エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恵恒、以下エアロセンス)は、株式会社ERIソリューション(東京都港区、代表取締役:横瀬弘明、以下ERIソリューション)と業務提携し、ドローンを活用した非破壊検査の実用化を目指す。


ドローンを活用した新たな非破壊検査ソリューションの提供

 エアロセンスとERIソリューションは、建築物の調査および診断市場にドローンを活用した新たなソリューションを提供するための業務提携を発表した。両社は協業して、建築物の劣化などを検査する現場におけるドローンの自律型飛行システムと検査の実用化に関する技術を開発する。そして開発したソリューションを全国に展開していく予定。
 エアロセンスがパートナーに選んだERIソリューションは、民間確認検査機関の日本ERI株式会社を中核としたERIグループに属する。同社は既存建築物の「現状の劣化事象」、「施工時・不慮の災害等による不具合箇所」、「構造体の安全性」や、新築現場の「施工状況の現地調査」など、幅広い調査・検査業務に対応している。主な事業としては、不動産取引などのデューデリジェンスや既存の建物の評価などの調査を全国で展開している。
 既存建築ストックの活用は、日本において重要な施策のひとつであり、建築物の維持管理のための調査診断の重要性は高まりつつある。そのニーズに応えるために、エアロセンスの持つドローンの自律飛行技術と、収集したデータを効率的に処理する技術。そしてERIソリューションの持つ建築物調査・検査に関する知見と経験値を融合させ、先端ロボット技術を駆使した調査診断技術開発の推進、検査現場への実用化の普及を目指す。
 ERIソリューションは、平成28年6月1日に埼玉県の病院で、タイルの浮きやクラックの状況を赤外線カメラと4Kの可視カメラを搭載したドローンで、検査の実証実験を行っている。同社のサイトによれば「今回のドローン導入で、問題個所の絞り込み等、これらの多くの問題が解決されます。 更に外壁のみならず、戸建住宅の屋根の劣化状況や雨漏り検査等にも危険なく速やかな検査が可能となるなど、検査の効率化・低コスト化に大きく貢献するものと思われます」と評価実験の結果を評価している。そして「今後、社員の操縦者(パイロット)養成と合せ、既に受注している案件での検査も実施していき、多くの検査依頼者の要望に応えられるような体制を構築します。ドローン導入による検査の効率化・省力化・均一化と精度向上により、多様な検査依頼への対応が可能となり、更なるドローン活用のアイデアで大きく社会貢献できるものと確信しています」とも発表している。

ERIソリューションのサイトで発表されているドローン検査の実証実験

この記事のライター

関連する投稿


IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

5月23日から東京ビッグサイトで開催されたIDE TOKYO ドローンソリューション&技術展に、最新のドローン関連技術が出展された。


エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー:GPS 搭載対空標識)について、破損等を補償する 保険の提供を開始した。エアロボマーカーの業務使用等に際して 生じる機器の損壊リスクに対応した保険を、東京海上日動火災保険株式会社と組成した。


エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、2016 年 3 月より量産モデルとして提供してきた産業用ドローン AEROBO® 「AS-MC02-P」の後継機にあたる「AS-MC03」を 開発し、5 月より販売を開始すると発表した。


道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売しているAEROBO® Marker(エアロボマーカー)とAEROBO® Cloud(エアロボクラウド)が、株式会社NIPPO(東京都中央区)が取り組んでいるICT舗装に採用。


エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス、VTOLとドローン用 LTE 通信デバイスを用いた リアルタイム映像伝送実験に成功 新たな防災インフラ構築へ

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、株式会社NTTドコモ (東京都千代田区)と、災害発生時の被災状況把握を映像で広域、迅速に行うことを目的とした新たな防 災インフラの構築に向けた飛行実験を実施、VTOL機と LTE 通信が可能なドローン用 LTE 通信デバイス用いた広域リアルタイム映像伝送に成功した。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。