鯨の生態を調査する最先端のドローンSnotBot(スノーボット)

鯨の生態を調査する最先端のドローンSnotBot(スノーボット)

キックスターターで資金調達に成功したOCEAN ALLIANCE(オーシャン・アライアンス、本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Iain Kerr)は、鯨の生態を調査するための特注ドローンSnotBot(スノーボット)を開発した。


鯨の肺の内部サンプルを収集するドローンを独自に開発

特注ドローンSnotBot(スノーボット)の運用イメージ

 SnotBot(スノーボット)は、その名前の通り鯨が肺から吹き出す息や鼻水(snot)などを採取する目的で開発されたドローン。写真の形状からもわかるように、ドローンの下部に取り付けられた吸入装置を使って、鯨が鼻から吹き出した気体や液体を採取する。以前は、動画のようにドローンの下に脱脂綿やシャーレを取り付けて採取していた。新しく開発されたドローンにより、より多くの肺の内部のサンプルを取得することで、ウイルスや細菌の感染を確認し、DNAを解析して鯨の生態系が吸収している環境毒素も探索できる。さらに、ホルモンのレベルをテストすることにより、鯨の生息地に人間の活動が及ぼす影響も研究できるという。SnotBotドローンは、海上を飛行して鯨から約0.5マイル(約800メートル)の距離に近づいてサンプルを採取する。従来のモーターボートによる採取と比べて、鯨にストレスを与えることなく、効果的なサンプルを獲得できるという。
 開発にあたっては、アメリカの工学教育の改革を牽引しているオーリン・カレッジ(Olin College)が協力している。(http://www.olin.edu/)
 また米インテル社もデータ解析のためのAI(人工知能)の分野で協力している。

この記事のライター

関連する投稿


【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

【ドローン × AI】動くものすべて自律動作マシンになると予測するNVIDAのAI戦略

半導体メーカーのNVIDIA(エヌビディア、米国カリフォルニア州)は、都内でNVIDIA Deep Learning Seminar 2018を開催した。基調講演では、日本代表 兼 米国本社副社長 大崎 真孝氏が、自動車やドローンなど動くものはすべて自律動作マシンになると予測した。(田中亘)


第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPOでOPTiMがドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示

第2回AI・人工知能EXPO(東京・ビッグサイト)で、株式会社OPTiM(東京都港区)がドローンを活用したスマート農業ソリューションを展示し、来場者の関心を集めた。


ミツイワとNTTコムウェア、ドローンによる漁業密漁の監視抑止に画像認識AI 「Deeptector®」 を採用し検証を開始

ミツイワとNTTコムウェア、ドローンによる漁業密漁の監視抑止に画像認識AI 「Deeptector®」 を採用し検証を開始

 ミツイワ株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによる漁業密漁の監視抑止サービスにおける映像解析に、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(東京都港区/ NTTコムウェア)の画像認識AI 「Deeptector®」*1を採用することを決定、漁場におけるフィールド検証を4月から開始する。


日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社日立建設設計 (取締役社長:橘 滋夫、本社:東京都千代田区/以下、日立建設設計)と協力し、構造物の劣化箇所をAIで自動診断する「自動劣化診断機能」を「ドローン運用統合管理サービス」に追加した。


ヘビーデューティーな産業用自律式AIドローン「Sparrow」

ヘビーデューティーな産業用自律式AIドローン「Sparrow」

イスラエルの「Percepto社」(2013年設立)の「Sparrow(雀)」は、産業用のAIドローンである(「Percepto Autonomous Drones」)。


最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

Mavicもスッポリ「ドローン専用ポケット付」バックパック、ALPAKA「Shift Pack」

「Kibidango(きびだんご)」は、オーストラリアのバッグブランド「ALPAKA(アルパカ)」の新商品「Shift Pack(シフトパック)」の日本上陸に向けたプロジェクトを、6月10日より開始した。