【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

 慶大とドローンの利活用に関わる包括連携協定を結んでいる福島県田村市で、市内にある県立船引高校の生徒がドローンで、ちょうど見ごろを迎えた桜の撮影にのぞんだ。2本の大きなしだれ桜が目を引く万福寺で慣れた手つきでドローンをフライトさせた。


ドローン測量の「糺の森」専門スタッフがていねいに指導 「無理はしないでね」

青空に映えるしだれ桜をドローンで空撮する船引高の生徒達

 この日の撮影に参加した生徒は3年の石井新一さん、佐藤史隆さん、2年生の半澤翔太さんの3人。午前中の部活(石井さん、半澤さんは卓球部、佐藤さんは剣道部)をそれぞれ終えたあと、午後1時に撮影現場に移動した。
 この日は、ドローン測量などの事業を手掛け、慶應大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの会員でもある株式会社糺の森(東京都)の専門スタッフ、桐山啓介さん、土方愛玲奈さんが生徒達につきそい、ドローンの操縦と撮影についてていねいに手ほどきした。
 桐山さん、土方さんはサングラスをかけている理由を「カッコの問題とは別に、上空のドローンを目視しようとしても、まぶしさで見失いがちになるから、それを避けるためなんです」、長袖の服装についても「プロペラが腕に当たることなどに備えて着ています」とそれぞれ理由があることを、分かりやすく説明した。また「操作するときは操縦に集中する人と、監視役の2人1組で行っています」と一人で操作をしないことや、「電線だとか、周囲の状況には常に注意を払っています」「『大丈夫だろう』などとと過信をしたり、無理をしたりすることは、絶対にしないようにしています」と、ドローンをフライトさせるさいの、プロの心構えを伝えた。
 気持ちの準備が整ったところで、空撮を開始。機体はDJI製のPhantom4。昨年12月から操縦技術だけが頼りのトイドローンで腕を磨いてきた生徒は、難なくふわりとドローンを浮かせ、桐山さん、土方さんの「もう少し近づけますね」「もう少し上昇しましょうか」などという声にしっかりと対応し、自在に操縦していた。撮影中も「映像作品を撮るときにはゆっくりと動いた方がいい」「短いカットをつないだほうがいい」などの助言をうけ、生徒達もひとつひとつうなずいていた。
 撮影には、船引高校の伊豆幸男校長、木ノ瀬毅教諭、田村市役所産業部商工観光課の職員も立ち会い、生徒達の成長ぶりに目を細めていた。
 生徒達が撮影した映像は今後、船引高校や田村市が活用法を検討していく。

 株式会社糺の森:http://tadasunomori.com/company.html

生徒達の活躍を船引高校の伊豆校長もカメラに納めていた

ドローンの操縦や撮影のポイントについて、糺の森の専門スタッフが丁寧に説明。生徒達も真剣に聞いていた

撮影になれてくると、生徒にもこだわりが芽生え始め、独自のアングルからの撮影にも挑戦していた

この記事のライター

関連する投稿


<産経女子特区・その1>ドローンが女性の職域を広げる!?

<産経女子特区・その1>ドローンが女性の職域を広げる!?

産経女子特区では、産経新聞東京本社に所属する女性記者が中心となり、さまざまなテーマを追いかける。今回は女性の進出がめざましいドローン業界で活躍する一人のオペレーターを取り上げる。また女性記者が最新ドローンを体験ルポした。


【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

【慶大×田村市】ドローン講座第二期終了 承諾書の実物に実感 慶大・南氏「ドローンの〝師〟として発信を!」

 ドローン研究に力を入れる慶大が、福島県田村市と結んでいる〝ドローン連携〟で、事業の目玉として進めていた福島県立船引高校(田村市)でのドローン特別講座第2期が9月11日、終了した。生徒達は今後、蓄積した知識や経験、技術の活かし方を自主的に考えていく。


【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

【慶大×田村市】田村市消防団がドローン講習 「協定に頼らず、自前で」

 福島県田村市は11日、田村市消防団向けのドローン講習会を開いた。ドローン操作技術を自前で身に着け、いざというときに操作できる技術を身に着けておくことが目的。田村市とドローン連携を結んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長が講師を務めた。


【慶大×田村市】国交省承認取得! 船引高ドローンチームが野外音楽フェスで活躍!

【慶大×田村市】国交省承認取得! 船引高ドローンチームが野外音楽フェスで活躍!

 地域発信型の野外フェス、One+Nation music circusが9日、福島県田村市運動公園で開かれ著名アーティストが会場を魅了しました。会場では地元の福島県立船引高校の生徒が、慶大から指導を受けて磨き続けてきたドローンの腕を存分に発揮し、会場の空撮と、来場者向けの体験会で、来場者を盛り上げ、驚かせました。


【慶大×田村市:ドローン日記】講座で安全の重要性を再認識 「これからたくさん練習を」

【慶大×田村市:ドローン日記】講座で安全の重要性を再認識 「これからたくさん練習を」

 慶大からドローンの指導を受けている福島県立増引高校の生徒は、どんな気持ちで指導を受けているのでしょうか。2年生の半澤翔太さんが、さきごろの講座のあと、感想文を寄せてくれました。安全の重要性を再認識した様子と、技術向上などへの決意が込められていました。


最新の投稿


簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

簡単脱着式・赤外線カメラ装置「SKYFUSION (スカイフュージョン)」販売開始

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、小型のドローンに装着できる簡単に脱着できる赤外線カメラ装置「SKYFUSION(スカイフュージョン)」を9月25日から販売を開始したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

産業別ソリューションを強化するsenseFlyの360シリーズ

ドイツのベルリンで9月26日から開催されるINTERGEO 2017に向けて、スイスのsenseFly社は業界別ソリューションのsenseFly 360シリーズを発表した。


エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

エンルートラボがプログラム開発や、産業用ドローンの練習に最適なクアッドコプターLAB445を発売

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 フライトコントローラーに、 オープンソースのArduPilotを使った自律航行可能なクアッドコプターLAB445を発売した。


エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

エンルートラボが鹿児島県伊佐湧水消防組合と消防ドローン開発協定を締結

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 鹿児島県伊佐湧水消防組合とAIを用いた消防用ドローン及び無人車両の共同開発を行うと発表した。