ザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部がエアロセンスのドローンを飛行体験

ザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部がエアロセンスのドローンを飛行体験

日本のドローンに関する規制や物流における活用事例の学習と飛行視察を目的に来日したザンビア共和国の保健省と民間航空局の幹部3名が、エアロセンスのドローンを飛行体験を6月7日、千葉県市原市勝間にある勝間飛行場で行った。


ドローンを活用した医薬品などの空輸を目指すザンビア共和国

オートパイロットを操作する視察団とエアロセンスの嶋田悟氏(右)

 今回の来日は、独立行政法人国際協力機構(東京都千代田区、理事長:北岡伸一、以下 JICA)の「開発途上国の社会・経済開発のための民間技術普及促進事業」としてエアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)が実施中の「ザンビア国 小型無人航空機(ドローン)を用いた物流サービス普及促進事業」の一環で実現した。ザンビア共和国からは、保健省の幹部1名と民間航空局の幹部2名が来日し、千葉県市原市勝間にある勝間飛行場でエアロセンス製の2種類のドローンを視察した。1つは、自律飛行のVTOL型ドローン。垂直に離着陸して、上空で大型のプロペラを水平の向きに回転させることで水平飛行の推力を得る。最高速度は130km/hを越え、20km先まで検体サンプルなどを空輸できる。実験では、PCのアプリケーションから飛行ルートを設定すると、フルオートで離陸し水平飛行に移ると数回の旋回を繰り返し、数分後に最初の離陸地点に着陸した。自律飛行の様子を視察したCIVIL AVIATION AUTHORITY(民間航空局)でINSPECTOR AIRWORTHINESS AVIONICS(航空機監査官)を務めるEng. Lumbwe Chiwele氏は、「ザンビアは洪水で道路が潅水し、陸路のインフラが十分ではないので、ドローンによる検体サンプルなどの空輸により、保健医療の分野で活用されることを期待している。また将来的には、測量や資源探査などで活用できればと願っている」と語る。

オートパイロットの様子を見守る一行

マルチコプターのセットアップからオートフライトまでを体験

マルチコプターのセットアップも体験

 VTOL機の自律飛行に続いて、同じくエアロセンス製のマルチコプターを実際に操作する飛行体験も行われた。専用のケースに収納されたマルチコプターに、バッテリーやカメラを取り付ける手順から、PCのアプリケーションの音声ガイダンスにしたがって、機体に装備されているコンパスのキャリブレーションを行い、フライトプランを実行してオートパイロットによる自律飛行を経験した。エアロセンスのマルチコプターは、PCに接続したコントローラーを使って、マニュアルでの飛行もできる。一連の操作を指導していたエアロセンスの嶋田悟氏は、オートフライトの途中で操作をマニュアルに切り替えて、来日した3名にドローンの操縦も体験してもらった。先のChiwele氏も実際のドローンを操縦して「思っていたよりも簡単に操作できた」と感想を述べた。
 今後は、マルチコプターとVTOL機をザンビア共和国に持ち込み、現地での実証実験を地元のスタッフが行い、数ヶ月後に日本にフィードバックする計画。

機体のキャリブレーション設定も体験

コントローラーでマルチコプターを操作する視察団

この記事のライター

関連する投稿


G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

G空間EXPOに登場したドローンと最先端の測量機器

10月12日から14日までの3日間。日本科学未来館(東京・お台場)で、G空間EXPO 2017が開催された。測位や測量技術を活用して、時間と場所を生活や産業に役立てる技術がG空間。G空間の情報を活用するために、最新の測量機器やドローンによるソリューションが展示されていた。


エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンスが「エアロボクラウド」並列処理の実装で、写真測量処理の大幅な高速化を実現

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、 産業用ドローン向け i-Construction 対応クラウドサービス「エアロボクラウド」で、 クラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3D モデル の 即 日仕上げが可能な改良版を9月26日にリリースした。


エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンスが有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムで音楽ライブ中継初運用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、このたび、同社製の有線給電ドローンを活用した高画質ライブ撮影システムをソニービジネスソリューション 株式会社(東京都港区)と構築し 、静岡放送株式会社の主催イベント 「超ド S フェスタしずおか」の音楽ライブ中継で初運用した。


日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

日本で100km超の自律飛行に挑むエアロセンスと米スウィフト社

7月12日。エアロセンス株式会社(本社:東京都文区、代表取締役:谷口恵恒)は、スウィフ スウィフト・エンジニアグ株式会社(本社:カリフォル州サクレメンテ、代表取締役:リック ハイス)と、VTOL(垂直離着陸型固定翼)ドローンを国内で事業化すると発表した。


エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンスがGPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション 「エアロボ測量2.0」のサービス提供開始

エアロセンス株式会社は国交省の推進するi-Constructionで、3DモデルデータをベースとしたICT施工の普及が進む中、ドローンを連携させたソリューションによって、これまで普及の足かせになっていた現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減する「エアロボ測量2.0」のサービスの提供を7月から開始したと発表した。


最新の投稿


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

侵入ドローン対処、妨害電波で無力化(三菱電機)・ネットで捕獲(日本エム・アイ・シー)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。