日本のドローン産業を育てる「ドローンファンド」が始動

日本のドローン産業を育てる「ドローンファンド」が始動

個人投資家の千葉功太郎氏が中心となり、日本初のドローン・スタートアップに特化したベンチャーキャピタルの「ドローンファンド」が設立された。発表会には、第一陣となるベンチャー企業やアドバイザリーボードの専門家が集結した。


Team Japan Droneで世界と戦うスタートアップをプロデュース

 Drone Fund(ドローンファンド、正式名称:千葉道場ドローン部 1 号投資事業有限責任組合)は、世界に通用する日本のドローン・スタートアップ企業を育てる目的で設立された。世界のドローン産業は、中国、欧州、米国を中心に世界的な企業やサービス事業が拡大している。それに対して、日本のドローンを取り巻く産業は、2022年までに1400億円を越える産業に成長するという予測はあるものの、有望視される企業やビジネスモデルは少ない。こうした現状に対して、ドローンビジネスや経営に詳しい千葉氏を中心とした専門家チームは、ハードウェアからソフトウェアまで有望なスタートアップ企業に投資し、日本のドローン企業を育成していく。発表会には、初期組み入れ予定の11社が集結し、各社の代表が事業モデルや経営ビジョンなどを紹介した。
・DroneJapan(農業リモートセンシング)
・CLUE(遠隔制御IoT)
・DRONE DEPARTMENT(人材派遣)
・iROBOTICS(VTOL機開発)
・Drone e motion(空撮サービス)
・AERIAL LAB(ホバーバイク)
・DRONE IPLAB(知財管理)
・yodayoda.Inc(非GPS飛行)
・KAMOMEYA(離島空輸)
・FPV Robotics inc.(ドローンレース)
・AERONEXT(非公開)

DRONE FUND設立を発表する千葉功太郎氏。

ドローンやロボットの専門家がアドバイザリボードを構成

 千葉氏の投資をサポートするのが、国内ドローン業界やロボット業界で活躍する6名のアドバイザリーボードのメンバー。(敬称略)
・坂本 義親(株式会社ORSO 代表取締役社⻑)
・⻄脇 資哲(⽇本マイクロソフト株式会社 業務執⾏役員)
・尾原 和啓(IT批評家)
・⾼橋 伸太郎(慶應義塾⼤学政策・メディア研究科特任講師)
・大前 創希(株式会社クリエイティブホープ 代表取締役会⻑)
・今井 ⼤介(アスラテック株式会社ロボットエバンジェリスト)
 この他にも、法律顧問やファンド運営に監査などのスタッフも揃え、スタートアップ企業をサポートしていく。ファンドに関する詳細は、以下のようになる。

基本情報
• 名称 :千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合
• 総額 :1,000百万円超 (需給状況により変化。うち、無限責任組合員の出資シェア10%前後)
• 設⽴形態 :投資事業有限責任組合契約に関する法律(平成10年法律第90号)に基づく投資事業有限責任組合
• 特例業務届出者 :鎌倉インベストメント株式会社(千葉功太郎100%株式保有会社)、千葉功太郎

ファンド期間
• 期間 : 2017年6⽉1⽇より10年(但し、無限責任組合員の 判断で2年間の延⻑オプションあり)
• 募集期間 : 2017年12⽉末まで(⽬標額に達し次第締め切り)
• 事業年度 : 1⽉1⽇から12⽉31⽇までとし組合決算書は監査法⼈による監査を受ける(初年度は7ヶ⽉決算)

運営報酬
• 管理報酬 : 出資約束⾦額の2.5%(税別)、6年⽬以降は1.75%(税別)
• 設⽴報酬 :第1事業年度末時点における出資約束⾦額の0.5%を上限とした実費分

発表会で千葉氏は「このファンドは、『日本ドローン株式会社』のような発想です。ドローンスタートアップを、ハード・ソフト両面から連携し、国内大企業とドローンスタートアップのオープンイノベーションも促進することで、世界で戦える、スタートアップをプロデュースし、Team JAPAN Droneを実現したい」と語った。

この記事のライター

関連する投稿


「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

「青森をドローン利活用の先進県に」あおもりドローン利活用推進会議が会見 大前氏「ドローン前提社会は到来する」

 青森県のドローン産業を振興し、地域の活性化を目指す「あおもりドローン利活用推進会議」は9月27日、青森公立大学で発足を説明する会見を開いた。青森公立大学の香取薫学長が「青森をドローン利活用の先進県に」とあいさつ。顧問に就任したDrone Fundの大前創希共同代表パートナーも「青森でこそドローンが有効」と話した。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

千葉功太郎氏、DroneFund2号設立を発表 ミニマム30億円 「暫定、世界最大規模」

 日本を代表する個人投資家の1人、千葉功太郎氏が率いるドローン・スタートアップ特化型ファンドDrone Fundは7月31日、「Drone Fund2号」を8月1日付で設立すると発表した。ファンドの規模は30億~50億円を見込む。特化型として「暫定で世界最大級でドローン前提社会とエアモビリティー社会の創造に邁進する。


【SLUSH TOKYO】インフォステラもスピーチ! スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2018開催中

【SLUSH TOKYO】インフォステラもスピーチ! スタートアップの祭典、SLUSH TOKYO 2018開催中

 世界中のスタートアップの祭典、スラッシュ・トウキョウ(SLUSH TOKYO)が28日に、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開幕した。起業家が事業構想を競うピッチングコンテストでは、初日に80の経営者が登壇し、20人がセミファイナルに進んだ。29日に受賞者が決まる。


【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

【ドローンジャパン2018】パネルセッション:ドローン産業における事業開発や、投資・スタートアップ支援最前線

ドローン前提社会において提供したい価値を議論し、ドローン産業のエコシステムについて中長期的なビジョンを共有する目的で、投資とスタートアップの最前線を業界で活躍する第一線のパネリストが熱い議論を交わした。


最新の投稿


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

DroneDeployがサンフランシスコでプライベートカンファレンスを開催

2018年10月11日、米国サンフランシスコ。ドローンによる空撮画像のマッピングプラットフォームを提供するDroneDeploy(米国)は、プライベートのDroneDeploy Conferenceを開催し、2日間にわたってAIや開発環境にコラボレーション機能などを紹介した。


DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

DJI、測量用高精度ドローン「PHANTOM 4 RTK」を発表

PHANTOM 4 RTKはDJI史上最もコンパクトで正確な低高度マッピングソリューションを実現。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

空飛ぶタクシーの実現に向けてニュージーランドが一歩前進

2018年10月16日、ニュージーランド。ニュージーランド航空は、有人ドローンのcoraを開発しているゼファー・エアーワークスと提携し、ニュージーランドで航空タクシーを提供するために共同で作業すると発表した。