DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

DJI、オーストラリアのライフセーバーに空撮技術を提供

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、オーストラリアの Surf Life Saving Central Coast (SLSCC)と共同で、オーストラリアのビーチの捜索救難活 動をドローンで支援すると発表した。


 DJI と SLSCC は、6 ヶ月間の準備期間を経て、DJI の空撮プラットフォームと SLSCC の 捜索救難手順の統合を開始している。捜索救難手順には、サメの居場所や溺れている 海水浴客の発見、海岸の危険な岩場の識別や、ライフセーバーの誘導などが含まれる。ライフセーバーには、瞬時に決定を行う信頼できるシステムが必要で、 ライフセーバーがより効率的安全に活動が行えるよう DJI のドローンが支援している。

 DJI の Caroline Briggert は「DJI は世界中の捜索救難隊と緊密に協力し、時間的な制約があり、また危険な状況下でドローンがどのように現場で活用できるかをつきつめました。世界有数の捜索救難隊がいるオーストラリアで、ドローンを活用し海水浴客やサーファーの安全を守る活動 を SLSCC と共にできることをとても誇りに思っています」と述べている。

 SLSCC の捜索救難隊ディレクターBrett Beswick 氏は「歴史的にみても、私たちが サメを見つけるのは、海岸に非常に近い場所、つまり海水浴客のすぐ近くです。しか し、ドローンを使えば、まったく新しい視点からサメをより早く効率的に見つけること ができます。今までは、サメが海岸からいなくなったかどうかもわからないままビー チを 30 分間閉鎖していましたが、隊員は DJI のドローン技術を使うことで、極めて安 全に現場の状況を確認できるようになります」と述べています。

 ドローンによる空撮はサメの監視だけでなく、海や岩石の岬で行方不明になっている 海水浴客や漁師の捜索や救援活動に重要な情報を提供する。DJI の山岳地帯での調査 によると、ドローンは 1 平方キロメートル内にいる人物を 20 分以内に発見することが できる。これは、従来の方法と比較すると 5 倍の早さで、岩石の多い海岸線でも同様 な結果が得られると予想される。
 DJI によるドローンを活用した人命救助の研究(※)では、世界中で少なくと も 59 名の人命救助を確認している。また、ドローンが捜索救難活動で重要な役割を 果たしている事例の多くは、ここ 10 ヶ月間で報告されていることから、今後のより広 範囲なドローン利用により、ドローンが捜索救難活動に貢献できる大きな可能性を示し ている。

※ DJIレポート
  https://www.dropbox.com/s/k4d7xqq473nnu6s/Lives%20Saved%20FINAL.pdf?dl=0
※ 当サイト参考記事「ドローンが米国や中国などで59名の人命を救助=DJIレポート=」
  https://dronetimes.jp/articles/1128

 DJI は2016 年 11 月に捜索救難用ソリューションの DroneSAR を発表した。この ソリューションは、標準カメラ、赤外線カメラの両方から、映像と動画のライブストリ ーミングを災害時指令センターや現場の捜索救難隊に提供するもの。DroneSAR は非救助者 の GPS 座標へのタグ付けが可能で、自動で捜索隊チームに E メールまたは SMS メッセー ジを送信し、地上にいる隊員は非救助者のいる現場まで迅速に到着することができる。またすべての活動パターンを完全に記録、ログ化して、チームでの共有も簡単に 行える。

オーストラリアのビーチでは鮫と離岸流の危険が常に伴ってきた。そこで、パトロール・レスキューチームはより効率的なレスキューと監視のためにPhantom 4を使い始めた。こうする事でビーチにおける安全性と生態系の保全の両立が可能になった。

この記事のライター

関連する投稿


DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

DJI社製ドローンを有線給電式にするシステムを提案(日本海洋)「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」

世界各地でテロのリスクが増し、テロ対策が重大な課題となっているなか「テロ対策特殊装備展(SEECAT)」が10月11日から13日の3日間、東京ビッグサイトで開催された。11回目となる今年は、100社を超える企業、団体が出展するほど盛況でドローン関連の出展も目立った。


セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

セキドが「ドローンのビジネス活用セミナー&スマートグラス×ドローン体験会」11月2日開催

ドローンをビジネスに活用検討しているお客様向けに、DJI販売代理店である株式会社セキドによる「ドローンのビジネス活用セミナー」を行います。また同時に、空撮映像をリアルタイムで目の前で確認できるエプソンのスマートグラスBT-300とドローンのデモンストレーションを体験いただきます


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI、プロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネ マカメラ「ZENMUSE X7」を発表

DJI はプロ向けに最適化された空撮用 Super 35mm デジタルシネマカメラ「ZENMUSE X7」を発表した。


DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJIが飛行中のドローンを識別および管理する新技術「AeroScope」を発表

DJI は、安全性、セキュリティおよびプラ イバシー問題に対応することを目的に、既存技術を活用して、飛行中のドローンを識別、管理する 新技術「AEROSCOPE」を発表した。


最新の投稿


グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグル親会社アルファベット、豪州でドローンで薬や食品の配達開始

グーグルの親会社アルファベットのドローンでの配達計画「プロジェクト・ウィング」が開始され、オーストラリアの農村部への薬品配達を始めた。


「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」オープニングイベント開催

10月21日。「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を運営するDJI の正規販売代理店である株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)が、オープニングイベントを開催。DJIからも応援のスタッフが駆けつけ、受付や抽選会に展示ドローンの説明をサポート。雨の中、近隣や遠方からも多くのドローン愛好家が参加した。


エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

エアバス、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリ「CityAirbus」の試験飛行を2018年末に開始

 Airbus傘下のAirbus Helicoptersは、ドローン型4人乗り自律飛行ヘリコプター「CityAirbus」の飛行試験を2018年末に開始する。


【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

【ドローン × 地理学】早稲田大学「地理学研究会」が挑んだドローンで探求する地理学(1)

早稲田大学「地理学研究会」、通称「ちりけん」は、1950年に創立された大学公認のサークル。現在の部員数は約70名。「地理を楽しみ、地理で楽しむ」を基本方針に、高低差や暗渠を愛する人たちが集う。そんな「ちりけん」がドローンの空撮に挑んだ。


森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー と合同会社空創技研プロペラが「林業にドローンを活用しよう!〜第2弾〜」開催

森林文化アカデミー (岐阜県美濃市)と合同会社空創技研プロペラ(岐阜県各務原市)が第2回目となる「林業にドローンを活用しよう!」開催し、ドローンの具体的な操作方法や使い方含め、デモンストレーションと研修を行い、林業の業務の中でのドローン活用を考えるきっかけを提供する。