子供たち大喜び! ドローン女子が横浜開港祭でドローン体験会開催

子供たち大喜び! ドローン女子が横浜開港祭でドローン体験会開催

横浜市の開港記念日にあたる6月2日、第36回目となる「横浜開港祭」(主催:横浜開港祭実行委員会)が臨港パーク及びみなとみらい21地区などで開催され、ドローン女子による体験イベントもパシフィコ横浜前の円形プラザで行われた。3日まで。


ドローン女子のイベントを通じてドローンの魅力を発信

「ドローンは初めてだったけど、またやりたい」と子供たちはドローンのゲームを楽しんだ=2日午後、横浜市中区のみなとみらい21地区

DRONE BALLゲームはパロット製のトイドローン「マンボ」を使った。ドローン前部に挟んだボールをコップの中に落とすだけだが、意外と難しい。

 横浜市の開港記念日にあたる6月2日、第36回目となる「横浜開港祭」(主催:横浜開港祭実行委員会)が臨港パーク及びみなとみらい21地区などで開催され、ドローンの魅力を発信するドローン女子による体験イベントもパシフィコ横浜前の円形プラザで行われた。
 開港記念日は横浜市内のほとんどの小中学校が休みのため、午後1時から開始されたドローン体験イベントには約70人の子供たちが参加、ドローン女子の指導で小型ドローンの操縦を楽しんだ。
 円形プラザ中央には特設ケージが組まれ、子供たちはコントローラーの使い方を説明されたあと、小型ドローンのパロット製「マンボ」がつまんだボールを前方のカップに入れる「DRONE BALL」ゲームを行った。
 ドローンは初めてという朝野彩加さん(7)は「最初は上手くできるか心配だった。やってみると楽しかったので、またやってみたくなった」と笑顔を見せた。
 見事カップにボールを入れた大込春斗君(9)は「初めてだったけどファインプレー賞で500円もらいました。面白かった」と声を弾ませた。
 体験会の他にはDJI製のドローンのデモフライトも行われた。
 今回のイベントで、子供たち一人ひとりにコントローラーの操作を説明したドローン女子のメイさんは「こうした子供が楽しめるイベントを通じて、ドローンファンの裾野を広げたい」と話した。
 体験会は2日だけで、3日はドローン女子のテントでトイドローンなどを販売する。午前10時から午後5時までの予定。

開港祭でドローンを飛ばすため、主催の横浜開港祭実行委員会が関係各所を説得しパシフィコ横浜前の円形プラザでのイベント開催に漕ぎ着けたという。

ひとりづつ操縦の説明をしたメイさんによると「風が強かったが、子供たちの操縦は上手だった」とほめていた

お父さんの方が熱くなる。

この記事のライター

関連する投稿


ハロウィンもドローンを! ドローン女子がイオンモール浦和美園で体験会

ハロウィンもドローンを! ドローン女子がイオンモール浦和美園で体験会

 ドローンの魅力を発信する女性だけの普及活動チーム、ドローン女子が10月9日、さいたま市のイオンモール浦和美園で体験会を開き、家族連れが訪れてフライトを楽しんだ。


 ドローン女子 女性限定・ドローン体験会@東京 10月24日(火) 

ドローン女子 女性限定・ドローン体験会@東京 10月24日(火) 

ドローン体験会を開催いたします(^^)ドローンに触れた事がない方、ドローンを飛ばしてみたい方♪ぜひご参加ください(*^ω^*)


ドローン女子 ドローン体験会@東京【女子限定募集!】9月16日(土) 

ドローン女子 ドローン体験会@東京【女子限定募集!】9月16日(土) 

ドローン体験会を開催いたします(^^)ドローンに触れた事がない女子、ドローンを飛ばしてみたい女子♪ぜひご参加ください(*^ω^*)


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


ドローン女子が初の自主企画イベント「ぼくらのそら」開催 クラウドファンディングも実施中

ドローン女子が初の自主企画イベント「ぼくらのそら」開催 クラウドファンディングも実施中

ドローンの魅力を発信する女性チーム「ドローン女子」(佐々木桃子代表)が、初の自主企画イベント「ぼくらのそら」を8月19日、東京・新木場のライブイベントスペース、STUDIO COASTの屋外エリアで開催する。無料なら3分、2000円で10分のフライト体験ができ、いずれもドローン女子メンバーによる手ほどきを受けられる。


最新の投稿


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。


40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

40台以上のドローンを導入して積極的に利活用する九州電力の取り組み

インテルエネルギーフォーラム2018で、九州電力株式会社は、ドローンによる電気設備の保守点検や災害状況の把握など、利活用の最前線と未来に向けた展望を講演した。


ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

ヘキサコプターの常識を覆す革新的なドローンが登場

アブダビに本社を置くKrypto Labs(クリプトラボ)が主催したドローンイノベーションスタートアップコンテストで、スイスのVoliro社が開発した革新的なヘキサコプター型ドローンが、50万ドル(約5,500万円)の賞金を受け取った。