ドローンを手軽に自作--DIY組み立てキット20選

ドローンを手軽に自作--DIY組み立てキット20選

 既製のドローンでは物足りないだろうか?ここで紹介するのは、ドローンを自らの手で組み立てて飛ばしたい人のためのDIYキットやプロジェクトだ。


1. DJI F450 Flame Wheel ARF Kit

DJIは主にハイエンドの「Phantom」シリーズなどのドローンで知られるが、「Flame Wheel ARF KIT」として知られる組み立てキットシリーズも提供している。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ZDNet Japan
https://japan.zdnet.com/article/35100294/

この記事のライター

関連するキーワード


PHANTOM 組み立て

関連する投稿


ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

DJI正規代理店・PGY日本総代理店である株式会社セキドは、ドローンで物が簡単に運べるPGY社製のDJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始した。


<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

産経女子特区では、産経新聞東京本社に所属する女性記者が中心となり、さまざまなテーマを追いかける。今回は女性記者が最新ドローンを体験ルポした。


熊本県の阿蘇山噴火やうのこの滝を4K空撮 DroneAgent

熊本県の阿蘇山噴火やうのこの滝を4K空撮 DroneAgent

今回のドローン空撮は熊本県、阿蘇山・うのこの滝・轟の滝・通潤橋の景色を空からのドローン映像。Phantom3とINSPIRE1で4K空撮。


新橋ツクモがDJI製ドローン&ジンバルカメラ体験イベントを開催 ドローン女子がサポート

新橋ツクモがDJI製ドローン&ジンバルカメラ体験イベントを開催 ドローン女子がサポート

TSUKUMOは、DJI協力のもと、2月18日・19日に新橋 ツクモデジタル.ライフ館にて、ジンバルカメラ「OSMO体験イベント」および、ドローン「PHANTOM/MAVIC体験イベント」を開催する。


DJI、クリスマスキャンペーンを開始

DJI、クリスマスキャンペーンを開始

DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう))は、DJI の旗艦シリーズであるPhantom シリーズを特別価格で提供する「クリスマスキャンペーン」を、本日11月25 日(金)より開始します。


最新の投稿


Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

Phantom 4 RTKファームウェアのアップデートがリリース

2019年1月22日。DJIは、Phantom 4 RTKファームウェアv01.07.0116をリリースした。細かいバグの修正に加えて、マッピング操作に関する機能が強化されている。


ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

ボーイングが自立型旅客ドローンの初飛行を発表

2019年1月23日 - 米国バージニア州。航空大手ボーイングの関連企業のボーイングネクスト(米国)は、ボーイングの子会社のAurora Flight Sciencesと開発した電気式垂直離着陸(eVTOL)航空機による自律飛行と地上制御システムを検証したと発表した。


ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

ドリフトとレースドローンが圧巻の競演! レースチーム「JAPRADAR」が迫力の映像を公開!

 ドローンレースチーム「JAPRADAR(ジャップレーダー)」が、レース用ドローンを使って高速で疾走するクルマを横滑りさせながら姿勢を制御する自動車競技ドリフトを撮影した映像を公開した。レースで磨いた操縦技術とレース専用機が圧倒的な臨場感を生み出しているうえ芸術的で、ドローンによる撮影領域の拡大を展望させる。


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。