・金沢校】JUIDA認定スクール 10月度(i-construction対応・土日コース)10月7日(土)~

当スクールはドローンに必要な専門知識を専属講師が基礎から教えます。


【D-ACADEMY関東埼玉】第12期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

【D-ACADEMY関東埼玉】第12期 JUIDA認定スクール (i-construction対応4日間コース)

無人航空機(ドローン)に関わる基本知識(法律・気象など)を学び、ドローンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。初心者でも分かり易く講師が教えますので安心してお申し込み下さい。


クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

クラウドによる遠隔操作に対応した物流用ドローンポートシステムの検証実験

国土交通省の総合政策局物流政策課 技術政策課とブルーイノベーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:熊田貴之)は、長野県伊那市長谷地区にある道の駅南アルプスむら長谷と長谷高齢者専用住宅で、物流用ドローンポートシステムの検証実験を9月6日、実施した。


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。