「空の産業革命、第二幕を迎えて」  JUIDAの創立2周年記念セミナーから

「空の産業革命、第二幕を迎えて」  JUIDAの創立2周年記念セミナーから

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が、創立2周年を記念して開催したセミナーは、「無人航空機(UAS)の世界動向」をテーマに掲げた。最新の調査報告や国際会議の参加報告が披露されることから、JUIDA会員や業界関係者、関心層が会場に詰めかけ、登壇者の話に耳を傾けた。


欧州を中心に標準化の進むドローンの世界動向

 セミナーは2016年7月12日、東京・日本橋で開催された。
 冒頭、挨拶に登壇した鈴木真二理事長は、創立2周年を迎えたJUIDAが、国際会議に招聘されて、日本の状況を講演するなど、各国の関係者と積極的な情報交換を行っている現状を報告した。また、2016年6月には、中国深センで国際的なドローンのコンベンションが開催され、米連邦航空局(FAA)が商用の小型無人航空機に対する規制を発表し、RPAS2016やISO TC20/SC16などの国際会議が、欧州や中国で開催されている動向を説明した。
 鈴木氏に続いて登壇した中村裕子参与は、「欧州を中心に:政策・管理システム・標準化・アプリケーションの世界動向」と題した講演を行った。
 中村氏は、東京大学総括プロジエクト機構航空イノベーション総括寄付講座の特任助教で、2009年より東京大学に勤務して、日本の航空機産業の競争力向上のために活動している。2015年の夏からは、JUIDAの参与として各国のドローン規制の比較やカンファレンスの企画などに取り組んでいる。講演の中で中村氏は、欧州が150kg以下のドローンに関する規制を各国で統一する動きがあると報告した。具体的には、20〜25kgを前後に2〜4カテゴリ別に規制するなどの案が検討されているという。また、欧州安全航空局(EASA)では、産業の発展と安全の確保を調和させるために、Open(公開)とSpecified(特例)とCertified(認証)の3レベルに分類するリスクベースのアプローチを推進していると報告した。
 「今後の欧州のロードマップは、各国の航空安全局と協調していくだけではなく、事業としての成功や投資を促進するための研究、都市部での安全な環境規制やコンセプト作りに取り組んでいく計画です。また、安全のために、規則順守の啓蒙活動や法務機関との連携も推進すると発表しています」(中村氏)
 欧州の動向に加えて、世界でもドローンを取り巻く標準化の活動が盛んになっている様子が紹介され、安全でセキュアな運用の確立と、共通性を増やしてドローンの機能や可能性を広げる市場の重要性が伝えられた。

中国・深センのドローンビジネス事情と国際的な標準化の動向

二つ目の講演には、ブルーイノベーション株式会社の熊田貴之代表取締役社長が登壇し、先に中国の深センで行われた国際ドローンフォーラムの様子を紹介し、深センを中心とした中国のドローン市場についての報告が行われた。
「深センの国際ドローン展覧会には、110社余りの出展があり、約200機のドローンが展示されていました。日本からは、JUIDAの千田泰弘副理事長が参加して、現地で講演を行いました」と熊田氏は話す。
展覧会に展示されていた産業用ドローンは、警備やセキュリティ用途、消防用、農薬散布、計測用などに分類され、公安や政府機関が積極的に購入しているという。公安向けのドローンの中には、車に取り付けられた発射台からドローンを打ち出すものもあり、捜索などに活用されている。
「展示機の中には、ペイロード15kgで5時間の飛行が可能なドローンや固定翼タイプのドローンも数多く展示されていました」と熊田氏。
展覧会の報告に加えて、中国メーカーのDJIを視察した様子や、ファーチャンペーという深セン市内の秋葉原のような街の上空を規制されていないドローンが普通に飛行している様子などが紹介された。
最後に、JUIDAの千田泰弘副理事長が登壇し、「ドローンの国際標準化の動き」について講演した。千田氏は、国際標準化機構(ISO)が、UASの標準化作業に取り組んでいる経緯を説明し、現在は3つのワーキンググループが英国や米国がリーダーとなって推進している状況を報告した。
「2年以内には、バッテリーやIDシステムにリスク低減技術や飛行制御センサーなどの標準化を目指しています。また、3〜5年以内には、ペイロードや電波干渉にナビゲーションなどの標準化も計画しています」と千田氏は話した。
深センの展示会のレポートは、JUIDAのサイトに掲載されている。

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

JUIDA認定ドローンパイロット、国会議員第1号誕生 藤丸敏議員に認定証授与

衆議院議員第二議員会館で、13日、JUIDAの認定資格の「操縦技能」と「安全運航管理者」の修了証授与式が行われ、鈴木真二理事長から藤丸敏(さとし)衆院議員に修了証が渡された。


ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

ジドコン、会員向けセミナー開催 千田副理事長「次世代ドローンの時代に入った」

 自動車学校が参加するドローンスクールネットワーク、全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)は9日、都内で会員向けのセミナーを開催した。


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


セキドがドローン測量に必要な知識を学べる DJI GS PRO セミナー 〜測量フライト基礎〜東京を皮切りに5大都市で開催

セキドがドローン測量に必要な知識を学べる DJI GS PRO セミナー 〜測量フライト基礎〜東京を皮切りに5大都市で開催

DJI社 正規代理店である、株式会社 セキド(東京都国立市)は、測量フライト基礎DJI GS PRO セミナーを東京を皮切りに5大都市で開催する。


産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

ドローンを産業利用するにあたり、各分野におけるドローン活用の実態、市場参入に必要となる様々な知識、ドローン関連機材を含めたコストの考え方、法令関連など、ドローン関連情報を知ることができる。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。