エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減

 NEDO事業の成果を活用してエアロセンス株式会社(東京都文京区)は、建設現場での測量工数とデータ後処理工 数の削減を目指し、GPS付き対空標識「エアロボマーカー、製品名:AEROBO®(エアロボ)マー カー」を開発した。これを建設現場に導入することで、これまで手間が掛かっていた測量工数を省き、簡単に座標標識を設けることができるようになった。
 さらに同社では、「エアロボマーカー」とドローンによる測量、クラウドデータ処理を 統合したパッケージシステム「エアロボ測量2.0」を開発し、レンタル・販売予約を7月より開始する。今後は、建設現場などへの導入をすすめ、建設生産システム全体の生産性向上を図る。

1.概要

 これまでは国交省の推進するi-Construction基準に 沿った測量の精度を出すため、現場にマーカーを設置し、そのマーカーを別途測量する必要があった。NEDOは、さらなる技術シーズの発掘・育成や技術課題の解決を目的とし、IoT社会の実現に関連する周辺技術や技術課題の研究開発を推進するため、2016年7月、経済産業省およびIoT推進ラボの第2 回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」で、同社が選定され、同会議の支援機関の1つである NEDOの事業に「安全・簡便・高精度な3Dモデル化オペレーションの実現」というテーマ名で採択された。

 同社は、新たにNEDO事業で開発した①GPSマーカー、②GPSマーカーの制御ソフト、③高精度測位アルゴリズムの成果を活用したGPS付きマーカー(3Dモデルを補正するための対空標識、 製品名名:AEROBO®(エアロボ)マーカー)を従来のドローンとクラウドデータ処理を統合し た「エアロボ測量」システムに加えて、位置情報と3Dモデルとの対応処理を自動化させた「エアロボ測量 2.0」を開発した。

 「エアロボ測量2.0」は、エアロボマーカーを現場に置くだけでドローン飛行中にエアロボマーカー自体 の位置を高精度に測位することができる。さらに独自のクラウド後処理と組み合わせ、建設現場での測量工数とデータ 後処理工数を削減できるシステムとなっている。土木・建設業界では人手不足など、社会課題の解決に活用が 期待され、建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図る。
なお、エアロセンスは、「エアロボ測量2.0」を7月19日(水)から21日(金)に東京ビッグサイトで 開催されるメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017:i-Construction 特集展示会で公開する。また、7月より「エアロボ測量2.0」のレンタル・販売予約を受け付けるとしている。

2.今回の成果

 同社は、GPS測位機能を搭載したエアロボマーカーを開発し、そのマーカー位置情報と3Dモ デルとの対応処理を自動化させ、i-Construction基準に沿ったドローン測量をより簡便にできるようにし、トータルシステムを開発・提供する。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO IoT推進部 担当:千田、山下、大宮  TEL:044-520-5211
エアロセンス(www.aerosense.co.jp)  TEL:03-4405-8535
E-mail:contactus@aerosense.co.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部 担当:坂本、髙津佐、藤本
TEL:044-520-5151
E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンス株式会社(東京都文京区)の、AEROBO®Marker が 、2018 年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、弊社が開発・製造・販売している産業用ドローンAEROBO(AS-MC03)の購入者を対象に、第三者への法律上の賠償責任保険(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社)を自動付帯での提供を開始した。


SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

SkyLink JapanとPix4D共催 ドローンを活用した測量分析ワークショップを京都で開催!

ドローンの販売や産業向けソリューションを展開する、SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company :京都市北区)は、航空写真測量ソフトウェアの開発を手がけるPix4D社(スイス)と共催し、ドローンを活用した測量分析ツールの公式セミナー、およびフィールドワークショップを京都で開催する。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。