NEDO、運航管理システム開発に着手 「2019年度に10台以上の同時運航を」

NEDO、運航管理システム開発に着手 「2019年度に10台以上の同時運航を」

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は15日、ドローンの運航管理システムの開発に着手すると発表した。期間は今年度から3年間で、NECなど民間企業5社と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が技術を持ち寄り、2019年度には10台の同一空域・同時運航に挑む計画だ。


NEDOが推進する無人航空機の安全な運航管理システムを実現するプロジェクトに参画した各企業、団体の幹部。左からJAXAの伊藤文和理事、楽天の虎石貴執行役員、NTTドコモの中村寛執行役員、NEDOの古川一夫理事長、経産省の糟谷敏秀製造産業局長、NECの木下学執行役員副社長、NTTデータの臼井紳一執行役員、日立製作所の南邦明理事=6月15日、東京都千代田区霞が関のNEDO分室

 NEDOが着手するのは、都市部での荷物配送の実現を視野に入れた、同一空域での複数同時運航の安全管理システム。株式会社日本電気(NEC)、株式会社NTTデータ、株式会社日立製作所、株式会社NTTドコモ、楽天株式会社の5社が参画し、JAXAがシステムの全体設計を担う。
 政府は成長戦略の「未来投資戦略2017」で、都市部でのドローンによる荷物配送を2020年代に開始する「移動革命の実現」を明記している。NEDOはこれの実現を視野に、初年度となる2017年度中にシステム設計、運航ルールを実施、2019年度には福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」でそれまでの成果を試す実験を実施する。実験では、南相馬市から浪江町までの13キロの区間を、操縦者が肉眼で期待を確認することなく飛ばす「目視外」の状況で、10台以上を運航させることを目指す。
 この取り組みは、NEDOが2017年度に新規事業として取り組む「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギーの実現プロジェクト」の一環。2017年度予算として政府は33億円を計上している。全体で21のテーマがあり、44事業者が取り組む。これらの取り組みを通じて、システムの国際標準化を目指す。
 なお、ドローンの運航管理システム(UTM)については、すでにいくつかの取り組みが進んでいる。NEDOは「ほかの取り組みとの連携も排除しない」と話しており、取り組みが拡大する可能性がある。また、今回の取り組みで想定されていない旅客機など有人機との同時運航についても、今回の取り組みの中で、どう連携させるかが焦点のひとつとなる。
 発表会ではNEDOの古川一夫理事長が、「ドローンはもっとも有望な技術、ビジネスのひとつ。異なるメーカーの複数のドローンが自由に飛べるためのキーは運航システムだ。日本では多くの企業が技術、ノウハウを持っている。それらを持ち寄り世界に冠たるシステムを作りたい。必要な規制緩和については、国土交通省、総務省、警察庁、自治体の理解も必要だ。国際協調のためにJAXAの協力も仰ぐ。オールジャパンで、世界で負けないシステムにしたい」と意気込みを語った。

この記事のライター

関連するキーワード


NEDO 経産省 NEC

関連する投稿


NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと日本気象協会がドローン向け気象情報提供とドローンによる気象観測の実証試験を南相馬市で実施へ

NEDOと(一財)日本気象協会は、10月24日から26日の3日間、ドローン向け気象情報提供のデータ連携の実証試験とドローンによる気象観測の実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施すると発表した。


横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

横浜で「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」セミナー 横浜ITクラスター交流会

第18回横浜ITクラスター交流会は、経産省製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 課長補佐の牛嶋裕之氏とテラドローンの事業開発部長の竹崎孝二氏を迎えて「ドローンの進化が生み出す豊かな未来社会とビジネスチャンス 」をメインテーマに13日、横浜市の横浜情報文化センターで開催された。


ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

ドローン企業のCLUEが「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」を推進 NEDOが採択

株式会社CLUEは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が公募した事業「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」において、研究開発テーマ「産業用ドローン次世代自動運転システムの研究開発」として採択された。


NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―


NEDOとゼンリン、3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システム実証実験を実施

NEDOとゼンリン、3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システム実証実験を実施

NEDOとゼンリンは6月2日、3次元地図を用いたドローン自動飛行支援システムの実証実験を北九州市内の学校跡地で実施しました。


最新の投稿


グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグルの親会社アルファベットのドローンでの配達計画「プロジェクト・ウィング」が開始され、オーストラリアの農村部への薬品配達を始めた。


「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

10月21日。「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を運営するDJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)が、オープニングイベントを開催。DJIからも応援のスタッフが駆けつけ、受付や抽選会に展示ドローンの説明をサポート。雨の中、近隣や遠方からも多くのドローン愛好家が参加した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。