ドローン×AIによる警備・設備点検業務の完全自動化を目指す

ドローン×AIによる警備・設備点検業務の完全自動化を目指す

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村 太晋)とデータセクション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:澤 博史)は、ドローンソリューションとAI技術を活用した映像解析技術で、警備や設備点検の完全自動化に向けたサービス開発で業務提携した。


大規模太陽光発電施設の点検業務で実証実験を開始

 株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパンとデータセクション株式会社による業務提携は、第一弾として大規模太陽光発電施設の点検業務で実証実験を開始する。その仕組みは図のようになる。

両社が共同開発するサービスのイメージ

 ドローンで収集した映像を、映像解析技術で解析し、設備や施設の異常箇所を自動で検出する。異常が検出された位置情報に加えて、問題の種類をレポーティングするサービスも開発する。実証実験が行われた大規模の太陽光発電施設では、点検業務として定期的にドローンを航行させ映像を収集。そのデータを解析してソーラーパネルの故障を無人かつ早期に検出し、点検業務の効率化を図る。現時点ではパネル識別と異常個所の検出を実現している。

赤く塗りつぶされているパネルが故障し発熱している箇所

 今後は精度向上に向けた開発を継続し、2017年内の商用化を目指す。両社の業務提携は、大規模な工場や社会インフラを保有する自治体・事業者向けに、コンクリート構造物や鉄橋・鉄塔、道路などの点検や警備業務へと対象を広げていく予定。さらに、全自動運用ドローンシステムの「DRONEBOX」と組み合わせ、警備や設備点検業務の完全自動化にも取り組む。

この記事のライター

最新の投稿


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。


D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第18期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

防水ドローン「Splash Drone Auto 3 日本仕様モデル」販売開始

Gate Side Marine株式会社(沖縄県国頭郡恩納村)は、防水ドローン「Splash Drone Auto 3」のメーカーSwellpro社(中国)と日本総代理店契約を締結し、1月20日(土)から先行販売プレオーダーの受付開始した。


【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

【ロボデックス2018】DJI Mavic Proの産業用途を拡大するJ DRONE

オーダーメイドでドローン製作に対応する株式会社日本サーキット(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:酒井哲広、以下J DRONE)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、DJI Mavic Proをはじめとした、各種の改造型ドローンを展示していた。