ドローン×AIによる警備・設備点検業務の完全自動化を目指す

ドローン×AIによる警備・設備点検業務の完全自動化を目指す

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村 太晋)とデータセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史)は、ドローンソリューションとAI技術を活用した映像解析技術で、警備や設備点検の完全自動化に向けたサービス開発で業務提携した。


大規模太陽光発電施設の点検業務で実証実験を開始

 株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンとデータセクション株式会社による業務提携は、第一弾として大規模太陽光発電施設の点検業務で実証実験を開始する。その仕組みは図のようになる。

両社が共同開発するサービスのイメージ

 ドローンで収集した映像を、映像解析技術で解析し、設備や施設の異常箇所を自動で検出する。異常が検出された位置情報に加えて、問題の種類をレポーティングするサービスも開発する。実証実験が行われた大規模の太陽光発電施設では、点検業務として定期的にドローンを航行させ映像を収集。そのデータを解析してソーラーパネルの故障を無人かつ早期に検出し、点検業務の効率化を図る。現時点ではパネル識別と異常個所の検出を実現している。

赤く塗りつぶされているパネルが故障し発熱している箇所

 今後は精度向上に向けた開発を継続し、2017年内の商用化を目指す。両社の業務提携は、大規模な工場や社会インフラを保有する自治体・事業者向けに、コンクリート構造物や鉄橋・鉄塔、道路などの点検や警備業務へと対象を広げていく予定。さらに、全自動運用ドローンシステムの「DRONEBOX」と組み合わせ、警備や設備点検業務の完全自動化にも取り組む。

この記事のライター

最新の投稿


グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグルの親会社アルファベットのドローンでの配達計画「プロジェクト・ウィング」が開始され、オーストラリアの農村部への薬品配達を始めた。


「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

10月21日。「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を運営するDJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)が、オープニングイベントを開催。DJIからも応援のスタッフが駆けつけ、受付や抽選会に展示ドローンの説明をサポート。雨の中、近隣や遠方からも多くのドローン愛好家が参加した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。