ドローン空撮の参加も可能な24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭』今年度の開催決定

ドローン空撮の参加も可能な24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭』今年度の開催決定

日本一のフォトジェニックシティ・室蘭市が、町を”被写体”として全面開放 − 開催日は9月16日(土)~17日(日)、募集人数は300名。


 撮りフェス in 室蘭実行委員会・室蘭市・室蘭商工会議所・室蘭観光協会は、 全国的に注目を集めている「工場夜景」と地球岬やトッカリショを始めとする北の大自然がつくり出した「自然景観」が奇跡的に共存する同市を『日本一のフォトジェニックシティ 』と銘打ち、9月16日(土)~17日(日)に、 24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭 2017』を開催する。今回はドローン空撮による参加も可能となった。

ドローンで『フォトジェニックシティ』を空撮しよう!

 室蘭の語源は、 アイヌ語の「モ・ルエラニ(小さな・下り路という意味)」で、 名前の通りとても坂道の多い場所のため比較的コンパクトなエリアながらも少し歩くだけでめまぐるしく景色が変わる、 被写体としての魅力に溢れた町。
 『撮りフェス in 室蘭』は、 そんな室蘭の町を24時間という制限時間内に自由に散策しながら、 町が持つ被写体としての魅力を写真に収めていく滞在型フォトコンテスト。 昨年の第一回目の開催では、 全国から約200名の写真愛好家が参加し、 約500点の作品が集まりまった。 コンテスト開催中は、 写真愛好家に室蘭市を被写体として提供、 白鳥大橋主塔最上部を始めとする普段は立入禁止区域になっている絶景スポットを特別に開放する。

 第二回目の開催となる今回は、 募集人数を300名に拡大し、ドローンによる参加も可能になる他、 歴史的建造物の撮影許可や、 大黒島に接近できる特別クルージングの運航など、 さらにスケールアップしたフォトコンテストになります。
 また、 イベント当日は写真家の浅田政志とケント白石による作品講評とトークを予定している。 作品は日本を代表するアートディレクター、 写真家による審査を経て、 優秀作品は室蘭の公式観光写真として各種広告/広報物に使用されるとともに、 賞金10万円と副賞として、 ミラーレス一眼レフカメラ「Nikon 1 J5 標準パワーズームレンズキット」が贈呈される。

昨年受賞作品

『撮りフェス in 室蘭 2017』実施概要

タイトル: 24時間滞在型フォトコンテスト『撮りフェス in 室蘭 2017』
開催日時: 2017年9月16日(土)14:00 ~ 9月17日(日)14:00
開催場所: 室蘭市全域/運営本部は室蘭観光協会(北海道室蘭市海岸町1-5-1)
賞/賞金: 大賞[1点] ・・賞金10万円+副賞
     準大賞[2点]・・賞金5万円+副賞
     各審査員特別賞[数点]・・記念品
     室蘭市長賞、 室蘭商工会議所会頭賞、 室蘭観光協会会長賞[各1点]・・記念品
     また、 上記はすべて室蘭の公式観光写真として採用
審査員: 葛西薫(アートディレクター)、 辻佐織(写真家)、 藤井保(写真家)、 山口一彦(写真家)、 浅田政志(写真家)、 田口清隆(映画監督)
共催: 撮りフェス in 室蘭実行委員会/室蘭市/室蘭商工会議所/(一社)室蘭観光協会
URL: http://www.tori-fes.com
Instagramアカウント: tori_fes_muroran
トレーラー映像: http://tori-fes.com/movie.html

ロゴ/キービジュアル

『撮りフェス in 室蘭 2017』参加方法

参加費: 2,000円 (税込)
定員: 300名/先着順
参加受付期間: 2017年6月16日(金)15:00 ~ 7月31日(月)23:59
       詳細は下記ホームページをご参照ください。
        http://www.tori-fes.com

参考情報:昨年の受賞作品が室蘭市民の名刺に!

 昨年の『撮りフェス in 室蘭』の受賞作品が、 室蘭市長をはじめ市の職員や観光協会のスタッフの名刺に使用される等、 室蘭の広報活動に一役買っているす。 今後もその年の受賞作品を名刺やその他広報物に活用していく予定。

この記事のライター

関連するキーワード


室蘭 撮りフェス in 室蘭

最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。