エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンスとERIソリューションがドローンを活用した非破壊検査で提携

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恵恒、以下エアロセンス)は、株式会社ERIソリューション(東京都港区、代表取締役:横瀬弘明、以下ERIソリューション)と業務提携し、ドローンを活用した非破壊検査の実用化を目指す。


ドローンを活用した新たな非破壊検査ソリューションの提供

 エアロセンスとERIソリューションは、建築物の調査および診断市場にドローンを活用した新たなソリューションを提供するための業務提携を発表した。両社は協業して、建築物の劣化などを検査する現場におけるドローンの自律型飛行システムと検査の実用化に関する技術を開発する。そして開発したソリューションを全国に展開していく予定。
 エアロセンスがパートナーに選んだERIソリューションは、民間確認検査機関の日本ERI株式会社を中核としたERIグループに属する。同社は既存建築物の「現状の劣化事象」、「施工時・不慮の災害等による不具合箇所」、「構造体の安全性」や、新築現場の「施工状況の現地調査」など、幅広い調査・検査業務に対応している。主な事業としては、不動産取引などのデューデリジェンスや既存の建物の評価などの調査を全国で展開している。
 既存建築ストックの活用は、日本において重要な施策のひとつであり、建築物の維持管理のための調査診断の重要性は高まりつつある。そのニーズに応えるために、エアロセンスの持つドローンの自律飛行技術と、収集したデータを効率的に処理する技術。そしてERIソリューションの持つ建築物調査・検査に関する知見と経験値を融合させ、先端ロボット技術を駆使した調査診断技術開発の推進、検査現場への実用化の普及を目指す。
 ERIソリューションは、平成28年6月1日に埼玉県の病院で、タイルの浮きやクラックの状況を赤外線カメラと4Kの可視カメラを搭載したドローンで、検査の実証実験を行っている。同社のサイトによれば「今回のドローン導入で、問題個所の絞り込み等、これらの多くの問題が解決されます。 更に外壁のみならず、戸建住宅の屋根の劣化状況や雨漏り検査等にも危険なく速やかな検査が可能となるなど、検査の効率化・低コスト化に大きく貢献するものと思われます」と評価実験の結果を評価している。そして「今後、社員の操縦者(パイロット)養成と合せ、既に受注している案件での検査も実施していき、多くの検査依頼者の要望に応えられるような体制を構築します。ドローン導入による検査の効率化・省力化・均一化と精度向上により、多様な検査依頼への対応が可能となり、更なるドローン活用のアイデアで大きく社会貢献できるものと確信しています」とも発表している。

ERIソリューションのサイトで発表されているドローン検査の実証実験

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、弊社が開発・製造・販売している産業用ドローンAEROBO(AS-MC03)の購入者を対象に、第三者への法律上の賠償責任保険(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社)を自動付帯での提供を開始した。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

5月23日から東京ビッグサイトで開催されたIDE TOKYO ドローンソリューション&技術展に、最新のドローン関連技術が出展された。


最新の投稿


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。