ヤマハ発動機・やまびこが農業用ドローンの開発・商用化に関する業務提携で合意

ヤマハ発動機・やまびこが農業用ドローンの開発・商用化に関する業務提携で合意

ヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ)と株式会社やまびこ(以下やまびこ)は、このたび、マルチローター型農薬散布ドローンの共同開発と商用化に関する業務提携に合意した。


 農薬散布用無人ヘリを製造・販売するヤマハと小型農業機械の総合メーカーであるやまびこは、お互いのノウハウを生かし、液剤や粒剤など幅広い形態の農薬散布作業に対応可能なマルチローター型農薬散布ドローンの共同開発を行い、2018年の発売を予定していると発表した。

 ヤマハの製品開発・品質保証力、販売・サービスネットワークと、やまびこの防除技術・全国に展開する農機販売網を相互に活用することで近年需要が拡大する農業用ドローン市場での販売拡大を目指す。

 ヤマハは1989年に農薬散布用無人ヘリを発売。現在、国内における防除散布面積は、主食用米水田の42.5%(2016年実績、ヤマハ調べ)に及びぶ。また農業用途での活躍の場は、韓国をはじめ米国・豪州・ニュージーランド・タイなどグローバルに拡大している。農業用途以外では、長距離自動航行が可能なマルチソリューション向けの産業用無人ヘリが、植生調査・計測業務・防災・災害支援など幅広い産業分野で官公庁、一般企業等に向け高度なサービスを提供している。

 やまびこは前身となる共立農機で1948年に水田防除用農薬散布機を発売して以来、効率的な農薬散布を実現するための防除技術を長年にわたって蓄積してきた。創業時の理念「食料増産による社会貢献」を礎に、水田をはじめ畑作地、果樹園など様々な場面で活躍する農業用防除機械を開発してきた。現在では小型防除機から乗用型大型防除機まで食料の安定供給継続に不可欠な製品・サービスを提供している。

情報提供元:ヤマハ発動機株式会社
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2017/0426/drone.html

この記事のライター

関連する投稿


ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機が無人ボート 「WATER STRIDER」 2018年モデルを第4回国際次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機株式会社は、水田で遠隔操作できる除草剤散布用無人ボート(以下、無人ボート)「WATER STRIDER」(ウォーターストライダー※1)について、基本性能・使い勝手を向上させた2018年モデルを10月11日~13日に幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」において参考出品する。


 ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機がターンアシスト機能”を搭載した産業用無人ヘリ「FAZER R」 2018年モデルを発売 農薬散布性能を更に向上

ヤマハ発動機株式会社は、農業向けハイエンドモデルとなる産業用無人ヘリコプター「FAZER R(フェーザー・アール)」について、新たに “ターンアシスト機能”を標準搭載し、操作性と散布性能を高めた2018年モデルを12月1日から発売すると発表した。当モデルは「第4回国際次世代EXP」に出展される。


ヤマハ発動機が薬剤散布性能に優れた“二重反転ローター”採用のドローン「YMR-01」を次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機が薬剤散布性能に優れた“二重反転ローター”採用のドローン「YMR-01」を次世代農業EXPOで展示

ヤマハ発動機株式会社は、10月11日から13日にわたり幕張メッセで開催される「第4回国際次世代農業EXPO」で、2018年に販売予定の産業用マルチローター(ドローン)のプロトタイプ「YMR-01」を参考出品する。


最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

最大積載量35kg、最大高度2,800m、航続距離90kmの産業用ドローン自動航行型無人ヘリ「FAZER R G2」を開発

 ヤマハ発動機株式会社は、無人航空機(通称ドローン)の産業用ハイエンドモデルとなる自動航行型無人ヘリコプター「FAZER R G2(フェーザー・アール ジーツー)」を開発し、2017年4月から計測・観測・監視・撮影・運搬等の産業用途向けに機体のレンタル、業務受託を開始すると発表した。


ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

ヤマハ発動機・ダムの堆砂測量など水底測量を支援する自律型無人小型電動観測艇の開発・レンタル開始

 ヤマハ発動機株式会社は、ダムの堆砂測量など深浅測量作業を支援する自律型無人小型電動観測艇「BREEZE10」をこのほど開発し、2016年8月から主に測量業者向けの業務用レンタルを開始します。 ー2016年7月7日発表ー


最新の投稿


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン, DJI と正規代理店契約を締結、またオリジナル動産総合保険の提供を開始

テラドローン株式会社は、民生用ドローンの製造や販売を行うDJI株式会社とと正規代理店契約を締結し、 Websiteでもハードウェア販売ページを開設し、 Web上からの購入や相談にも対応する。また損害保険ジャパン日本興亜株式会社と提携し、テラドローンオリジナルの特典で動産総合保険を自動付帯して販売を開始する。


“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

“ドローン空撮職人@さわ” さんの世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜

日本国内に定住先の無い日本非定住者“PT(パーマネントトラベラー)”として、世界の絶景空撮映像を撮影する“ドローン空撮職人@さわ” さんの動画「世界絶景60カ国の旅〜Drone in the World 2016〜」。HPはhttp://verdehalago.com/prof。


【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

【ロボデックス2018】CFD販売がエアロセンスのドローンを国内初の取り扱い

オリジナル商品を含めPCパーツを幅広く取り扱うPCパーツの総合サプライヤーのCFD(シー・エフ・デー)販売は、 ロボデックス2018で国内初となるエアロセンスのドローン販売を開始した。


世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

世界のUAV市場は2023年までに489億ドルに成長すると予測

米国ReporLinker(レポートリンカー)社は、市場調査レポートでUAV市場は2017年の178億ドルから2023年には489億ドル(約5.4兆円)に成長するとの予測を発表した。