日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


日立グループのドローン事業への取り組み

登壇した株式会社日立製作所のIoT推進本部ドローン事業開発プロジェクト担当本部長の飯野隆之氏。手前はエンルート社のZionQC730。

 セミナーの冒頭、株式会社日立製作所 IoT推進本部 ドローン事業開発プロジェクト 担当本部長の飯野隆之氏が登壇し、日立グループとしてのドローン事業に対する体制や取り組みについて紹介した。 日立製作所では、代表執行役 執行役副社長を務める斎藤祐氏が、IoT推進本部の本部長を兼務し、そのIoT推進本部の中に、飯野氏が在籍するドローン事業開発プロジェクトがある。そして、日立製作所のドローン事業開発プロジェクトが中心となり、日立グループ全社のドローン事業を取りまとめている。 日立グループには、セミナーを主催した日立システムズのようなIT企業だけではなく、電力・エネルギーや産業・流通・水に、ビルシステムなどのアーバン事業、そして金融や公共社会など、産業から社会インフラまで幅広い企業グループがある。これらすべてのグループをドローン事業開発プロジェクトが取りまとめて、産業用ドローンのビジネスを展開していく。
 飯野氏は「日立グループの中では、電力や鉄道に各種産業セクターから、ドローンを活用するソリューションのビジネスが流れてきます。それをドローンの利活用を推進するグループ企業が中心となって、ビジネスを展開していきます」と話す。また日立製作所としては、今後のドローン利活用に運航管理システムの存在が重要と捉え、JUTMコンソーシアムの事務局長を務める企業として、積極的な国産標準化にも取り組んでいる。
 「ドローンを利活用するビジネスでは、安全にドローンを飛行させるプラットフォームとなる運航管理システムを基盤として、それぞれの産業に特化したソリューションの提供が、お客様の業務プロセスを革新していきます」と飯野氏は日立製作所のドローン事業への取り組みについて話す。

日立グループのドローン事業体制図

ドローンの現状や将来性と空の産業革命に向けた環境整備

基調講演を行う株式会社エンルートM's代表取締役の辺見 俊彦 氏。

 日立製作所のドローン事業に関するビジネスモデルが紹介された後、基調講演には株式会社エンルートM's 代表取締役 辺見 俊彦 氏が登壇し、ドローンの現状および将来の市場性について講演した。同社は、エンルート社の販売部門であり、ソリューションの提供や機体の製造、さらにトレーニングなどの業務を担当している。またアサヒ電子と協力して、Ridge Hawkというフライトコントローラーも開発している。
 講演では、2017年のロードマップとして、全国販売ディーラー体制の開始や農業用ドローンの販売網の構築に、スクール事業の展開、そしてi-Constructionへの本格参入などの計画が発表された。さらに、補助事業が採択され、福島のイノベーション・コースト構想に本格的に参加すると表明した。
 続いて登壇した日立製作所の秋本 修氏は、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)の事務局長として、「空の産業革命」実現に向けた環境整備への取り組みについて講演した。JUTMとしての活動や政府機関の取り組みなどについて説明した後に、秋本氏は「空の産業革命の実現には、自動車と同様の環境基準整備が必要」と訴え、「運航管理システムの整備には2つの流れがある」と解説する。ひとつは、空域を統合するために、米国のFAA(連邦航空局)が主導するNAS(National Airspace Sysytem)のドローンへの統合。もうひとつは、空域を分離するために、NASA-UTMとGUTM-AにJUTMが検討している低高度のドローン管理。そして「物流分野でのドローン利活用は、災害対応用ドローンの機体開発に匹敵するほど、実現のハードルが高い」と指摘し、「ドローンの識別や衝突回避などには新たな電波の検討が必要で、利活用を促進する法律の制定も求められている」と秋本氏は環境整備の重要さを改めて訴えた。

日立システムズが取り組むドローン事業および関連ソリューション

会場で小型ドローンのDobbyをデモフライトする曽谷氏

 セミナーの最後には、株式会社日立システムズ ロボット事業推進部 本部主管 曽谷 英司氏が、同社の取り組むドローン事業と関連ソリューションを紹介した。曽谷氏は、ドローン運用統合管理サービスについて解説し、ドローンを安全に飛行させるためのポイントを指摘した。その安全のポイントの中にある、電波状況の重要さを実感してもらうために、小型ドローンのDobbyをスマートフォンからのWiFi電波でコントロールするデモンストレーションを行った。「複数の電波が乱立する状況では、ドローンを制御できないこともあります」と曽谷氏は事前に説明した上で、安全に充分に配慮してDobbyを飛行してみせた。そして、ドローンを活用したソリューションの一例として、130mの煙突を検査した事例を紹介した。「法律で定められているドローンの高度が150mまでなので、149mの高度に達したドローンの高精細カメラで、煙突の内部のレンガの状態を詳細に撮影しています」と曽谷氏は動画を見せ、「この映像を当日はリアルタイムで関係者が共有しながら、確認したい箇所を指示してドローンを飛行させていました」と点検の様子を解説した。
 講演の最後で曽谷氏は「今後はドローンがAIと連携して、新たなITサービスを展開していきます」と将来構想を語った。

130mの煙突を点検する動画を紹介する曽谷氏

この記事のライター

関連する投稿


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。


日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、航空測量大手の株式会社パスコ(代表取締役社長:島村 秀樹、本社:東京都目黒区/以下、パスコ)は協業し、ドローンによる 3 次元測量 (*1) を支援するサービスを 9 月から提供する。


国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催した。会場では屋外でのデモ飛行や、ドローンの活用例から実際の導入費用など具体的なテーマでセミナーが行われた。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

幕張メッセで開催されたジャパンドローン2018に出展した日立システムズは、企業向けドローン検査のフルパッケージサービスや閉鎖空間での検査に適したドローンなどを紹介していた。


最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。