DJIがFPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表 低遅延伝送とリアルな操作性

DJIがFPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表 低遅延伝送とリアルな操作性

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、 空からの俯瞰的な眺めを、 一人称視点(First Person View: FPV)のフルHDで体験することができるFPVゴーグル「DJI GOGGLES」を発表した。


ドローンの操作に楽しさと魅力あふれる飛行体験を提供

 DJI Gogglesは、 超高品質の大型ペアスクリーン、 長距離で低遅延なワイヤレス伝送と、 写真や映像撮影を調整できるコントロール機能を組み合わせたゴーグル。 Mavic ProやPhantom 4シリーズのユーザーは、 バイザーの側面にあるタッチパッドから、 多彩なインテリジェントフライト機能を活用できる。

 「DJIの空撮プラットフォームと同等の品質、 パワー、 そしてパフォーマンスの映像を、 一人称視点で体験できるべき。 DJI Gogglesを装着することで、 飛行の楽しさと魅力を体験することができます。  またDJI Gogglesは、 全ての要素においてDJIの空撮プラットフォームと同じ基準で改良し、 さらにDJI Gogglesの接続性を最適化することで、 これまでで最高の飛行体験を提供します」と、 DJIのシニアプロダクトマネージャー、 Paul Panは述べている。

高品質光学設計と低遅延伝送

 DJI Gogglesは、 ビームスプリッターを使用することで、 両目の前に映像を表示し、 偏光の特性を利用して左右の映像の重なりを防ぐ。 両スクリーンともに、 標準的な2Kディスプレイの2倍以上の画素数となる、 フルHD1920 x 1080解像度を搭載している。 これは、 DJI Gogglesを装着すると、 約3メートル先にある216インチのスクリーンを見ているのと同じ状態になる。
  DJIのOcuSync伝送システムにより、 最大2組のDJI Gogglesと1台のMavic Proの接続ができる。 DJI Gogglesは、 タイムラグを最小化するため、 送信機を経由せずにドローンから直接映像データを受信する。 Mavic Proで飛行している場合、 DJI Gogglesは720p/60fpsの映像伝送と1080p/30fpsの短距離伝送を、 最小遅延わずか110msで映像を提供することができる。

リアルな飛行体験と操作性

 DJI Gogglesに内蔵されているタッチパッドは、 メニューシステムのナビゲーションをシンプルにし、 ActiveTrack (アクティブトラック)、 TapFly (タップフライ)、 地形フォローモード、 シネマティックモードやトライポッドモードといった主要なインテリジェントフライト機能へのアクセスが簡単になった。
 また、 固定翼モードを使えば、DJI GogglesでMavic Proのまったく新しい飛行方法を可能にします。 このモードでは、 実際の固定翼機により近い飛行をシミュレートするために、 機体は前方へ飛行し、 旋回する時は大きな弧を描くように飛行します。 固定翼モードのAR軌道予測機能により、 複雑な環境下でもより安全にこのモードを使用することができる。

 DJI Gogglesのヘッドトラッキング機能で、 Mavic ProまたはPhantom 4シリーズの機体を使用しているユーザーは、 自分の頭の動きにより機体のヨーとカメラのチルト両方を操作できる。 つまり、 頭を左右に動かすことが、 コントロールスティックを動かすことと同じになる。 頭を左右に傾けると機体も左右に旋回し、 頭を正面にすると旋回が停止する。
  また、 それ以外のオプションとしては、 操縦者が送信機で機体を操縦している際に、 DJI Gogglesでカメラジンバルの操作を行うことができる。 固定翼モードと組み合わせることで、 頭を動かしてMavic Proを操作し、 存分に飛行体験を味わうことができる。

 FPV (一人称視点)飛行を行う場合は、 操縦者は各国の法律や規制に常に従い、 周囲の空域をモニターする補助者と一緒に飛行することを推奨する。

※日本では、 操縦者がFPVゴーグルを使用して飛行することは、 目視外飛行となり、 国土交通省への申請が必要。 操縦者以外がゴーグルを装着し、 FPV映像を視聴することは問題ない。

人間工学に基づく快適な使用感

 DJI Gogglesは、 バランスよく装着できるヘッドバンドを採用し、 顔面への圧力を最小限に抑え、 長時間の装着でも快適になるよう設計されている。 DJI Gogglesは、 わずか数秒でFPVと三人称視点をフリックできる。 オペレーターは、 眼鏡をしていてもその上からDJI Gogglesを装着できる。 バイザーを上げるだけでFPVモードを終了できるので、 機体や周囲の状況を自分の目ですぐに確認できる。 スクリーンとヘッドバンドは持ち運びや保管のため、 取り外すことが可能となっている。

多数の機器を接続可能

 DJI Gogglesはさまざまなインターフェイスを内蔵することで、 多数の機器に対応している。 DJI Gogglesは、 Mavic ProとDJIのOcuSync伝送システムを経由して同期できる。 また、 Phantom 4、 Phantom 4 Advanced、 Phantom 4 Pro、 Inspire 2は、 送信機のUSBポートから接続できる。 内蔵のmicroSDカードで、 ユーザーは機体からDJI Gogglesにファイルをダウンロードしたり、 その場で動画ファイルを確認することができ、 さらに、 HDMI出力でDJI Gogglesを映像機器と接続、 映像を観たりゲームを楽しむこともできる。

 DJI Gogglesの一人称視点での視聴体験は、 Mavic Pro、 Phantom 4シリーズ、 Inspire シリーズを含むDJIの空撮プラットフォームで楽しむことができる。 (タッチパッドを使用するインテリジェントフライト機能は、 ドローンのモデルによって異なる。 )
 DJI Gogglesは、 完全に充電された状態で最大6時間使用できる。 販売価格は 57,800円(税込)。 DJI Gogglesの出荷は2017年5月20日以降を予定している。

DJI Gogglesの詳細情報については、 下記リンクを参照。
http://www.dji.com/dji-goggles

DJIについて
民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、 リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、 運営される、 飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。 DJIは、 プロ、 アマチュアユーザーのために、 革新的なドローンとカメラ技術を開発、 製造しています。 DJIは、 世界中のクリエイターやイノベーターにとって、 空撮技術とツールがより身近で使いやすく、 安全になるよう取り組んでいます。 現在、 北米、 ヨーロッパ、 アジアに拠点を構え、 世界100ヵ国を超えるユーザーが、 映画、 広告、 建設、 消防や農業をはじめとする多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

DJIホームページ: http://www.dji.com/ja
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/

この記事のライター

関連するキーワード


DJI DJI GOGGLES FPV

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。