ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

ドローン操縦士を派遣する「DroneAgent」が、FAA(米連邦航空局)商用の運航資格を取得

オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する、株式会社FLIGHTSは、アメリカ連邦航空局(FAA)におけるドローン運航認可を取得しました。国内企業のFAA認可は初の事例で、DroneAgentは事前許可申請無しに飛行が可能になる。


●商業用ドローンの飛行ガイドライン「パート107」とは?
 「パート107」は、米国における商業用でのドローン飛行を制限するガイドラインで、2016年8月に施行されました。本ガイドラインによりFAAからの認可を所有していない者のドローン飛行は制限されている。
 なお、趣味で飛行させる場合は、特にライセンスの必要はなく、機体の登録だけで手続き上は飛行することができる。

●「パート107」のおける認可の取得方法とは?
 ガイドラインによると、運航認可を取得するには、FAA(米連邦航空局)が承認する試験場で、「法規制・空域・気象・機体性能・航空機運用」などの試験に合格する必要がある。
 なお本資格を所有しない操縦士も、FAA資格を持つ人物の監督下ではドローン飛行をすることはできる。
 詳しくはコチラ:https://droneagent.jp/flights/faa-license/

・今回のFAA取得の背景
 DroneAgentでは、これまで国内のTV局・映像制作会社から米国での撮影の相談があったが、既存の体制では不可能で、提携の米国ドローン運用代行会社を紹介してきた。将来的に「ドローン操縦士派遣サービス」を海外でも展開していくことを目指し、今回申請するにいたった。

・今後のDroneAgentでの展開
 同社ではでは、国内企業が海外にてドローン運用をする際のサポートを実施していく。具体的には国内企業が米国でドローン空撮・測量・点検といった業務を必要とする際の、運用代行・導入サポートを行っていく。

参照:弊社取得ライセンス

株式会社FLIGHTSについて
商号     : 株式会社FLIGHTS
代表者    : 代表取締役 峠下周平
所在地    :〒106-0032 東京都港区六本木4丁目11−4 六本木ビル301
設立     : 2016年3月
事業内容   : インターネット関連事業
操縦士派遣 : https://droneagent.jp
ドローン導入: https://dronecamp.jp

※「DroneAgent(ドローンエージェント)」は、ドローンを用いた操縦士派遣サービスです。年間500発以上の空撮事例を誇り、DJI公認インストラクター、米国FAA操縦士を中心にドローン空撮のプロが日本全国にTV/CM・PR空撮・360°VR空撮・静止画空撮・UAV測量を提供しています。

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000018381.html

この記事のライター

関連するキーワード


DroneAgent FAA FLIGHTS

関連する投稿


DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 株式会社ビックカメラと提携し、 DJI製の産業用ドローンの販売サポートとアフターサポートを開始。


米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国時間の2017年12月18日。連邦航空局(FAA)は、アメリカ合衆国エネルギー省 (United States Department of Energy:DOE)の管理する7つの施設において、最大400フィートの空域で飛行を制限すると発表した。


FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

米国時間2017年12月16日。米国の連邦航空局(FAA)は、ツイッターに映画スターウォーズのオープニングシーンをイメージした安全ガイドラインを公開した。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

NASAとFAAが行ったドローンの飛行管制の実験にIntelやGoogleにAmazonなどが参加

米国時間の6月9日から、NASAはFAAと協力して「技術能力レベル2(TCL2)ナショナルキャンペーン」を実施した。米国の6つのサイトで、最新の無人航空機システム(UAS)の飛行管制(UTM)技術のテストを行った。


最新の投稿


JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM、シンポジウム 2月20日開催、参加者募集中

JUTM(日本無人機運行管理コンソーシアム)は、昨年実施した空域・電波管 理を含む世界初といえる大規模なド ローン活用社会と減災計画 実証実験の報告とともに、無人航空機産業に係る省庁、民間企業が登壇、最新の政策動向や進化する技術についてのシンポジウムを2月20日に開催する。参加者募集中。


CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

CSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日が決まる

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(所在地:東京都港区、会長:萩原紀男、以下CSAJ)は、国内初となるCSAJドローン・プログラミング・コンテストの開催日を決定した。ドローンタイムズでは、メディア協賛として同コンテストのスポンサー企業を取材し、日本のドローン産業への展望や期待を聞いていく。


いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

いといがわ じおさんぽ 2017 「恋する灯台」 新潟県 糸魚川市 能生 弁天岩 を空撮

2016年に日本ロマンチスト協会と日本財団の「恋する灯台プロジェクト」により新潟県糸魚川市能生の弁天岩灯台が聖地認定された。


福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

福島・郡山の職業学校WIZ「第2回ドローン活用人材育成協議会」を開催

 福島県郡山市の職業学校、国際情報工科自動車大学校(WIZ)は2月15日、第2回「ドローン活用人材育成協議会」を開き、ドローン業界で活躍する産、官、学の専門家が集まった。この日は1月下旬から2月上旬にかけて行われた調査についての報告がされた。


慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

慶大コンソ、体制変更を発表 副代表に南政樹氏、事務局長に高橋伸太郎氏

 慶應義塾大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアム(代表・古谷知之総合政策学部教授)は、2月1日付の体制変更を発表した。事務局長だった南政樹・政策メディア特任助教が副代表に、高橋伸太郎・政策メディア研究科特任講師が事務局長に就任。近く到来を見込む〝ドローン前提社会〟でのよりよい社会の実現を目指し体制を強化する。