【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

【慶大×田村市】ドローン講座の成果は? 6月10日に注目の「成果発表会」! 生徒が発表、ササモモさんも講演!

 慶應義塾大学と〝ドローン協定〟を結んでいる福島県田村市は、市内にある県立船引高校生を対象に開講している「ドローン特別講座」の「成果発表会」と、新年度特別講座の開講式を6月10日(土)、田村市役所内で実施すると発表した。ドローン普及活動を展開している「ドローン女子」代表のササモモさんも講演する。観覧は無料。


基礎から利活用までに取り組んだ生徒の晴れ舞台に

 田村市は昨年12月に慶大とドローンの利活用を通じた地域活性や人材育成をテーマに、連携協力協定を締結した。その活動の一環で、船引高校で「ドローン特別講座」を開催。今年3月末までに、ミニドローンを使った基礎的な操作から、「レース」「社会課題解決」「空撮」まで利活用分野に取り組んできた。4月下旬には、「空撮」に取り組んだ生徒3人が、市内の桜の名所を撮影するなど、講座を超えた活動も展開してきた。
 成果発表ではこの活動に参加した生徒にとって、それぞれの取り組みを発表する晴れ舞台となる予定だ。
 特別講座で指導にあたってきたのは、慶大で従来の研究領域を超えてドローンの利活用のありかたを探索している「ドローン社会共創コンソーシアム」の、古谷知之代表、南政樹事務局長の教員陣と研究員が中心だ。成果発表では古谷代表が講演、成果について講評する。コンソーシアム研究員で、折に触れて生徒の指導にあたってきた株式会社糺の森のメンバーも生徒を支える。また前日の9日に、DroneTImesが主催する交流イベント、「ドローントークPIT」でファシリテーターを務めるドローン女子のササモモさん(佐々木桃子さん)も講演する。
 この日は同時に、ドローン特別講座の新年度開講式も開催し、船引高校のドローン人材育成の流れを引き継ぐ。

概要は以下の通り。
「ドローン特別講座成果発表会&平成29年度ドローン特別講座開講式」
1.開催日時 平成29年6月10日(土) 14:00~16:00
2.場所 田村市役所 多目的ホール(1階)(田村市船引町船引字畑添76-2)
観覧無料、事前申込み不要
3.予定
14:00 開会
14:05 挨拶 田村市長
14:10 講演 慶應大学 古谷教授
ドローン女子 佐々木代表
特別講座成果発表 平成28年度参加生徒
(協力:株式会社 糺の森 様)
15:55 講評 県立船引高等学校 伊豆校長
16:00 閉会
問い合わせ先:田村市役所産業部商工観光課 0247―81―2136

ドローン特別講座に参加した石井新一さん、佐藤史隆さん、半澤翔太さんの3人が、4月下旬、田村市内で満開を迎えた桜の空撮に臨んだ。見守るのはドローン社会共創コンソーシアム研究員でもある株式会社糺の森、桐山啓介さんと土方愛玲奈さん=4月22日、福島県田村市

「ドローン特別成果発表会」が開かれる福島県の田村市役所

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

 慶大と〝ドローン連携協定〟を結んでいる福島県田村市で8月7日、福島県立船引高校のドローン特別講座の第2回が行われ、トイドローンで指ならしをした生徒たちは、前回、郡山測量設計社から寄贈されたPhantom4などを操縦し、空撮の基本を学びました。


【慶大×田村市】地元企業、船引高校にドローン寄贈! ファントム、レース用、ゴーグルも! 生徒代表「活躍に励みます」

【慶大×田村市】地元企業、船引高校にドローン寄贈! ファントム、レース用、ゴーグルも! 生徒代表「活躍に励みます」

 慶大からドローンの指導を受けている福島県立船引高校に、株式会社郡山測量設計社(野中春夫社長)が、生徒がドローン活動や練習に使うためのドローンや関連機材が大量に寄贈されました。同社は創業者が田村市の出身で、寄贈は地元への貢献の一環です。生徒達はさっそく、この日の第2期講座で真新しいドローンのフライトを堪能しました。


熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

熱気に満ちた第5回ドローントークPIT「ドローン×ジモトノチカラ」 田村市、那賀町、skyerの取り組みは

 ドローンタイムズは7月14日、「ドローン×ジモトノチカラ」をテーマに「第5回ドローントークPIT」を開催しました。異なる立場の論客3人が思いの込もった発表を披露すると、ファシリテーター・ササモモさんの問いかけをきっかけに、満席の客席から積極的な発言が相次ぎ、会場は異常なほどの熱気と笑顔で満たされました。


慶大SFC、オープンキャンパス模擬授業で「ドローン」 古谷教授が40分熱演&熱弁

慶大SFC、オープンキャンパス模擬授業で「ドローン」 古谷教授が40分熱演&熱弁

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム代表の古谷知之総合政策学部教授が、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で開かれたオープンキャンパスで、来場した将来の学生や同伴者向けにドローンに関する模擬授業を行った。ドローンの可能性や、研究の役割などについて約40分間熱弁し、会場を魅了した。


【慶大×田村市】特別講座第2期開講!「田村をドローンの聖地に」 1年生7人が新加入

【慶大×田村市】特別講座第2期開講!「田村をドローンの聖地に」 1年生7人が新加入

 慶應義塾大学と〝ドローン協定〟を結んでいる福島県田村市は6月10日、市内の県立船引高校生を対象に開講している「ドローン特別講座」の第2期開講式を田村市役所で開いた。受講生に1年生7人が新たに加入。先輩から操縦法を身に付け、利活用を学ぶ。慶大と市は特別講習を核に、同市を「ドローンの聖地」に定着させる取り組みを展開する。


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。