次世代の空撮プラットフォームMatrice 600をDJIが発表

次世代の空撮プラットフォームMatrice 600をDJIが発表

2016年4月に米国ラスベガスで発表された次世代空撮プラットフォームのMatrice 600をDJI JAPANが国内でも紹介した。発表会に登壇したDJI JAPANの代表取締役社長 呉韜氏は、同社のドローン開発の歴史に触れた後、製品の特長について説明した。


新モデルのMatrice 600は、最大積載重量が6.0kgの6ローターシステム。本体には6個のバッテリーを放射状に搭載し、機体のバランスを向上させると同時に、電源の多重化と大容量(5700x6mAh)を実現している。その飛行時間は、取り付けるカメラやアダプタの種類によって異なるが、最長で36分から16分のフライトを可能にしている。長時間の安定した空撮映像を撮影できるように、耐久性の高い防塵設計の推進システムを採用し、モーターを能動的に冷却する。機体は360度のカメラワークを可能にするために、フライト時にランディングギアを水平に格納する。また、搭載できるカメラ用のジンバルは、同社の全シリーズに対応し、伝送できるHDライブストリーミングも、最大で5kmまで対応する(日本では3.5kmまで)。そして、ドローンの頭脳となるフライトコントローラーも、新しい製品が発表された。マルチコプター用としては同社にとって第三世代目となるA3フライトコントローラーは、従来の製品と比べて、システムの冗長化による安定性と安全性を向上している。上位モデルのA3 Proでは、モジュールに三重の冗長性を採用し、3つのIMU(慣性計測装置)と3つのGNSS(グローバル衛星測位システム)ユニットを搭載し、6重の冗長性を備える。

センチメートル単位での正確な位置調整を実現するRTK技術

「フライトコントローラーA3のGNSSシステムは、オプションでDJIのリアルタイムキネマティック(RTK)技術にアップグレードできます。RTK技術は、ドローンに搭載したGPS信号と基地局で受信したGPS信号をリアルタイムで計算し、正確な位置情報を伝える校正電波をドローンに送る仕組みです。RTK技術は、磁気干渉にも耐えるので、商用に求められる緻密な飛行を可能にします」と呉氏は説明する。
さらに、DATA LINK/GRAND STATIONという拡張機能を組み合わせることにより、最大で5台のドローンを同時に制御できる。DJIでは、ドローンを制御するためのソフトウェア開発をサポートするオンボードSDK(ソフトウェア開発キット)も提供しているので、ドローンにマイコンを搭載して機体を直接制御する、といった使い方も可能になる。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 空撮 プラットフォーム

最新の投稿


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

2016年に日本ロマンチスト協会と日本財団の「恋する灯台プロジェクト」により新潟県糸魚川市能生の弁天岩灯台が聖地認定された。


福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。