「空の産業革命、第二幕を迎えて」  JUIDAの創立2周年記念セミナーから

「空の産業革命、第二幕を迎えて」  JUIDAの創立2周年記念セミナーから

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が、創立2周年を記念して開催したセミナーは、「無人航空機(UAS)の世界動向」をテーマに掲げた。最新の調査報告や国際会議の参加報告が披露されることから、JUIDA会員や業界関係者、関心層が会場に詰めかけ、登壇者の話に耳を傾けた。


欧州を中心に標準化の進むドローンの世界動向

 セミナーは2016年7月12日、東京・日本橋で開催された。
 冒頭、挨拶に登壇した鈴木真二理事長は、創立2周年を迎えたJUIDAが、国際会議に招聘されて、日本の状況を講演するなど、各国の関係者と積極的な情報交換を行っている現状を報告した。また、2016年6月には、中国深センで国際的なドローンのコンベンションが開催され、米連邦航空局(FAA)が商用の小型無人航空機に対する規制を発表し、RPAS2016やISO TC20/SC16などの国際会議が、欧州や中国で開催されている動向を説明した。
 鈴木氏に続いて登壇した中村裕子参与は、「欧州を中心に:政策・管理システム・標準化・アプリケーションの世界動向」と題した講演を行った。
 中村氏は、東京大学総括プロジエクト機構航空イノベーション総括寄付講座の特任助教で、2009年より東京大学に勤務して、日本の航空機産業の競争力向上のために活動している。2015年の夏からは、JUIDAの参与として各国のドローン規制の比較やカンファレンスの企画などに取り組んでいる。講演の中で中村氏は、欧州が150kg以下のドローンに関する規制を各国で統一する動きがあると報告した。具体的には、20〜25kgを前後に2〜4カテゴリ別に規制するなどの案が検討されているという。また、欧州安全航空局(EASA)では、産業の発展と安全の確保を調和させるために、Open(公開)とSpecified(特例)とCertified(認証)の3レベルに分類するリスクベースのアプローチを推進していると報告した。
 「今後の欧州のロードマップは、各国の航空安全局と協調していくだけではなく、事業としての成功や投資を促進するための研究、都市部での安全な環境規制やコンセプト作りに取り組んでいく計画です。また、安全のために、規則順守の啓蒙活動や法務機関との連携も推進すると発表しています」(中村氏)
 欧州の動向に加えて、世界でもドローンを取り巻く標準化の活動が盛んになっている様子が紹介され、安全でセキュアな運用の確立と、共通性を増やしてドローンの機能や可能性を広げる市場の重要性が伝えられた。

中国・深センのドローンビジネス事情と国際的な標準化の動向

二つ目の講演には、ブルーイノベーション株式会社の熊田貴之代表取締役社長が登壇し、先に中国の深センで行われた国際ドローンフォーラムの様子を紹介し、深センを中心とした中国のドローン市場についての報告が行われた。
「深センの国際ドローン展覧会には、110社余りの出展があり、約200機のドローンが展示されていました。日本からは、JUIDAの千田泰弘副理事長が参加して、現地で講演を行いました」と熊田氏は話す。
展覧会に展示されていた産業用ドローンは、警備やセキュリティ用途、消防用、農薬散布、計測用などに分類され、公安や政府機関が積極的に購入しているという。公安向けのドローンの中には、車に取り付けられた発射台からドローンを打ち出すものもあり、捜索などに活用されている。
「展示機の中には、ペイロード15kgで5時間の飛行が可能なドローンや固定翼タイプのドローンも数多く展示されていました」と熊田氏。
展覧会の報告に加えて、中国メーカーのDJIを視察した様子や、ファーチャンペーという深セン市内の秋葉原のような街の上空を規制されていないドローンが普通に飛行している様子などが紹介された。
最後に、JUIDAの千田泰弘副理事長が登壇し、「ドローンの国際標準化の動き」について講演した。千田氏は、国際標準化機構(ISO)が、UASの標準化作業に取り組んでいる経緯を説明し、現在は3つのワーキンググループが英国や米国がリーダーとなって推進している状況を報告した。
「2年以内には、バッテリーやIDシステムにリスク低減技術や飛行制御センサーなどの標準化を目指しています。また、3〜5年以内には、ペイロードや電波干渉にナビゲーションなどの標準化も計画しています」と千田氏は話した。
深センの展示会のレポートは、JUIDAのサイトに掲載されている。

この記事のライター

関連する投稿


JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行える「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)と「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内4カ所となった。


JUIDA認定ドローン技能訓練校(Dアカデミー関東群馬校)4日間講習

JUIDA認定ドローン技能訓練校(Dアカデミー関東群馬校)4日間講習

JUIDA認定プロフェッショナル養成コース/JUIDA認定操縦技能コース


セキドが測量フライト基礎 - DJI GS PRO セミナー in 東京 11月28日【ドローン自動航行検定付】

セキドが測量フライト基礎 - DJI GS PRO セミナー in 東京 11月28日【ドローン自動航行検定付】

ドローン測量フライトにフォーカスした充実のセキドオリジナルセミナー。


北海道ドローン協会がドローン活用セミナー [ドローン導入から運用に向けてのロードマップ] 11月7日開催

北海道ドローン協会がドローン活用セミナー [ドローン導入から運用に向けてのロードマップ] 11月7日開催

北海道ドローン協会は、昨年Digital北海道研究会主催で開催していた「ドローン技術講習会」の内容を一部変更して座学のみの講習会を2017年11月より毎月1回札幌にて開催致します。


セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

ドローンをビジネスに活用検討しているお客様向けに、DJI販売代理店である株式会社セキドによる「ドローンのビジネス活用セミナー」を行います。また同時に、空撮映像をリアルタイムで目の前で確認できるエプソンのスマートグラスBT-300とドローンのデモンストレーションを体験いただきます


最新の投稿


ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

株式会社ORSOは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 水中ドローン「BlueROV2」の無料体験会を、 2017年12月1日(金)千葉県 市川マリンセンターにて開催する。


NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。