ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTSは、アメリカ連邦航空局(FAA)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になる。


●商業用ドローンの飛行ガイドライン「パート107」とは?
 「パート107」は、米国における商業用でのドローン飛行を制限するガイドラインで、2016年8月に施行されました。本ガイドラインによりFAAからの認可を所有していない者のドローン飛行は制限されている。
 なお、趣味で飛行させる場合は、特にライセンスの必要はなく、機体の登録だけで手続き上は飛行することができる。

●「パート107」のおける認可の取得方法とは?
 ガイドラインによると、運航認可を取得するには、FAA(米連邦航空局)が承認する試験場で、「法規制・空域・気象・機体性能・航空機運用」などの試験に合格する必要がある。
 なお本資格を所有しない操縦士も、FAA資格を持つ人物の監督下ではドローン飛行をすることはできる。
 詳しくはコチラ:https://droneagent.jp/flights/faa-license/

・今回のFAA取得の背景
 DroneAgentでは、これまで国内のTV局・映像制作会社から米国での撮影の相談があったが、既存の体制では不可能で、提携の米国ドローン運用代行会社を紹介してきた。将来的に「ドローン操縦士派遣サービス」を海外でも展開していくことを目指し、今回申請するにいたった。

・今後のDroneAgentでの展開
 同社ではでは、国内企業が海外にてドローン運用をする際のサポートを実施していく。具体的には国内企業が米国でドローン空撮・測量・点検といった業務を必要とする際の、運用代行・導入サポートを行っていく。

参照:弊社取得ライセンス

株式会社FLIGHTSについて
商号     : 株式会社FLIGHTS
代表者    : 代表取締役 峠下周平
所在地    :〒106-0032 東京都港区六本木4丁目11−4 六本木ビル301
設立     : 2016年3月
事業内容   : インターネット関連事業
操縦士派遣 : https://droneagent.jp
ドローン導入: https://dronecamp.jp

※「DroneAgent(ドローンエージェント)」は、ドローンを用いた操縦士派遣サービスです。年間500発以上の空撮事例を誇り、DJI公認インストラクター、米国FAA操縦士を中心にドローン空撮のプロが日本全国にTV/CM・PR空撮・360°VR空撮・静止画空撮・UAV測量を提供しています。

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000018381.html

この記事のライター

関連するキーワード


DroneAgent FAA FLIGHTS

関連する投稿


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

産業用ドローン活用セミナーをビックカメラが開催

ドローンを産業利用するにあたり、各分野におけるドローン活用の実態、市場参入に必要となる様々な知識、ドローン関連機材を含めたコストの考え方、法令関連など、ドローン関連情報を知ることができる。


DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 株式会社ビックカメラと提携し、 DJI製の産業用ドローンの販売サポートとアフターサポートを開始。


米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国時間の2017年12月18日。連邦航空局(FAA)は、アメリカ合衆国エネルギー省 (United States Department of Energy:DOE)の管理する7つの施設において、最大400フィートの空域で飛行を制限すると発表した。


FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

米国時間2017年12月16日。米国の連邦航空局(FAA)は、ツイッターに映画スターウォーズのオープニングシーンをイメージした安全ガイドラインを公開した。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。