エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減

 NEDO事業の成果を活用してエアロセンス株式会社(東京都文京区)は、建設現場での測量工数とデータ後処理工 数の削減を目指し、GPS付き対空標識「エアロボマーカー、製品名:AEROBO®(エアロボ)マー カー」を開発した。これを建設現場に導入することで、これまで手間が掛かっていた測量工数を省き、簡単に座標標識を設けることができるようになった。
 さらに同社では、「エアロボマーカー」とドローンによる測量、クラウドデータ処理を 統合したパッケージシステム「エアロボ測量2.0」を開発し、レンタル・販売予約を7月より開始する。今後は、建設現場などへの導入をすすめ、建設生産システム全体の生産性向上を図る。

1.概要

 これまでは国交省の推進するi-Construction基準に 沿った測量の精度を出すため、現場にマーカーを設置し、そのマーカーを別途測量する必要があった。NEDOは、さらなる技術シーズの発掘・育成や技術課題の解決を目的とし、IoT社会の実現に関連する周辺技術や技術課題の研究開発を推進するため、2016年7月、経済産業省およびIoT推進ラボの第2 回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」で、同社が選定され、同会議の支援機関の1つである NEDOの事業に「安全・簡便・高精度な3Dモデル化オペレーションの実現」というテーマ名で採択された。

 同社は、新たにNEDO事業で開発した①GPSマーカー、②GPSマーカーの制御ソフト、③高精度測位アルゴリズムの成果を活用したGPS付きマーカー(3Dモデルを補正するための対空標識、 製品名名:AEROBO®(エアロボ)マーカー)を従来のドローンとクラウドデータ処理を統合し た「エアロボ測量」システムに加えて、位置情報と3Dモデルとの対応処理を自動化させた「エアロボ測量 2.0」を開発した。

 「エアロボ測量2.0」は、エアロボマーカーを現場に置くだけでドローン飛行中にエアロボマーカー自体 の位置を高精度に測位することができる。さらに独自のクラウド後処理と組み合わせ、建設現場での測量工数とデータ 後処理工数を削減できるシステムとなっている。土木・建設業界では人手不足など、社会課題の解決に活用が 期待され、建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図る。
なお、エアロセンスは、「エアロボ測量2.0」を7月19日(水)から21日(金)に東京ビッグサイトで 開催されるメンテナンス・レジリエンスTOKYO 2017:i-Construction 特集展示会で公開する。また、7月より「エアロボ測量2.0」のレンタル・販売予約を受け付けるとしている。

2.今回の成果

 同社は、GPS測位機能を搭載したエアロボマーカーを開発し、そのマーカー位置情報と3Dモ デルとの対応処理を自動化させ、i-Construction基準に沿ったドローン測量をより簡便にできるようにし、トータルシステムを開発・提供する。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO IoT推進部 担当:千田、山下、大宮  TEL:044-520-5211
エアロセンス(www.aerosense.co.jp)  TEL:03-4405-8535
E-mail:contactus@aerosense.co.jp

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部 担当:坂本、髙津佐、藤本
TEL:044-520-5151
E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp

この記事のライター

関連する投稿


米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

米スウィフト社のVTOL機Swift 020が日本で初フライト

エアロセンス株式会社(東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)と、スウィフト・エンジニアグ株式会社(カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)は、千葉でVTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンSwift 020の国内初となるデモフライトを11月7日に行った。


G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

10月12日から14日までの3日間。日本科学未来館(東京・お台場)で、G空間EXPO 2017が開催された。測位や測量技術を活用して、時間と場所を生活や産業に役立てる技術がG空間。G空間の情報を活用するために、最新の測量機器やドローンによるソリューションが展示されていた。


セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

セキドとテラドローンが「Terra Mapper」を活用したドローン測量 無料セミナー in 横浜を 11/6開催

株式会社 セキド(東京都国立市)はテラドローン株式会社と共同で、 土木測量業界でドローンでの測量運用を検討されている方を対象とした、 三次元化ソフト「Terra Mapper」による地形データの活用デモンストレーションならびに、 ドローン測量セミナーを11月6日に開催する。


エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


最新の投稿


ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

ササモモさん率いる女性チーム 新名称「ドローンジョプラス」で再スタート! 「これからもドローンの魅力を♪」

 ドローンの魅力を発信する活動を続けているササモモさん(佐々木桃子さん)率いる女性チームの新しい名称が「DRONE-JO+(ドローンジョプラス)」に正式に決まった。イベントや体験会の企画、参加、などを通じて、今後も精力的に活動を続ける。


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

株式会社ORSOは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 水中ドローン「BlueROV2」の無料体験会を、 2017年12月1日(金)千葉県 市川マリンセンターにて開催する。


NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。