ドローンレースの最高峰「ドローン チャンピオンズリーグ 2017」 J SPORTSで放送決定

ドローンレースの最高峰「ドローン チャンピオンズリーグ 2017」 J SPORTSで放送決定

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、 株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、 代表取締役社長 木下伸 以下「J SPORTS」 )は、 世界最高峰のドローンレース「ドローンチャンピオンズリーグ」を日本で初めて6月18日から放送すると発表した。


 国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、 株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、 代表取締役社長 木下伸 以下「J SPORTS」)は、 世界最高峰のドローンレース「ドローンチャンピオンズリーグ」を日本で初めて6月18日から放送を開始する。 また、 「J SPORTSオンデマンド」でも全大会を配信する。

 ドローンレースとはドローンに取り付けたカメラの映像を「FPVゴーグル」と呼ばれるゴーグルを装着したパイロットが、 最高時速140kmにおよぶドローンを操縦し、 特設コースでスピードを競うエキサイティングでスリリングな新しいスポーツ。
  今回放送を開始する「ドローンチャンピオンズリーグ」は40人のトップパイロット達が世界各地の象徴的な場所で開催される年間6大会を優勝をかけて争う、 世界最高峰のドローンレースとなっている。

パリのシャンゼリゼ通り、 万里の長城、 ベルリン駅など世界遺産や歴史的建造物といった美しいロケーションにも魅了され、 ドローンが生み出す音と光と映像は、 かつてない感動を呼び込む近未来型エンターテイメント。

 ドローンチャンピオンズリーグ( DCL)の創設者であり、 CEOのハーバート・ヴァイラーターは
「我々DCLは、 将来的には複数の日本チームが世界各国で繰り広げられるDCLのイベントに参戦し、 日本の名所を舞台にDCLイベントを開催することを夢見ています 」と日本での放送に際してコメントを寄せた。

ゴーグルを着用し、 ドローンを操縦するパイロット

トンネルに設営された近未来的なステージ

「ドローンチャンピオンズリーグ2017」全6大会をダイジェストで放送!

6月18日から放送開始となる第1戦シャンゼリゼ通り(フランス)は、スカパー(BS)で無料放送され、 またJ SPORTSオンデマンドでは会員無料で配信さrている。

開催日程

第1戦放送予定

第1戦は全てスカパー(BS)無料放送!

●無料放送は視聴形態によって無料で視聴できない場合がある。
●放送予定は変更になる場合がある。
●放送時間に*がある番組は都合により放送休止となる可能性がある。

上記以外にも再放送がある。 詳しくは番組サイトを確認のこと。
http://www.jsports.co.jp/motor/drone/

この記事のライター

関連する投稿


日本チーム参戦!ドローンレースの世界最高峰 「ドローン チャンピオンズリーグ 2018」J SPORTSがTV独占放送

日本チーム参戦!ドローンレースの世界最高峰 「ドローン チャンピオンズリーグ 2018」J SPORTSがTV独占放送

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツは、日本チームの初参戦で盛り上がりを見せる世界最高峰のドローンレース「ドローンチャンピオンズリーグ」を昨年に引き続きテレビ独占放送する。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。