【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

【慶大×田村市】船引高生、見ごろの桜を空撮 トイドローンで磨いた腕で自在に操縦

 慶大とドローンの利活用に関わる包括連携協定を結んでいる福島県田村市で、市内にある県立船引高校の生徒がドローンで、ちょうど見ごろを迎えた桜の撮影にのぞんだ。2本の大きなしだれ桜が目を引く万福寺で慣れた手つきでドローンをフライトさせた。


ドローン測量の「糺の森」専門スタッフがていねいに指導 「無理はしないでね」

青空に映えるしだれ桜をドローンで空撮する船引高の生徒達

 この日の撮影に参加した生徒は3年の石井新一さん、佐藤史隆さん、2年生の半澤翔太さんの3人。午前中の部活(石井さん、半澤さんは卓球部、佐藤さんは剣道部)をそれぞれ終えたあと、午後1時に撮影現場に移動した。
 この日は、ドローン測量などの事業を手掛け、慶應大学SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの会員でもある株式会社糺の森(東京都)の専門スタッフ、桐山啓介さん、土方愛玲奈さんが生徒達につきそい、ドローンの操縦と撮影についてていねいに手ほどきした。
 桐山さん、土方さんはサングラスをかけている理由を「カッコの問題とは別に、上空のドローンを目視しようとしても、まぶしさで見失いがちになるから、それを避けるためなんです」、長袖の服装についても「プロペラが腕に当たることなどに備えて着ています」とそれぞれ理由があることを、分かりやすく説明した。また「操作するときは操縦に集中する人と、監視役の2人1組で行っています」と一人で操作をしないことや、「電線だとか、周囲の状況には常に注意を払っています」「『大丈夫だろう』などとと過信をしたり、無理をしたりすることは、絶対にしないようにしています」と、ドローンをフライトさせるさいの、プロの心構えを伝えた。
 気持ちの準備が整ったところで、空撮を開始。機体はDJI製のPhantom4。昨年12月から操縦技術だけが頼りのトイドローンで腕を磨いてきた生徒は、難なくふわりとドローンを浮かせ、桐山さん、土方さんの「もう少し近づけますね」「もう少し上昇しましょうか」などという声にしっかりと対応し、自在に操縦していた。撮影中も「映像作品を撮るときにはゆっくりと動いた方がいい」「短いカットをつないだほうがいい」などの助言をうけ、生徒達もひとつひとつうなずいていた。
 撮影には、船引高校の伊豆幸男校長、木ノ瀬毅教諭、田村市役所産業部商工観光課の職員も立ち会い、生徒達の成長ぶりに目を細めていた。
 生徒達が撮影した映像は今後、船引高校や田村市が活用法を検討していく。

 株式会社糺の森:http://tadasunomori.com/company.html

生徒達の活躍を船引高校の伊豆校長もカメラに納めていた

ドローンの操縦や撮影のポイントについて、糺の森の専門スタッフが丁寧に説明。生徒達も真剣に聞いていた

撮影になれてくると、生徒にもこだわりが芽生え始め、独自のアングルからの撮影にも挑戦していた

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。


【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

【慶大×田村市】福島県田村市の皮籠石副市長がDroneTimes来訪! 野外フェスで掲示した幟と一緒に記念撮影

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市の皮籠石直征副市長が1月30日、東京・大手町のDroneTimesのオフィスを訪ねて頂きました。2017年9月に同市で開催された野外音楽フェス「ONE+NATION music circus in TAMURA」で掲示したDroneTimesの名前入り幟を頂いたところ


【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

【2018展望】慶大・南政樹氏(上) 〝田村モデル〟の人材育成カリキュラムを拡充 他地域への展開も

 ドローンの発展に奔走するキーマンは2018年をどう展望するのか。慶應義塾大学は2016年12月に福島県田村市と〝ドローン連携協定〟を締結し、高校生にドローン講座を提供するなど田村市の活性化に取り組んできた。活動で中心的な役割を担った南政樹特任助教に次の一手と、業界の展望を聞いた。2回に分けてお届けする。


【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

慶大がドローン連携協定を結んでいる福島県田村市で12月3日、地元の県立船引高校に、福島県南相馬市にある県立小高産業技術高校の生徒が訪問し、ドローンの交流が実現した。扱い方の始動を受けてきた船引高校の生徒は、90分にわたり、学んできた経験やコツを伝授した。


郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

郡山市がスペースワンと連携協定 ドローンの普及、人材育成、活用推進など目指す

 福島県郡山市は11月17日、福島ドローンスクールを運営する株式会社スペースワン(郡山市)と連携協定を締結した。


最新の投稿


第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

第4回 はくい花火大会 ドローン空撮

石川県羽咋市花火大会


クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

クオリティソフト、スクール運営からオリジナル機体の開発まで本気でドローンに取り組むIT企業

セキュリティソリューションを中心にIT事業を展開するクオリティソフト株式会社(本社:和歌山県白浜町、代表取締役社長:浦聖治)は、2017年4月からドローンスクール事業を開始し、オリジナルドローンの開発にも取り組んでいる。


日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

日本ドローンビジネスサポート協会が無料の「ドローン測量講習会」を開催中

一般社団法人日本ドローンビジネスサポート協会(岡山市)は、 無料のドローン測量講習会を全国で開催している。「Terra Mapper デスクトップ版」の説明会・実務指導・機材販売・ソフトウェア販売する。


ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

ドローンの活用に向けた人材育成に関する協定を締結 八王子市とデジタルハリウッド

八王子市(東京都)とデジタルハリウッド株式会社(東京都千代田区神田駿河台)は、小型無人航空機(ドローン)の活用に向けた人材育成に関する協定を、八王子市の石森孝志市長とデジタルハリウッド株式会社の杉山知之取締役学長が調印、2月23日に締結した。


【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

【慶大×田村市】慶大、田村市で農業利用も展開 生産者交じえ意見交換会

 慶應義塾大学とドローンに関する包括的な連携協定を締結している福島県田村市は2月22日、農業従事者を交じえドローンの農業活用を実践するための「意見交換会」を開いた。今後1年間はドローンを活用するために必要な情報収集や観察にあて、2019年度をめどに生産者の負担軽減、品質向上、信頼性確保などで付加価値向上に役立てていく。