エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減

 NEDO事業の成果を活用してエアロセンス株式会社(東京都文京区)は、建設現場での測量工数とデータ後処理工 数の削減を目指し、GPS付き対空標識「エアロボマーカー、製品名:AEROBO®(エアロボ)マー カー」を開発した。これを建設現場に導入することで、これまで手間が掛かっていた測量工数を省き、簡単に座標標識を設けることができるようになった。
 さらに同社では、「エアロボマーカー」とドローンによる測量、クラウドデータ処理を 統合したパッケージシステム「エアロボ測量2.0」を開発し、レンタル・販売予約を7月より開始する。今後は、建設現場などへの導入をすすめ、建設生産システム全体の生産性向上を図る。

1.概要

 これまでは国交省の推進するi-Construction基準に 沿った測量の精度を出すため、現場にマーカーを設置し、そのマーカーを別途測量する必要があった。NEDOは、さらなる技術シーズの発掘・育成や技術課題の解決を目的とし、IoT社会の実現に関連する周辺技術や技術課題の研究開発を推進するため、2016年7月、経済産業省およびIoT推進ラボの第2 回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」で、同社が選定され、同会議の支援機関の1つである NEDOの事業に「安全・簡便・高精度な3Dモデル化オペレーションの実現」というテーマ名で採択された。

 同社は、新たにNEDO事業で開発した①GPSマーカー、②GPSマーカーの制御ソフト、③高精度測位アルゴリズムの成果を活用したGPS付きマーカー(3Dモデルを補正するための対空標識、 製品名名:AEROBO®(エアロボ)マーカー)を従来のドローンとクラウドデータ処理を統合し た「エアロボ測量」システムに加えて、位置情報と3Dモデルとの対応処理を自動化させた「エアロボ測量 2.0」を開発した。

 「エアロボ測量2.0」は、エアロボマーカーを現場に置くだけでドローン飛行中にエアロボマーカー自体 の位置を高精度に測位することができる。さらに独自のクラウド後処理と組み合わせ、建設現場での測量工数とデータ 後処理工数を削減できるシステムとなっている。土木・建設業界では人手不足など、社会課題の解決に活用が 期待され、建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図る。
なお、エアロセンスは、「エアロボ測量2.0」を7月19日(水)から21日(金)に東京ビッグサイトで 開催されるメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017:i-Construction 特集展示会で公開する。また、7月より「エアロボ測量2.0」のレンタル・販売予約を受け付けるとしている。

2.今回の成果

 同社は、GPS測位機能を搭載したエアロボマーカーを開発し、そのマーカー位置情報と3Dモ デルとの対応処理を自動化させ、i-Construction基準に沿ったドローン測量をより簡便にできるようにし、トータルシステムを開発・提供する。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO IoT推進部 担当:千田、山下、大宮  TEL:044-520-5211
エアロセンス(www.aerosense.co.jp)  TEL:03-4405-8535
E-mail:contactus@aerosense.co.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部 担当:坂本、髙津佐、藤本
TEL:044-520-5151
E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

5月23日から東京ビッグサイトで開催されたIDE TOKYO ドローンソリューション&技術展に、最新のドローン関連技術が出展された。


エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー:GPS 搭載対空標識)について、破損等を補償する 保険の提供を開始した。エアロボマーカーの業務使用等に際して 生じる機器の損壊リスクに対応した保険を、東京海上日動火災保険株式会社と組成した。


エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、2016 年 3 月より量産モデルとして提供してきた産業用ドローン AEROBO® 「AS-MC02-P」の後継機にあたる「AS-MC03」を 開発し、5 月より販売を開始すると発表した。


道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売しているAEROBO® Marker(エアロボマーカー)とAEROBO® Cloud(エアロボクラウド)が、株式会社NIPPO(東京都中央区)が取り組んでいるICT舗装に採用。


最新の投稿


【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

【慶大×田村市】「コンソーシアムたむら」会員向けに飛行体験会 実機に触れ活用推進を

 慶大との包括連携協定に基づきドローン活用に力を入れる福島県田村市の活用推進団体、ドローンコンソーシアムたむらは22日、市内の共有事業施設「テラス石森」でコンソーシアム会員向けのドローン飛行体験会を開いた。実機に触れることで、ドローン活用推進機運を高める狙いだ。


カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

カメラブ社がドローン空撮を駆使した動画制作サービス「SCENECROP」を開始

フォトグラファー/インスタグラマー向けの各種支援サービスを展開するカメラブ株式会社(東京都渋谷区)は6月25日より、若手映像クリエイター集団による動画制作サービス「SCENECROP」を開始した。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。