米国内の消防活動用ドローンの具体的現場活用事例

米国内の消防活動用ドローンの具体的現場活用事例

消防活動用ドローンは2009年くらいから本格的に世界の消防署で活用しており、災害対応機能(防水、耐熱、防曇耐火、つり上げ荷重)などの向上も、ほぼ毎月のスピードでさまざまな改善が試みられている。


全米消防長会の2017年4月19日付の記事を読むと、アメリカ国内の消防局でもドローンの導入についてはまださまざな議論や検討事項があるという。州法や航空法でドローンのエリアと高さの規制や、フライトの事前申告義務などが複雑で、出動後すぐにドローンを使えない消防局もあるが、徐々に改善されていることなども紹介している。

驚くのは、ドローンを消防車の現場到着よりも早く飛ばして、逃げ遅れ者や火災などの規模、交通渋滞回避の出動ルート選択するほか、火災時の排煙箇所や消防車の到着位置の選定などの災害情報の把握、現場到着後は火災消火活動の進行状況、火災建物の倒壊危険状況把握、隊員の安全管理、残火鎮滅確認、火災原因調査のデータ活用、災害教育のアーカイブなど、主に現場指揮者が必要とする情報収集に活用されていることである。…この記事の続きを読む

情報提供元:リスク対策.com
http://www.risktaisaku.com/articles/-/2904

この記事のライター

関連するキーワード


消防 災害

関連する投稿


リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

リアルグローブとEDAC、 Hec-Eye(TM)(ヘックアイ)でUTM連携し、 ドローンを活用した災害対応実証に成功

株式会社リアルグローブと一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会は、業務コミュニケーションツールであるHec-Eye(TM)(ヘックアイ)をUTMと連携して、要救助者を捜索する実証に成功したと発表した。


ドローン駆使し実践訓練  麻生警察署で初の試み

ドローン駆使し実践訓練 麻生警察署で初の試み

 神奈川県警麻生警察署(川崎市、田中正博署長)は、ドローンを使った大震災を想定した総合訓練を9月1日に行った。神奈川県全域・東京多摩地域の情報紙・タウンニュースが伝えた。


火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

火災現場で活躍する真紅の消防ドローン =ニューヨーク市消防局=

救助活動や災害現場で活躍するといわれているドローンだが、ニューヨーク市消防局ことFDNY(Fire Department of the City of New York)では、公式認定されたドローンと専用の運用システムの現場活用をすでに始めている。


NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

NEDO、土砂災害時にドローンによる埋没車両の探査を目指す

―つり下げ型の電磁探査システムで車両位置の特定実験に成功―


ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

ドローンを活用して災害時の被災情報マップ作成するオープンストリートマップ

「オープンストリートマップ」に取り組んでいる古橋大地青山学院大学教授による、インタビュー記事をご紹介。


最新の投稿


VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

VIEWNが『JUN OKAMOTO』と「ドローンフライトのためのシャツ」制作

「ドローンカルチャー」を提案するVIEWN(ビューン)が、 ファッションブランド『JUN OKAMOTO』とコラボレーションをして、 ドローンフライトと様々な撮影シーンを想定したデザインしたシャツを制作。 VIEWNのオンラインストアで販売。


祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

祖谷のかずら橋(国指定重要有形民俗文化財)ドローン 空撮

かずら橋は国指定重要有形民俗文化財です。


大山千枚田を空撮

大山千枚田を空撮

千葉県にある棚田・大山千枚田


テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローンがLGU+と韓国初 ドローン管制システムを事業化

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 韓国の通信企業LG U+(韓国ソウル)と協業し、 韓国初のクラウド型ドローン管制システムを事業化した。


NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

NTTデータ、ドローン運航管理用ソフトウエアパッケージ「airpalette® UTM」の提供開始

~愛媛県の原子力防災訓練で利用、ドローンによる避難経路の被災状況の確認に成功~