日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


日立グループのドローン事業への取り組み

登壇した株式会社日立製作所のIoT推進本部ドローン事業開発プロジェクト担当本部長の飯野隆之氏。手前はエンルート社のZionQC730。

 セミナーの冒頭、株式会社日立製作所 IoT推進本部 ドローン事業開発プロジェクト 担当本部長の飯野隆之氏が登壇し、日立グループとしてのドローン事業に対する体制や取り組みについて紹介した。 日立製作所では、代表執行役 執行役副社長を務める斎藤祐氏が、IoT推進本部の本部長を兼務し、そのIoT推進本部の中に、飯野氏が在籍するドローン事業開発プロジェクトがある。そして、日立製作所のドローン事業開発プロジェクトが中心となり、日立グループ全社のドローン事業を取りまとめている。 日立グループには、セミナーを主催した日立システムズのようなIT企業だけではなく、電力・エネルギーや産業・流通・水に、ビルシステムなどのアーバン事業、そして金融や公共社会など、産業から社会インフラまで幅広い企業グループがある。これらすべてのグループをドローン事業開発プロジェクトが取りまとめて、産業用ドローンのビジネスを展開していく。
 飯野氏は「日立グループの中では、電力や鉄道に各種産業セクターから、ドローンを活用するソリューションのビジネスが流れてきます。それをドローンの利活用を推進するグループ企業が中心となって、ビジネスを展開していきます」と話す。また日立製作所としては、今後のドローン利活用に運航管理システムの存在が重要と捉え、JUTMコンソーシアムの事務局長を務める企業として、積極的な国産標準化にも取り組んでいる。
 「ドローンを利活用するビジネスでは、安全にドローンを飛行させるプラットフォームとなる運航管理システムを基盤として、それぞれの産業に特化したソリューションの提供が、お客様の業務プロセスを革新していきます」と飯野氏は日立製作所のドローン事業への取り組みについて話す。

日立グループのドローン事業体制図

ドローンの現状や将来性と空の産業革命に向けた環境整備

基調講演を行う株式会社エンルートM's代表取締役の辺見 俊彦 氏。

 日立製作所のドローン事業に関するビジネスモデルが紹介された後、基調講演には株式会社エンルートM's 代表取締役 辺見 俊彦 氏が登壇し、ドローンの現状および将来の市場性について講演した。同社は、エンルート社の販売部門であり、ソリューションの提供や機体の製造、さらにトレーニングなどの業務を担当している。またアサヒ電子と協力して、Ridge Hawkというフライトコントローラーも開発している。
 講演では、2017年のロードマップとして、全国販売ディーラー体制の開始や農業用ドローンの販売網の構築に、スクール事業の展開、そしてi-Constructionへの本格参入などの計画が発表された。さらに、補助事業が採択され、福島のイノベーション・コースト構想に本格的に参加すると表明した。
 続いて登壇した日立製作所の秋本 修氏は、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)の事務局長として、「空の産業革命」実現に向けた環境整備への取り組みについて講演した。JUTMとしての活動や政府機関の取り組みなどについて説明した後に、秋本氏は「空の産業革命の実現には、自動車と同様の環境基準整備が必要」と訴え、「運航管理システムの整備には2つの流れがある」と解説する。ひとつは、空域を統合するために、米国のFAA(連邦航空局)が主導するNAS(National Airspace Sysytem)のドローンへの統合。もうひとつは、空域を分離するために、NASA-UTMとGUTM-AにJUTMが検討している低高度のドローン管理。そして「物流分野でのドローン利活用は、災害対応用ドローンの機体開発に匹敵するほど、実現のハードルが高い」と指摘し、「ドローンの識別や衝突回避などには新たな電波の検討が必要で、利活用を促進する法律の制定も求められている」と秋本氏は環境整備の重要さを改めて訴えた。

日立システムズが取り組むドローン事業および関連ソリューション

会場で小型ドローンのDobbyをデモフライトする曽谷氏

 セミナーの最後には、株式会社日立システムズ ロボット事業推進部 本部主管 曽谷 英司氏が、同社の取り組むドローン事業と関連ソリューションを紹介した。曽谷氏は、ドローン運用統合管理サービスについて解説し、ドローンを安全に飛行させるためのポイントを指摘した。その安全のポイントの中にある、電波状況の重要さを実感してもらうために、小型ドローンのDobbyをスマートフォンからのWiFi電波でコントロールするデモンストレーションを行った。「複数の電波が乱立する状況では、ドローンを制御できないこともあります」と曽谷氏は事前に説明した上で、安全に充分に配慮してDobbyを飛行してみせた。そして、ドローンを活用したソリューションの一例として、130mの煙突を検査した事例を紹介した。「法律で定められているドローンの高度が150mまでなので、149mの高度に達したドローンの高精細カメラで、煙突の内部のレンガの状態を詳細に撮影しています」と曽谷氏は動画を見せ、「この映像を当日はリアルタイムで関係者が共有しながら、確認したい箇所を指示してドローンを飛行させていました」と点検の様子を解説した。
 講演の最後で曽谷氏は「今後はドローンがAIと連携して、新たなITサービスを展開していきます」と将来構想を語った。

130mの煙突を点検する動画を紹介する曽谷氏

この記事のライター

関連する投稿


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。


日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、航空測量大手の株式会社パスコ(代表取締役社長:島村 秀樹、本社:東京都目黒区/以下、パスコ)は協業し、ドローンによる 3 次元測量 (*1) を支援するサービスを 9 月から提供する。


国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催した。会場では屋外でのデモ飛行や、ドローンの活用例から実際の導入費用など具体的なテーマでセミナーが行われた。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


最新の投稿


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

【慶大ドローン】小学生向けに体験会を企画するなら? 好奇心本位の慶大ドロゼミ、絶賛活動中

 ドローンへの好奇心を持ち合わせる学生が集まる慶大SFCキャンパスの自主活動ドロゼミはこの日、小学生に対円型のトイドローンを使って体験させるとしたら、なにをすればいいか、などを話し合ってみた。いろいろ出てきて、近くで見ているとおもしろいwww


東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

東大とシャープ、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を開始 ドローンで潮流、幼生の生息場所を観測

国立大学法人東京大学大学院情報学環の中尾研究室(中尾彰宏教授)と、シャープ株式会社(大阪府堺市)は、株式会社NTTドコモや中国電力株式会社など8企業・団体と連携し、AI/IoTを活用した「スマートかき養殖」の実証実験を本年12月下旬より広島県江田島市にて開始すると発表した。


【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット】FLIGHT長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

【慶大ドローン】慶大南氏、西日本豪雨被災地での取り組みを「SI2018」で発表 徳島大・三輪氏、青学大・古橋氏らと連名

 慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は12月13日、大阪市で開幕した「第19回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会」(SI2018)で、自然災害被災地でドローンを地元に役立てる取り組みについて、経験や知見を体系化して発表した。