パイロットの視点が楽しめるドローン「FPV COMPACT DRONE」1万円以下で発売

パイロットの視点が楽しめるドローン「FPV COMPACT DRONE」1万円以下で発売

自動車雑誌、ファッション雑誌を発行する株式会社三栄書房(代表取締役社長:鈴木賢志)は「SAN-EIホビーシリーズ FPV COMPACT DRONE」を全国の書店で6月29日に発売を開始する。価格は税込9,990円。


6月29日(木)より全国の書店で販売開始

 FPV COMPACT DRONEは、スマートフォンと連携させることで、FPVと呼ばれるパイロット視点が誰にでも手軽に楽しめるトイドローン。さらにスマートフォンをコントローラー代わりにもできる、
 オートホバリング、自動離着陸ができるなど従来品と比べて飛躍的に機能が向上している。手のひらサイズのボディにアームをしまえるスタイリッシュな見た目も魅力的。向けて、SNSへの投稿にも活躍が期待できる。

商品サイト http://www.saneihobby.com
価格 税込9,990円/税抜9,250円
発売 2017年6月29日(木)
販売 全国書店/三栄書房通販サイト/Amazonほか

商品の特徴

■カメラ内蔵 スマホにリアルタイム映像が届く(FPV)
ドローン内蔵カメラ映像はWiFi経由でスマートフォンに届く。無料アプリを使ってリアルタイム映像を見ながら操縦・撮影を楽しむことができる。

■SNS連携 撮影映像をすぐにアップロードできる
映像はスマートフォンに記録され、撮影が終了した数秒後にはSNSに投稿することができます。

■オートホバリング&自動離着陸で操縦が簡単
離陸はボタンひとつで自動制御。気圧計内蔵で自動で高度を維持するオートホバリングに対応してる。着陸もワンボタンで行える。

■スマートフォンがコントローラー代わりになる
コントローラーがなくてもスマートフォンだけで操縦できる。スマートフォンの傾きに合わせて操縦できるジャイロコントロールにも対応。

■コンパクトな折りたたみ型
アームを本体内部に折りたためばポケットに入れても壊れにくい。安定して飛行する大きさと、携帯に便利なコンパクトを両立している。

■その他の特徴
ヘッドレス機能、スピード切替、宙返りアクション、VRスコープ対応、LEDライト搭載など

商品仕様

商品名: SAN-EI ホビーシリーズ FPV COMPACT DRONE(FPVコンパクトドローン)
価格:9,990円(税込)
ISBN:978-4-7796-3311-9 C0476
パッケージ:B5(182 × 257 × 61mm)/約380g
本体:約160 × 160 × 27mm(アーム展開時)/約65 × 65 × 27mm(アーム収納時)
対象年齢:15歳以上
使用周波数帯:2.4GHz(電波法技術基準適合品)
本体電源:リチウムイオン充電池(付属)
コントローラー電源:単4アルカリ乾電池× 3本(別売り)
飛行時間:最大7分
操作距離:最大20 メートル
画素数:30 万画素(720 × 576 pixel)
充電時間:約40 ~60 分
販売/株式会社三栄書房
企画制作/株式会社サンズ

付属品
本体/コントローラー/スマートフォンホルダー/USBバッテリー充電器/本体バッテリー/マニュアル(保証書付)/予備パーツ

この記事のライター

関連するキーワード


三栄書房 FPV COMPACT DRONE

関連する投稿


三栄書房がカメラ付き手のひらサイズのドローンを11月24日発売 6980円(税別)

三栄書房がカメラ付き手のひらサイズのドローンを11月24日発売 6980円(税別)

 自動車雑誌などを発行する三栄書房は、カメラ付き超小型ドローン「SAN-EIホビーシリーズ RC コンパクトドローンwith カメラ」を11月24日に発売する。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。