ヤマハ発動機・やまびこが農業用ドローンの開発・商用化に関する業務提携で合意

ヤマハ発動機・やまびこが農業用ドローンの開発・商用化に関する業務提携で合意

ヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ)と株式会社やまびこ(以下やまびこ)は、このたび、マルチローター型農薬散布ドローンの共同開発と商用化に関する業務提携に合意した。


 農薬散布用無人ヘリを製造・販売するヤマハと小型農業機械の総合メーカーであるやまびこは、お互いのノウハウを生かし、液剤や粒剤など幅広い形態の農薬散布作業に対応可能なマルチローター型農薬散布ドローンの共同開発を行い、2018年の発売を予定していると発表した。

 ヤマハの製品開発・品質保証力、販売・サービスネットワークと、やまびこの防除技術・全国に展開する農機販売網を相互に活用することで近年需要が拡大する農業用ドローン市場での販売拡大を目指す。

 ヤマハは1989年に農薬散布用無人ヘリを発売。現在、国内における防除散布面積は、主食用米水田の42.5%(2016年実績、ヤマハ調べ)に及びぶ。また農業用途での活躍の場は、韓国をはじめ米国・豪州・ニュージーランド・タイなどグローバルに拡大している。農業用途以外では、長距離自動航行が可能なマルチソリューション向けの産業用無人ヘリが、植生調査・計測業務・防災・災害支援など幅広い産業分野で官公庁、一般企業等に向け高度なサービスを提供している。

 やまびこは前身となる共立農機で1948年に水田防除用農薬散布機を発売して以来、効率的な農薬散布を実現するための防除技術を長年にわたって蓄積してきた。創業時の理念「食料増産による社会貢献」を礎に、水田をはじめ畑作地、果樹園など様々な場面で活躍する農業用防除機械を開発してきた。現在では小型防除機から乗用型大型防除機まで食料の安定供給継続に不可欠な製品・サービスを提供している。

情報提供元:ヤマハ発動機株式会社
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2017/0426/drone.html

この記事のライター

関連する投稿


日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

日の丸自立型海中ロボットで深海の海底地図作成、Team KUROSHIOが国際競技会で決勝進出

海中ロボット等を用いて、超広域高速海底マッピングの実現を目指し海底探査技術を競う世界初の国際コンペティション「Shell Ocean Discovery XPRIZE」の決勝ラウンドに日本チームが進出し、開発された自立型海中ロボットなどが9月18日、神奈川県横須賀市の海洋研究開発機構横須賀本部で公開された。


ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

ヤマハ発動機がドローンも含めた陸・海・空の自律動作マシンに Jetson AGX Xavier を採用

2018 年 9 月 13 日 - NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、ヤマハ発動機株式会社 (以下、「ヤマハ発動機」) が、同社のドローンや無人農業用車両などの次世代製品群の共通開発プラットフォームとしてNVIDIA Jetson AGX Xavier を採用したと発表した。


ヤマハ発動機、工事用資機材の運搬事業を開始 九州電力の協力による送電線工事現場での実証試験を実施

ヤマハ発動機、工事用資機材の運搬事業を開始 九州電力の協力による送電線工事現場での実証試験を実施

ヤマハ発動機株式会社と子会社の西日本スカイテック株式会社は、九州電力株式会社の協力のもと、産業用無人ヘリコプターを活用した工事用資機材運搬の実用化について検証を行ってきたが、実用化の見通しが得られたため、2019年度からの本格的な事業化を目指すこととなった。


「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県大会開催決定

「GPリーグ ヤマハ発動機プログラミングコロシアム」1都3県大会開催決定

未来の学びはここにある!東京、神奈川、千葉、埼玉の小学生サイバーアスリートが大集結!!


ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機株式会社は、優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”を採用し、軽量カーボン製ボディにより、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と、当社産業用無人ヘリコプター(以下無人ヘリ)に匹敵する散布品質を実現する産業用マルチローター(通称ドローン)「YMR-08」を6月から限定発売する。


最新の投稿


ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネットの「ワールドスキャン・プロジェクト」が始動、エジプトのピラミッドをドローンで3Dスキャン

ドローンネット(東京都千代田区)は、 ドローンを使って世界各地の遺跡や自然環境を3Dスキャンし、 そのデータを未来に向けて価値保存していくプロジェクト『ワールドスキャン・プロジェクト』を立ち上げ、10月9日~22日、エジプト全域にてドローン撮影と3Dスキャンを行う。


【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

【CEATEC JAPAN 2018】共創する未来への貢献を目指す産業用ドローンの数々

2018年10月16日(火)から4日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)で「CEATEC JAPAN 2018」が開催された。4日間の登録来場者総数は156,063人におよび、日本の成長戦略や未来を世界に向けて発信するSociety 5.0の展示会には、ドローン関連テクノロジーも登場した。


ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

ALS患者が初秋の鎌倉を散策 シアンの空力車でドローン空撮による〝空の観光〟も体験

難病のひとつALS(筋萎縮性側索硬化症)など神経難病患者7人が初秋の古都鎌倉を訪れ、長谷寺や大仏、夕日に染まる由比ガ浜などの観光スポットだけでなく、上空に飛ばしたドローンから送られる映像をヘッドマウントセットを通して“空中散策”も楽しんだ。


関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビがエアロジーラボ株式会社による第三者割当増資を引受け

関西テレビ放送株式会社(大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎)は、 9 月 28 日、エアロジーラボ株式会社(大阪府箕面市、代表取締役社長:谷紳一/AGL)が 実施した、第三者割当増資の株式総数を引き受けたと発表した。


SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan・3次元データ生成向け高性能グラフィックボード搭載の薄型・軽量ノートパソコン販売

SkyLink Japan(株式会社WorldLink & Company 京都市北区)は、 ドローン(UAV)& 3Dスキャナーなどの3次元データ生成向けノートパソコンとして、薄型・軽量 ノートパソコン、 エムエスアイ「GS65 Stealth Thin」を11月9日から販売する。