【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


PF1ベースの各種ソリューションを展示したACSL

 株式会社自律制御システム研究所(ACSL)の展示ブースでは、最新モデルのPF1をベースにして、測量や点検に物流そして防災など、用途に合わせたオプションやアダプタを組み合わせたソリューションを展開していた。例えば「PF1-Survey」は、時速50Kmに対応可能な高速カメラを開発し装備した。 ACSLでは、計測、測量分野で必要とされるオーバーラップ率80%が可能な、高速飛行に十分対応できる独自に4眼高速カメラを開発した。

4眼高速カメラを装備したPF1-Survey

SkylinkとPhaseOne 1億画素センサーサイズの高画素デジタルカメラによる点検ドローン

 株式会社worldLink & Companyが運営する日本初の実店舗型ドローン総合販売店であり、DJIの日本正規代理店であるSkilinkの展示ブースでは、農薬散布、精密農業、測量、土木、点検といったドローンが活用できる各分野を分かり易く分類した展示を行って、多くの来場者の注目を集めていた。
 中でも中版デジタルカメラとして商業写真分野で多用されているPhaseOne社が、センサーサイズと高画素をそのままドローン搭載型カメラえとして開発したPhaseOne iXU-RS 1000を紹介していた。総画素数1億画素の超高画素デジタルカメラで撮影された画像は、約20メートルの距離から0.2ミリのクラックを確認することができる。暗所でISO感度50という低感度撮影されたアンダーな画像を、画像処理しても画像の荒れもほとんど見られない。DJI社製のMatrice600Proに搭載することで、ダムなどの巨大な建造物をはじめ、橋梁、送電線。タンカーなどの大型船舶、航空機といったものの点検に活用されている。

PhaseOne iXU-RS 1000を搭載したDJI社製のMatrice600Pro

1億画素のドローン搭載型超高画素デジタルカメラPhaseOne iXU-RS 1000

田中電気 札幌で全天候有線ドローンPARCのデモフライト

 東京・秋葉原でドローン事業を展開する田中電気は、全天候型の有線給電ドローン「PARC」を展示。PARCは、日本ではドローンの飛行できる150mの高度で、有線給電のため長時間の飛行が可能となっている。同社によると、今回初めて北海道・札幌でデモフライトを行うことが分かった。

 日時  4月26日(水) 午前10時〜12時
 会場  札幌サッカーアミューズメントパーク
     札幌市東区東雁来12条3−1−1
 主催  田中電気、株式会社三新
 問い合わせ 011-736-7261
       sanshin@k-sanshin.jp
当日はPARCをはじめ、Inspire 2、Phantom 3のデモフライト見学ができる他に体験会も催される。  

PARCが前面に置かれた田中電気のブース。4月26日には初めて北海道でデモフライトを行う

この記事のライター

関連する投稿


CEATEC JAPAN 2017で発表されたドローン向けデバイスの数々

CEATEC JAPAN 2017で発表されたドローン向けデバイスの数々

10月3日から6日までの4日間。千葉県の幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2017。「つながる社会、共創する未来」をテーマに、数多くの情報機器や最先端のテクノロジーが展示されている。その中で、ドローン向けのデバイスも数多く登場していた。



前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局は、大規模災害時に被害状況を把握するための研究として、高所からの継続的な映像配信を行うために、有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の実証実験を8月29日、群馬県前橋市で公開した。


新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

ドローンメーカーのTEAD株式会社(本社:群馬県、代表取締役社長:横山勉、以下TEAD)と株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県、代表取締役:野波健蔵、以下ACSL)は、農業用ドローンの開発と生産に関する協業を発表した。


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。