ドローン空撮の参加も可能な24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭』今年度の開催決定

ドローン空撮の参加も可能な24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭』今年度の開催決定

日本一のフォトジェニックシティ・室蘭市が、町を”被写体”として全面開放 − 開催日は9月16日(土)~17日(日)、募集人数は300名。


 撮りフェス in 室蘭実行委員会・室蘭市・室蘭商工会議所・室蘭観光協会は、 全国的に注目を集めている「工場夜景」と地球岬やトッカリショを始めとする北の大自然がつくり出した「自然景観」が奇跡的に共存する同市を『日本一のフォトジェニックシティ 』と銘打ち、9月16日(土)~17日(日)に、 24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭 2017』を開催する。今回はドローン空撮による参加も可能となった。

ドローンで『フォトジェニックシティ』を空撮しよう!

 室蘭の語源は、 アイヌ語の「モ・ルエラニ(小さな・下り路という意味)」で、 名前の通りとても坂道の多い場所のため比較的コンパクトなエリアながらも少し歩くだけでめまぐるしく景色が変わる、 被写体としての魅力に溢れた町。
 『撮りフェス in 室蘭』は、 そんな室蘭の町を24時間という制限時間内に自由に散策しながら、 町が持つ被写体としての魅力を写真に収めていく滞在型フォトコンテスト。 昨年の第一回目の開催では、 全国から約200名の写真愛好家が参加し、 約500点の作品が集まりまった。 コンテスト開催中は、 写真愛好家に室蘭市を被写体として提供、 白鳥大橋主塔最上部を始めとする普段は立入禁止区域になっている絶景スポットを特別に開放する。

 第二回目の開催となる今回は、 募集人数を300名に拡大し、ドローンによる参加も可能になる他、 歴史的建造物の撮影許可や、 大黒島に接近できる特別クルージングの運航など、 さらにスケールアップしたフォトコンテストになります。
 また、 イベント当日は写真家の浅田政志とケント白石による作品講評とトークを予定している。 作品は日本を代表するアートディレクター、 写真家による審査を経て、 優秀作品は室蘭の公式観光写真として各種広告/広報物に使用されるとともに、 賞金10万円と副賞として、 ミラーレス一眼レフカメラ「Nikon 1 J5 標準パワーズームレンズキット」が贈呈される。

昨年受賞作品

『撮りフェス in 室蘭 2017』実施概要

タイトル: 24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭 2017』
開催日時: 2017年9月16日(土)14:00 ~ 9月17日(日)14:00
開催場所: 室蘭市全域/運営本部は室蘭観光協会(北海道室蘭市海岸町1-5-1)
賞/賞金: 大賞[1点] ・・賞金10万円+副賞
     準大賞[2点]・・賞金5万円+副賞
     各審査員特別賞[数点]・・記念品
     室蘭市長賞、 室蘭商工会議所会頭賞、 室蘭観光協会会長賞[各1点]・・記念品
     また、 上記はすべて室蘭の公式観光写真として採用
審査員: 葛西薫(アートディレクター)、 辻佐織(写真家)、 藤井保(写真家)、 山口一彦(写真家)、 浅田政志(写真家)、 田口清隆(映画監督)
共催: 撮りフェス in 室蘭実行委員会/室蘭市/室蘭商工会議所/(一社)室蘭観光協会
URL: http://www.tori-fes.com
Instagramアカウント: tori_fes_muroran
トレーラー映像: http://tori-fes.com/movie.html

この記事のライター

関連するキーワード


室蘭 撮りフェス in 室蘭

最新の投稿


DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI、世界中の絶景空撮作品を「東京カメラ部 2018 写真展」に出展

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 4 月 26 日 (木)から 5 月 5 日(土)まで、渋谷ヒカリエにて開催される「東京カメラ部 2018 写真展」に協賛し、日本の四季や世界各国から集められた空撮作品を出展する。


ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

ドローンの識別システム市場は2022年までに年平均で64%の成長予測

米国ヒューストンのリサーチ N レポート社は、グローバルUAV識別システム市場調査レポート2017を発表し、2022年までに年平均成長率(CAGR)が64%に達すると予測した。


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。