ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTSは、アメリカ連邦航空局(FAA)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になる。


●商業用ドローンの飛行ガイドライン「パート107」とは?
 「パート107」は、米国における商業用でのドローン飛行を制限するガイドラインで、2016年8月に施行されました。本ガイドラインによりFAAからの認可を所有していない者のドローン飛行は制限されている。
 なお、趣味で飛行させる場合は、特にライセンスの必要はなく、機体の登録だけで手続き上は飛行することができる。

●「パート107」のおける認可の取得方法とは?
 ガイドラインによると、運航認可を取得するには、FAA(米連邦航空局)が承認する試験場で、「法規制・空域・気象・機体性能・航空機運用」などの試験に合格する必要がある。
 なお本資格を所有しない操縦士も、FAA資格を持つ人物の監督下ではドローン飛行をすることはできる。
 詳しくはコチラ:https://droneagent.jp/flights/faa-license/

・今回のFAA取得の背景
 DroneAgentでは、これまで国内のTV局・映像制作会社から米国での撮影の相談があったが、既存の体制では不可能で、提携の米国ドローン運用代行会社を紹介してきた。将来的に「ドローン操縦士派遣サービス」を海外でも展開していくことを目指し、今回申請するにいたった。

・今後のDroneAgentでの展開
 同社ではでは、国内企業が海外にてドローン運用をする際のサポートを実施していく。具体的には国内企業が米国でドローン空撮・測量・点検といった業務を必要とする際の、運用代行・導入サポートを行っていく。

参照:弊社取得ライセンス

株式会社FLIGHTSについて
商号     : 株式会社FLIGHTS
代表者    : 代表取締役 峠下周平
所在地    :〒106-0032 東京都港区六本木4丁目11−4 六本木ビル301
設立     : 2016年3月
事業内容   : インターネット関連事業
操縦士派遣 : https://droneagent.jp
ドローン導入: https://dronecamp.jp

※「DroneAgent(ドローンエージェント)」は、ドローンを用いた操縦士派遣サービスです。年間500発以上の空撮事例を誇り、DJI公認インストラクター、米国FAA操縦士を中心にドローン空撮のプロが日本全国にTV/CM・PR空撮・360°VR空撮・静止画空撮・UAV測量を提供しています。

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000018381.html

この記事のライター

関連するキーワード


DroneAgent FAA FLIGHTS

関連する投稿


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

『DroneAgent』 高解像度一眼カメラ「SONY α7R III」をDJI製大型ドローン「Matrice600pro」に搭載し撮影した、360度のパノラマ眺望写真を公開。眺望撮影に最適な機材の提案や導入相談にも対応、各種機材も販売。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

ドローンを産業利用するにあたり、各分野におけるドローン活用の実態、市場参入に必要となる様々な知識、ドローン関連機材を含めたコストの考え方、法令関連など、ドローン関連情報を知ることができる。


最新の投稿


日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

日本から参戦したチームが世界10強入り! ボーイング協賛のコンテスト「GoFly」第1期で

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。