ヤマハ発動機・やまびこが農業用ドローンの開発・商用化に関する業務提携で合意

ヤマハ発動機・やまびこが農業用ドローンの開発・商用化に関する業務提携で合意

ヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ)と株式会社やまびこ(以下やまびこ)は、このたび、マルチローター型農薬散布ドローンの共同開発と商用化に関する業務提携に合意した。


 農薬散布用無人ヘリを製造・販売するヤマハと小型農業機械の総合メーカーであるやまびこは、お互いのノウハウを生かし、液剤や粒剤など幅広い形態の農薬散布作業に対応可能なマルチローター型農薬散布ドローンの共同開発を行い、2018年の発売を予定していると発表した。

 ヤマハの製品開発・品質保証力、販売・サービスネットワークと、やまびこの防除技術・全国に展開する農機販売網を相互に活用することで近年需要が拡大する農業用ドローン市場での販売拡大を目指す。

 ヤマハは1989年に農薬散布用無人ヘリを発売。現在、国内における防除散布面積は、主食用米水田の42.5%(2016年実績、ヤマハ調べ)に及びぶ。また農業用途での活躍の場は、韓国をはじめ米国・豪州・ニュージーランド・タイなどグローバルに拡大している。農業用途以外では、長距離自動航行が可能なマルチソリューション向けの産業用無人ヘリが、植生調査・計測業務・防災・災害支援など幅広い産業分野で官公庁、一般企業等に向け高度なサービスを提供している。

 やまびこは前身となる共立農機で1948年に水田防除用農薬散布機を発売して以来、効率的な農薬散布を実現するための防除技術を長年にわたって蓄積してきた。創業時の理念「食料増産による社会貢献」を礎に、水田をはじめ畑作地、果樹園など様々な場面で活躍する農業用防除機械を開発してきた。現在では小型防除機から乗用型大型防除機まで食料の安定供給継続に不可欠な製品・サービスを提供している。

情報提供元:ヤマハ発動機株式会社
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2017/0426/drone.html

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機、産業用ドローン「YMR-08」の限定販売を開始

ヤマハ発動機株式会社は、優れた薬剤散布性能に貢献する“二重反転ローター”を採用し、軽量カーボン製ボディにより、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布と、当社産業用無人ヘリコプター(以下無人ヘリ)に匹敵する散布品質を実現する産業用マルチローター(通称ドローン)「YMR-08」を6月から限定発売する。


ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機株式会社は、水田で遠隔操作できる除草剤散布用無人ボート(以下、無人ボート)「WATER STRIDER」(ウォーターストライダー※1)について、基本性能・使い勝手を向上させた2018年モデルを10月11日~13日に幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」において参考出品する。


 ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機株式会社は、農業向けハイエンドモデルとなる産業用無人ヘリコプター「FAZER R(フェーザー・アール)」について、新たに “ターンアシスト機能”を標準搭載し、操作性と散布性能を高めた2018年モデルを12月1日から発売すると発表した。当モデルは「第4回国際次世代EXP」に出展される。


ヤマハ発動機が薬剤散布性能に優れた“二重反転ローター”採用のドローン「YMR-01」を次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機が薬剤散布性能に優れた“二重反転ローター”採用のドローン「YMR-01」を次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機株式会社は、10月11日から13日にわたり幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」で、2018年に販売予定の産業用マルチローター(ドローン)のプロトタイプ「YMR-01」を参考出品する。


最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

 ヤマハ発動機株式会社は、無人航空機(通称ドローン)の産業用ハイエンドモデルとなる自動航行型無人ヘリコプター「FAZER R G2(フェーザー・アール ジーツー)」を開発し、2017年4月から計測・観測・監視・撮影・運搬等の産業用途向けに機体のレンタル、業務受託を開始すると発表した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。