ドローン×AIによる警備・設備点検業務の完全自動化を目指す

ドローン×AIによる警備・設備点検業務の完全自動化を目指す

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村 太晋)とデータセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史)は、ドローンソリューションとAI技術を活用した映像解析技術で、警備や設備点検の完全自動化に向けたサービス開発で業務提携した。


大規模太陽光発電施設の点検業務で実証実験を開始

 株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンとデータセクション株式会社による業務提携は、第一弾として大規模太陽光発電施設の点検業務で実証実験を開始する。その仕組みは図のようになる。

両社が共同開発するサービスのイメージ

 ドローンで収集した映像を、映像解析技術で解析し、設備や施設の異常箇所を自動で検出する。異常が検出された位置情報に加えて、問題の種類をレポーティングするサービスも開発する。実証実験が行われた大規模の太陽光発電施設では、点検業務として定期的にドローンを航行させ映像を収集。そのデータを解析してソーラーパネルの故障を無人かつ早期に検出し、点検業務の効率化を図る。現時点ではパネル識別と異常個所の検出を実現している。

赤く塗りつぶされているパネルが故障し発熱している箇所

 今後は精度向上に向けた開発を継続し、2017年内の商用化を目指す。両社の業務提携は、大規模な工場や社会インフラを保有する自治体・事業者向けに、コンクリート構造物や鉄橋・鉄塔、道路などの点検や警備業務へと対象を広げていく予定。さらに、全自動運用ドローンシステムの「DRONEBOX」と組み合わせ、警備や設備点検業務の完全自動化にも取り組む。

この記事のライター

最新の投稿


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。


ドローンで見る東北大学星陵キャンパス

ドローンで見る東北大学星陵キャンパス

東北大学星陵キャンパスをドローンで撮影しました。


犬の散歩ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」英国通販サイトに登場 日本には配送されません

犬の散歩ドローン「Proflight Walkies Dog Drone」英国通販サイトに登場 日本には配送されません

「Proflight Walkies Dog Drone」は犬の散歩に特化したドローン。DJI Phantom 4に犬用リードを取り付け、バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2の世界を実現させる?


特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

特集ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(5)  ドローンをビジネスにしている人たち

ドローンを飛ばしている人は、大きく二つに分かれる。一つはホビーで楽しむ人。もう一つはビジネスにしている人。趣味ではなく仕事でドローンを飛ばす人たちは、どんな仕事でどのくらいの収入があるのか、気になるところだ。


栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市のユリ <FNNsline>

栃木・那須塩原市の「ハンターマウンテンゆりパーク」で、ドローン撮影。