子供たち大喜び! ドローン女子が横浜開港祭でドローン体験会開催

子供たち大喜び! ドローン女子が横浜開港祭でドローン体験会開催

横浜市の開港記念日にあたる6月2日、第36回目となる「横浜開港祭」(主催:横浜開港祭実行委員会)が臨港パーク及びみなとみらい21地区などで開催され、ドローン女子による体験イベントもパシフィコ横浜前の円形プラザで行われた。3日まで。


ドローン女子のイベントを通じてドローンの魅力を発信

「ドローンは初めてだったけど、またやりたい」と子供たちはドローンのゲームを楽しんだ=2日午後、横浜市中区のみなとみらい21地区

DRONE BALLゲームはパロット製のトイドローン「マンボ」を使った。ドローン前部に挟んだボールをコップの中に落とすだけだが、意外と難しい。

 横浜市の開港記念日にあたる6月2日、第36回目となる「横浜開港祭」(主催:横浜開港祭実行委員会)が臨港パーク及びみなとみらい21地区などで開催され、ドローンの魅力を発信するドローン女子による体験イベントもパシフィコ横浜前の円形プラザで行われた。
 開港記念日は横浜市内のほとんどの小中学校が休みのため、午後1時から開始されたドローン体験イベントには約70人の子供たちが参加、ドローン女子の指導で小型ドローンの操縦を楽しんだ。
 円形プラザ中央には特設ケージが組まれ、子供たちはコントローラーの使い方を説明されたあと、小型ドローンのパロット製「マンボ」がつまんだボールを前方のカップに入れる「DRONE BALL」ゲームを行った。
 ドローンは初めてという朝野彩加さん(7)は「最初は上手くできるか心配だった。やってみると楽しかったので、またやってみたくなった」と笑顔を見せた。
 見事カップにボールを入れた大込春斗君(9)は「初めてだったけどファインプレー賞で500円もらいました。面白かった」と声を弾ませた。
 体験会の他にはDJI製のドローンのデモフライトも行われた。
 今回のイベントで、子供たち一人ひとりにコントローラーの操作を説明したドローン女子のメイさんは「こうした子供が楽しめるイベントを通じて、ドローンファンの裾野を広げたい」と話した。
 体験会は2日だけで、3日はドローン女子のテントでトイドローンなどを販売する。午前10時から午後5時までの予定。

開港祭でドローンを飛ばすため、主催の横浜開港祭実行委員会が関係各所を説得しパシフィコ横浜前の円形プラザでのイベント開催に漕ぎ着けたという。

ひとりづつ操縦の説明をしたメイさんによると「風が強かったが、子供たちの操縦は上手だった」とほめていた

お父さんの方が熱くなる。

この記事のライター

関連する投稿


ドローン女子が初の自主企画イベント「ぼくらのそら」開催 クラウドファンディングも実施中

ドローン女子が初の自主企画イベント「ぼくらのそら」開催 クラウドファンディングも実施中

ドローンの魅力を発信する女性チーム「ドローン女子」(佐々木桃子代表)が、初の自主企画イベント「ぼくらのそら」を8月19日、東京・新木場のライブイベントスペース、STUDIO COASTの屋外エリアで開催する。無料なら3分、2000円で10分のフライト体験ができ、いずれもドローン女子メンバーによる手ほどきを受けられる。


【募集!】8月20日(日)  ドローン体験会@東京

【募集!】8月20日(日)  ドローン体験会@東京

ドローン体験会を開催いたします


ドローン女子がドローン体験会@東京開催(7月22日) 参加者募集中!

ドローン女子がドローン体験会@東京開催(7月22日) 参加者募集中!

ドローン体験会を開催いたします(^^) ドローンに触れた事がない方、ドローンを飛ばしてみたい方♪ ぜひご参加ください(*^ω^*)


インストラクターもグラドルも! 熱気に包まれた第4回ドローントークPIT華やかに開催 「未来はドローンと女子力で開ける!」

インストラクターもグラドルも! 熱気に包まれた第4回ドローントークPIT華やかに開催 「未来はドローンと女子力で開ける!」

 ドローン関連情報の専門サイト、「ドローンタイムズ」は6月9日、雑談系交流イベント「第4回ドローントークPIT」を開催しました。「ドローン×女子力」をテーマに、パイロット、グラビアアイドル、インストラクター、ビジネスユーザーら各界のスタープレイヤーである女子が登壇、満席の会場は華やかな熱気で満たされ大盛況でした。


【募集!】6月18日(日)  ドローン体験会@東京|ドローン女子

【募集!】6月18日(日)  ドローン体験会@東京|ドローン女子

ドローン体験会を開催いたします(^^) ドローンに触れた事がない方、ドローンを飛ばしてみたい方♪ ぜひご参加ください(*^ω^*)


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。