インストラクターもグラドルも! 熱気に包まれた第4回ドローントークPIT華やかに開催 「未来はドローンと女子力で開ける!」

インストラクターもグラドルも! 熱気に包まれた第4回ドローントークPIT華やかに開催 「未来はドローンと女子力で開ける!」

 ドローン関連情報の専門サイト、「ドローンタイムズ」は6月9日、雑談系交流イベント「第4回ドローントークPIT」を開催しました。「ドローン×女子力」をテーマに、パイロット、グラビアアイドル、インストラクター、ビジネスユーザーら各界のスタープレイヤーである女子が登壇、満席の会場は華やかな熱気で満たされ大盛況でした。


ドローン業界の女子力を再認識させられた4回目となったトークPIT。

 この日のゲストは、一般社団法人ドローン大学校(東京)でティーチングアシスタントを務める佐野いくみさん、ホビー販売を手掛ける株式会社ハイテックマルチプレックスジャパン(東京)のブランドイメージを担う「HITECイメージガール」を務めたグラビアアイドル、渋沢一葉(しぶさわ・いよ)さん、新エネルギーの普及支援を手掛ける株式会社糺の森(東京)でドローン事業を担う土方愛玲奈(えれな)さん、日本人初の米連邦航空局(FAA)認定パイロットとなった株式会社FLGHTS(フライツ、東京)の堀内亜弥さん。多彩な顔ぶれのホンネを、女子とドローンの可能性をいち早く見抜き、発信する活動を続けている「ドローンジョプラス」代表、佐々木桃子(ササモモ)さんが引き出しました。

お約束通り乾杯からスタートしたトークPIT。

 ササモモさんは会場に、ドローン未経験者に挙手を求め、3人いることを確認。「ドローンが初めての方にも楽しさや可能性が伝わるによう進めていきますね」と、本題に入りました。
 最初に投げかけたテーマは、ゲスト登壇者がドローンに深く関わるきっかけとなった、そもそものドローンとの出会いについてです。
 ドローンのビジネススクール、ドローン大学校で働く佐野さんは、「広告代理店でテレビCMの製作を担当していて、新しいことに挑戦しようと考えていたころ、父が『ドローンがはやっているらしい』と教えてくれました。それならまずは見てみよう、と思ってドローン大学校の説明会に参加したら、これがおもしろそうで。それで入学して、気付いてみたら今は、ティーチングアシスタントとして働いています。つまり、ドローンとの出会いは父の一言がきっかけでした」と語ってくれました。
 また、米国でビジネスとしてドローンをフライトさせるときに必要となる米連邦航空局(FAA)の資格を、日本人として初めて取得したことで業界を驚かせた堀内さんは、もともとはドローンではなく、ホンモノの飛行機のパイロット。「上空からの風景が好きで、ドローンを使えばそれがみられるので興味を持ちました。昨日も関西で大規模施設の撮影をしてきました」と、話してくれました。
 かと思ったら、タレント活動をしている渋沢さんはおもちゃ好き、という意外な一面を披露。「特にクルマ、プロレス、ファミコン、ラジコンといった少年っぽいものが好きで、その中のひとつとしてドローンがあったんです。それが縁で、『HITECイメージガール』のお仕事もさせて頂きました」と、ドローンとの出会いがおもちゃ好きの延長であったことを話してくれました。おもちゃ好きらしく、「いまもミニドローンをちまちまと練習してます」と言うと、会場から「かわいい」の声があがりました。
 このテーマで会場が沸いたのは、株式会社糺の森の土方さんのお話。「ビルやマンションのエネルギーコスト削減の支援事業を展開する会社で社員として働いています。発電設備の工事に関連する仕事を請け負うことがありまして、工事には写真測量が必要になるんです。あるとき会社の中で、『写真測量をするならドローンを使うことが有効じゃないか』って話になっていたんです。そしたらどういうわけか自分がそれをやることになりまして、どういうわけかいま、ドローンを使っています」と社業で使う流れになったと説明。それまでの「興味を持っていて」とか「空からの風景が好きで」といった、自身の好奇心とは異なるいきさつに、社業としての運命を理解する会場のサラリーマンから笑いがおきました。そんなときに「実際はドローンのこと、大好きなんですよ」と発言したのは、参加者として席にいた土方さんの先輩社員、桐山啓介さん。土方さんもステージでウンウンとうなずき、笑いが一段と大きくなりました。

 ファシリテーターのササモモさんはこのあと、「ドローンを使うようになって、変わったこと」「ドローンと女子力のこれから」「初心者におすすめの機体」など、参加者が興味をかきたてられるテーマを次から次へと繰り出して盛り上げました。ゲストもササモモさんの示したテーマに、個性あふれる回答を連発。会場からは笑いが起きたり、拍手が起きたりと終始、盛り上がりは最高潮。お酒を飲みながら、ほかの参加者と感想を交換もして、ステージと会場は一帯感が高まっていました。
 最後にササモモさんが「きょうのお話を通じて、未来や可能性は無限なんだな、ということを見つめ直すきっかけになればうれしく思います」とまとめ、最後まで熱のさめなかったPITの会場から、ササモモさん、ゲストのみなさんに拍手が送られました。
 次回のPITは7月14日(金)に開催する予定です。

ドローン女子たちの乾杯! RICOH THETA S 360°カメラ

ドローンジョプラス
株式会社糺の森
一般社団法人ドローン大学校
株式会社FLIGHTS
渋沢一葉

この記事のライター

関連する投稿


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。


インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルエネルギーフォーラム2018にFalcon 8+が登場

インテルは都内でエネルギー関係者に向けて今年で三回目となるインテルエネルギーフォーラム2018を開催した。基調講演や展示コーナーに、最新のドローンに対する取り組みと日本で販売を開始するFalcon 8+が展示された。


【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

 ドローンを肴に飲み物とおしゃべりを楽しむ、雑談系交流会「ドローントークPIT」は、8月3日に第9回を開催しますが、今回はいつも大切にしているコンセプトはそのままに、初めてのことが盛りだくさんの記念すべき回になります。その内容をちょっとご紹介します。


FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


「ドローントークPIT」開催します! 6月15日は大手町に集合!

「ドローントークPIT」開催します! 6月15日は大手町に集合!

 ドローンタイムズは、ドローンについて、飲み物やつまみを片手に第一人者やゲストの話を聞き、気軽に思いついたことや意見を言える、フラットでオープンな雑談系交流会「ドローントークPIT」を6月15日(金)、東京・大手町で開催します。そろそろ梅雨ですが、ドローン話でけだるさを吹き飛ばしましょう!(おーっ!)


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。