ドローン活用による農業リモートセンシングの最前線

ドローン活用による農業リモートセンシングの最前線

アグリテック・サミット(主催:日本経済新聞社)で、ドローン・ジャパンの勝俣喜一郎代表取締役が、ドローンを活用した農業のリモートセンシングの最前線について講演した。


ドローン+センサー+クラウドが農業リモートセンシングの基本構成

農業リモートセンシングの最新動向について講演する勝俣喜一郎氏

 勝俣氏はドローン・ジャパンを設立する以前は、日本マイクロソフトでIT関連のビジネスに携わっていた。その経験から、ドローンをセンサーデバイスとして農業に活用すると、圃場の水位に水温などの状況や生育状態の分布などを的確に判断できると考えている。そのためには、農業に適したセンサー機器を搭載したドローンを自動航行で飛行させ、得られたデータをクラウドに集約して、ITを駆使した分析や予測を行うトータルソリューションの構築が必要になる。その概念を示したものが、会場で紹介された一枚のスライドに示されている。

農業リモートセンシングのトータルソリューション構成イメージ

 この図からもわかるように、圃場のセンシングには空中ドローンだけではなく、水上ドローンなどの活用も必要になる。そこで、ドローン・ジャパンでは大学の研究者と連携して水上で水温などをセンシングできる水上ドローンの開発にも取り組んでいる。また、空中ドローンに関しても、マルチコプター型の機種だけではなく、今後は固定翼ドローンの活用が重要になると勝俣氏は指摘する。その理由は、飛行時間にある。

農業リモートセンシングで活躍するドローンの種類

 一般的なマルチコプター型ドローンの飛行時間が、20分前後であるのに対して、固定翼ドローンは最長で120分の連続飛行が可能になる。その結果、100ヘクタールの農地を一度のフライトでセンシングできる。ドローン・ジャパンでは、北海道の協力農家と一緒になって、固定翼ドローンによるリモートセンシングの実地検証を開始している。今後は、クラウドに集約したデータの解析精度を高めていくと共に、同社のリモートセンシングサービスを利用する農家を広く募っていく。

開発中の水中ドローンを手にする勝俣氏

 さらに、ドローンを活用して育成した「米」を「ドローン米」としてプロモーションしていく”Drone RiceProject"も推進していく。同プロジェクトでは、収穫した「米」をパック米にして、QRコードから「ドローン米」の安全や安心を啓蒙する。農薬や化学肥料に極力頼らない米作りをドローンでサポートし、その成果を「ドローン米」として市場に発信することで、日本国内だけではなく海外へのブランド展開も狙う考えだ。

ドローン米を手にする勝俣氏

この記事のライター

関連する投稿


農薬散布の自動飛行を計画する新潟国家戦略特区

農薬散布の自動飛行を計画する新潟国家戦略特区

アグリテック・サミット(主催:日本経済新聞社)では、国家戦略特区に指定された新潟市の農林水産部ニューフードバレー特区課が参加、圃場を管理するITソリューションや株式会社クボタの農作業用ドローンMG-1Kを展示した。


市川農場とドローン・ジャパンがドローン米を「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」に出展

市川農場とドローン・ジャパンがドローン米を「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」に出展

ドローン × 農業に取り組むドローン・ジャパン株式会社(東京都千代田、代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、(有)農業生産法人・市川農場(北海道旭川市)と3月7日から幕張メッセで開催されている「FOODEX JAPAN/国際食品・飲料展」に「ドローン米」を出展した。10日まで。


次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

2016年10月12日から幕張メッセで開催された「次世代農業EXPO」に、最新の農業用ドローンが集まった。農薬や肥料の散布から圃場のセンシングにデモフライトまで、農業で活躍するドローンの最前線を取材した。(田中亘)


ドローンを活用して稲の栽培を見える化する「DJアグリサービス」

ドローンを活用して稲の栽培を見える化する「DJアグリサービス」

ドローンのコンサルティングやサービスを提供するために2015年12月に設立されたドローン・ジャパン株式会社(代表取締役社長:勝俣喜一朗)は、ドローンで田畑を解析し「見える化」する「DJアグリサービス」を2017年4月より開始する。(田中亘)


最新の投稿


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

空水中両用ドローンが水上から水中まで橋梁点検に成功

米国ニュージャージー州のデラウェア川湾局は、7月11日に空中から水中まで飛行できるドローンで、デラウェア記念橋の検査に成功したと発表した。


水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水族館でデモンストレーションを披露する水中ドローンのPowerRay

水中ドローンのPowerRayを開発・販売するPowerVisionGroup(本社:中国北京市、創業者&CEO Wally Zheng)は、中国の三亜市にある水族館で撮影した動画を公開した。


スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

スカイロボットがドローンで生育調査および収穫を支援した「ドローンベリー」を販売

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 生育調査および収穫を支援したブルーベリー(ドローンベリー)を、 浅草農園(東京都港区三田)を通じ、 8月2日から7日の期間限定で販売した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(4) 100万越えのドローンは何が違う

本格的な空撮に使われるプロフェッショナル向けのドローンは、軽く100万円を超える。高額なドローンは、入門用の機体と比べて何が違うのか。その差から、ドローンが持つビジネスの可能性について紹介していこう。