テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローンがシドニーとメルボルンに支社を同時立ち上げ

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役/徳重 徹)は、 シドニーとメルボルンに支社を6月、同時に設立すると発表した。 2017年1月に、 オーストラリア支社第一号となるブリスベン支社を立ち上げてから、 わずか5ヶ月後の設立となる。


 テラドローンによる今回のオーストラリアにおける相次ぐ支社の設立の理由は、オーストラリア産業界が多くの問題を抱えてることがあげられる。オイルや資源、 オーストラリアドルの高騰による事業コストの増加、 それによる人員削減を強いられ、 生産効率が悪化している状態が続いている。 さらに、 明確な品質の規定がないことから劣悪な管理体制が顕在化し、 また経験豊富な人材が減少傾向にあることもあげっれる。
 これらの問題を解決すべく建設業界では、 ドローンの規制緩和が進んでいる。従来の測量と比べると、 ドローンによる測量では現場での作業時間が5分の1短縮、 コストも3分の1削減することが可能となる。 同社ではブリスベンで州政府の協力を得ながら、 鉄道や鉱山、 パイプラインでの事業展開を進めて、 最近では土地の開発が急速に進むシドニーとメルボルンの建設関係の方から問い合わせが急増し、 今まで日本の土木測量で培ってきたノウハウを活かしながら、 さらなる事業拡大をしていくこととなった。
  同社の強みである、 顧客ニーズの徹底したヒアリングとそれに対するソリューションの提供を行うことで、 労働環境改善並びに生産性の効率の向上、 品質改善ができるとしている。

この記事のライター

関連する投稿


横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

第18回横浜ITクラスター交流会は、経産省製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 課長補佐の牛嶋裕之氏とテラドローンの事業開発部長の竹崎孝二氏を迎えて「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」をメインテーマに13日、横浜市の横浜情報文化センターで開催された。


テラドローン、国内7拠点目となる関西支社を設立~全国すべてのエリアをカバー~

テラドローン、国内7拠点目となる関西支社を設立~全国すべてのエリアをカバー~

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷、 代表/徳重 徹、 以下テラドローン)は、 国内7拠点目となる関西支社を神戸に設立した。


 テラドローン、レーザー搭載ドローンによる断崖絶壁の測量実施

テラドローン、レーザー搭載ドローンによる断崖絶壁の測量実施

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、北海道広尾 郡広尾町にてオリコマナイ法面防災工事で、レーザー搭載ドローンによる測量を実施致し、新技術を導入で、従来法と比べて格段に安全な工事を執り行え、精緻な 3 次元地形測量に基づい た施工管理、大幅な時間短縮が可能となった。


KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDIとテラドローンが「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の 実現プロジェクト」へ参加

KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:田中孝司)と テラドローン株式会社 (本社:東京都渋谷区/代表取締役社⻑:徳重 徹)、は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO)の「ロボット・ドローンが 活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」に採択されたと発表した。


DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、オーストラリアの Surf Life Saving Central Coast (SLSCC)と共同で、オーストラリアのビーチの捜索救難活 動をドローンで支援すると発表した。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。